アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

あひるの空(アニメ)3話のあらすじ・感想ネタバレ!百春のジャンプ力と決心

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あひるの空(アニメ)3話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第3話「百春の翼」

前回2話は、バスケ勝負に勝って新バスケ部員になった空と、彼の様子を見て気持ちが揺れる百春のお話しでした。

今回の3話は、なんだかんだ言いながら男子バスケ部が始動するお話しです。

では、ここから「あひるの空(アニメ)3話のあらすじ・感想ネタバレ!百春のジャンプ力と決心」についてまとめます。

スポンサーリンク

あひるの空(アニメ)3話 あらすじ

クズ高バスケ部に入部できた車谷空は、先輩たちに邪魔されないために早く練習に行こうと急いで部室へ向かっていました。
しかしそこには先に千秋がいて、なぜかお湯につかってる!?

その後千秋に連れて行かれた空は、校舎裏でバスケットゴールに向かう百春を見ます。

シュート練習をしているものの、全く入らない…
ヤケになった百春は、ゴールにジャンプしてダンクシュートをしようとして失敗!

空は、その驚異的なジャンプ力にとにかく驚きます。

そんな時、百春の元に新丸子高校・通称丸高の不良たちがケンカの報復に現れ…
なんとかボロボロになりながら、撃退したふたり。

百春は、ちょっと素直になって空に自分の話をしますが、空は全然ここぞってところを聞いていない…

結局そんな空の様子を見て、百春はもう一度バスケをやろうと思うのでした。
そして他の部員たちは…!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

あひるの空(アニメ)3話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、1巻の4話の途中~2巻6話までのお話です。

あひるの空 1巻

あひるの空 1巻

あひるの空 1巻

[著]日向武史

 

あひるの空 2巻

あひるの空 2巻

あひるの空 2巻

[著]日向武史

今回は、百春が自分の部屋で空の練習をのぞいていた時のことを思い出しているシーンから始まります。

自分がバスケを辞める理由はシュートが入らないってことで、他の選手よりもずっと練習をしていたつもりだったけど、空と比較するとレベルが違った…
そして空は、自分ではどうしようもできない身長っていう才能がないのに、諦めようともしない…

そんなことが、百春の心を動かしてますね。
もうこの時から、心の奥ではもうバスケやりたくてしかたないんでしょうね。素直じゃないけど…

オープニングのあと、千秋がなぜか部室でボールを入れるかごに入った温水につかるなどのバカなことをしています。

それにしても、なんでここで温水?
さっさと家に帰ってお風呂に入ればいいじゃん!
まだ1巻ですが、彼が普通の間隔ではない人だってことはよくわかります。

でも、彼のこんな変人っぽいところがあるからこそ、これから繊細な部分が際立ってくるはず。千秋って、すごく横暴なところがある反面、周りのことをよく観て気配りのできる部分があったり、周りからの目を気にする繊細な部分もありますから。

実際、これまでのシーンでも空や百春のことを千秋はよく見ていますよね。
そして、黙って見守っている感じもあります。

そんな千秋に連れられて空が百春の練習している様子を観るシーンへ。
校舎裏で練習している百春を見た空は、彼の才能に気づきます。
それはすごいジャンプ力。身長が低い空にとっては、それはそれは憧れてしまう才能です。

このあと丸高の不良たちとバタバタあったり、百春が俺を待っててもムダだぞって話しているのにまったくその話を空が聞いてなかったとかしつつ、結局は百春が折れてバスケをやることにします。

ここで、原作コミック1巻の内容が終了!

スポンサーリンク

このあと、なんと丸高から練習試合の話が来て、それを受けることにしたクズ高男子バスケ部。

とは言っても、バスケをやる気になっているのは空と百春のふたりだけ。
ここ最近もめている丸高からの話だけに、ヤス・ナベ・チャッキーの3人もとりあえずバスケしようとは思いますが、基礎連を女子にクスクス笑われてすぐに離脱。

わかりますけどね。プライド的にも…

しかし、この3人をやる気にさせたシーンは笑えた!!
これは原作でもアニメでも…

パンツ一丁でバスケやったらバスケをやってくれるという約束をして、空がそれを実行したからです。でも、パンツすらはかずに裸で走り回った!!(笑)

まさに身も心も開放…
笑える…

オタク主婦

まぁ、そこまでさせてしまった3人からすれば、もう断ることもできないでしょうから、結果オーライってところでしょう。

その後、空が丸高に敵情視察に行くと言い出して、それに百春もついていくシーンになっていくんですけど、原作コミックではその前にカットされていたところがあって残念でした。

それは、空が千秋をチームに誘うシーン。

新学期になっていたことをすっかり忘れていた千秋は、遅刻してうっかり空のクラスに来てしまいます。その時に、千秋のアフロヘアを笑った生徒がいたんですよ。

放課後になって、空は千秋に一緒に試合に出ないかと誘いますが、面倒だからと断った千秋…彼はその時に、空のクラスの座席表を出して、印のついている人物を調べるようにと言っています。

その中の✕印は、アフロを笑ったヤツらで…

千秋は朝のあの一瞬で、クラス内の座席と対象人物の位置を把握していたんですよ。
そのことに空は驚きます。
これって、実は千秋にすごい才能があるかも!っていうシーンですから、ここで欲しかったな~。

その後、丸高への敵情視察シーンでは、千葉真一と常盤時貴が登場!
やだ…常盤がカッコいい…千葉は声がある分だけより怖いかも…

新入部員と間違われた空は、身長にこだわりを見せる千葉に170cmもない人は高校バスケで通用しない・部員にはいらないと言われて反発。

練習中に突如割り込んで、ゴールへ向かいます。
そして、その先にいた常盤と勝負することに…

常盤も身長が低いことでゴールは遠いでしょなんて思ってますが、一瞬でボールを持ち替えた空にゴールを決められてしまいます。

空はひとこと千葉たちに声をかけて、まさに宣戦布告ですね!!

そうでなくても因縁の丸高との試合でワクワクなのに、身長の低さを全否定している千葉との戦い…
めっちゃワクワクしませんか!!

あひるの空(アニメ)3話 感想まとめ

最後に丸高の常盤が、先輩に頼まれたとは言え、なざクズ高との試合を受けたのかと千葉に聞き、千葉が気になっている奴がいると応えたところで終了でした。

次回は丸高戦がスタートしますから楽しみです。
まともにバスケすらできず、チームワークどころではないクズ高男子バスケ部が、どんなふうに戦うのか!?

空にとっては待望の試合のはずですが、視聴者としても試合シーンを早く観たかったので期待は大きいです♪

次回「初めての飛翔」

あらすじ・感想の各話一覧
あひるの空(アニメ)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第4話の感想はこちら

以上、「あひるの空(アニメ)3話のあらすじ・感想ネタバレ!百春のジャンプ力と決心」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら