アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

3D彼女リアルガール(アニメ2期11話目)23話感想ネタバレ!生ける屍の筒井

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

3D彼女リアルガール(アニメ)のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。
第23話「オレとあいつの最後の約束の件について。」

前回22話では、ふたりは残りの期間でたくさん思い出を作ろうと一緒に海に行った後にお泊りしました。しかしそれがきっかけで、別れは逆に早く来てしまった!!

そして今回は、色葉がいなくなってしまって生ける屍のようになってしまった筒井のお話です。

では、ここから「3D彼女リアルガール(アニメ2期11話目)23話感想ネタバレ!生ける屍の筒井」についてまとめます。

スポンサーリンク

3D彼女リアルガール 23話 あらすじ

五十嵐色葉が学校に来なくなってからは、まるで生ける屍のようになってしまった筒井光。
周りの人達は、やっぱり色葉に遊ばれていたんだとからかいます。

しかし筒井は、周りのそんないじめにも無関心。
大学受験のためにみんなが頑張っているというのに、元気もなくどうでもいいという態度の筒井。
励ましてもまったく聞く耳を持たない筒井に対し、高梨は怒ってしまうほどです。

心配した伊東は、筒井に話を聞き、高梨や石野にも本当の話を伝えます。
そして高梨は筒井の弟・薫に話し、その薫もまた母親に話します。

一番大変なのは色葉だと涙を流しながら喝を入れる母親・紀江。
その言葉で、受験をがんばろうと必死で勉強する筒井ですが…

3D彼女リアルガール 23話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレにご注意くださいね)

今回の第23話は、原作コミック11巻の43話の終わり~12巻掲載の45話の途中まで内容です。

今回も原作にほぼ忠実ですが、描かれる順番が入れ替わっていたり、カットされているシーン・逆に追加されているシーンなどはあります。

ストーリーは、色葉がいなくなって筒井が生ける屍と言われてイタズラされているところから始まります。このあたりは別の意味で辛いですね。

誰も本当の別れた理由を知らないうえに、受験シーズン真っ只中というのもあって、突然何も言わずに姿を消した色葉や、フラれたことで大切な時期にボーッとしている筒井に言いたい放題です。

心配している高梨も、筒井の拒否を見てイラツイて厳しいことを言っていますが、事情を知らないのだから当然と言えば当然。

その後、心配した伊東が本当のことを筒井から聞き、高梨と石野に話します。
そして高梨が、家に遊びに来ていた筒井の弟・薫に話したことで、筒井の母親も真実を知ることに…

母親が怒って喝を入れにくるのですが、この時にはもう号泣してますよ、私は!!

だって、色葉のことをそれだけ大好きだったからこそ、驚いたでしょうし悲しい気持ちでいっぱいなはず。

そして、そんな彼女のことを心から想っている筒井の気持ちを知っているからこそ、本当なら優しい気持ちで慰めたいところだけど、あえて厳しい言葉で責める母。。。

まぁ、あの母親の性格だからあんな感じになったというのもあるとは思うんだけど、今まで息子がこんな事情を抱えていたのかとわかった時は、相当ショックでなんとも言えない複雑な気持ちを抱えていたのは間違いないでしょう。

お金が必要だから貸して欲しいと言っていたのは、これが理由だったのかと思ったでしょうしね。

スポンサーリンク

そこから本気で筒井は受験に向けてがんばりますが、原作ではそのがんばっている様子は描かれていません。ところがアニメでは勉強している様子を学校で見守っている友達や、こっそり部屋を覗き込んでいる家族の様子も描かれています。

これは良かったですね~~!!
特に家族3人で部屋を除いているワンシーンはめっちゃ好き!!
だって、あれだけ兄貴を毛嫌いしていた薫も心配しているんですよ!!

そこから次にホロッとするシーンに入ってきます。
それが、筒井が受験した東大の合格発表のシーン。

筒井は合格しているんだけど、別に嬉しくもないんですよね。そして、後ろ姿が色葉に似ている人を見つけてつい追いかけてしまって、別人だとわかるとうつむいてしまって呆然としてしまいます。

ちょうどやってきた伊東・高梨・石野たちが、不合格だと勘違いしたほどに…

受かってんじゃねーか!
合格していたことがわかった高梨たちに対して、筒井はこんなセリフを言います。

…いや…
やっぱりどうでもよかったんだ
あいつのいない未来は変わらないし
どうでもいい…

全部忘れようと思った
…けど…
だめだ…
無理だったんだ

これは、色葉との最後の約束が絡んでのセリフでしょう。
そして、石野が忘れなくていいと言い、高梨が都合よく全部忘れようとするな、俺達も忘れないと言ったことで、筒井の気持ちは解放されます。

このシーンはとっても好きなシーンで泣けるところ。
ただ、アニメだとこの後に色葉との最後の約束のシーンが来るから、ちょっと感動が半減しちゃうと思ったんだけど、それって私だけかな~~?

考えようによっては、後から入ることで、だからそうだったのかと感動できちゃうこともあるでしょうから、好みなのかもしれません。

原作では、今回のストーリーの出だしよりも前、11巻の最後・屋上で別れ話しをするシーンの最後という形で描かれています。

私は原作通りが好きだから、もっと先に描写してほしかった!
まぁ、決まった時間内で盛り上げるためには色々あるんでしょうけど…

最後の約束
あたしを忘れて

つっつんは
未来を生きていくんだから

色葉のこの言葉があったから、それを守ろうとするものの、忘れることなんかできなくてがんじがらめになってしまう筒井。

その描写からの流れで、生ける屍状態になったという方が、私は気持ちが入りやすくて好きだったし、そのままこの合格発表のシーンに入ることで、また感動が違ってくると思うんですよ。

一時は、みんなのフォローもあって受験をめっちゃがんばったわけですよね。
なのに、後ろ姿がちょっと似ている子を見かけただけで、ハッと思って追いかけてしまう…

全然忘れることなんてできない…
前に進めない…
そんな筒井の想いがすごく伝わってきませんか?

そして、そのあとに「忘れなくていいよ」という仲間からの言葉があって、筒井は涙をこぼしながら、仲間の存在にも感謝するんですよね。

さんざん、これらのストーリーを見たあとで、実はね…って最後の約束シーンを見せられるよりは、知っている状態でずっとストーリーを追った方が私は良かったな~~。

まぁ、どちらにしても、感動するのは同じですけど。

そして、一気に7年の月日が過ぎ、筒井たちは25歳になっています。
筒井は一流企業に就職していて、カッコいいとか他の女子社員に言われちゃうのだから、元々はイケている男だったということですね。

オタク臭が出ないだけで、こうも周りからの目線は違うのかと笑うところでもあります。

懐かしいメンバーで集まって、高梨と石野からは懐妊報告!
伊東もアニメ制作の現場で働いて、夢を叶えていますから、誰もが前に進んで行っているというようにも思えるけれど…

実は、筒井の心の中は、あまり変わってはいません。

最後は、元気になった色葉も千夏と一緒に登場してきましたけど、色葉はまったく覚えていないという…

筒井ばかりが忘れられなくて苦しんでいるようにも見えてしまう人もいるでしょうが、私には覚えていないことの苦しみもあって、筒井・色葉・千夏の3人だけはあのまま前に進んでいないようにも見えました。

そしてとうとう最終回がやってきます。

3D彼女リアルガール 23話 感想ネタバレ まとめ

色葉と別れた筒井メインのストーリーでしたが、最後の方で色葉も登場!

千夏は色葉を懐かしい場所に連れて回りますが、原作では当時同じ高校だった女子とバッタリ会って、嫌味を言われるシーンがあります。それで色葉は、自分は嫌な女だったのかと気にしたりするんだけど、それはまるごとカットでしたね。

個人的には、色葉が過去を気にするシーンだったので見たかったかも。

次回最終回!!「オレとあいつの未来の件について。」
まさに、待ちに待ったハッピーエンドでしょう。

あらすじ・感想の各話一覧
3D彼女リアルガールの感想ネタバレ総集編!各話・各巻あらすじ一覧他

↓次の第24話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「3D彼女リアルガール(アニメ2期11話目)23話感想ネタバレ!生ける屍の筒井」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら