アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

あひるの空(アニメ)5話のあらすじ・感想ネタバレ!空の弱点とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あひるの空(アニメ)5話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第5話「折れた翼」

前回4話は、丸高との練習試合が始まり、クズ高は出だし好調で好き勝手に点を取らせないというお話しでした。

今回の5話は、車谷空の弱点に気づいた丸高常盤が仕掛けてくるお話しです。

では、ここから「あひるの空(アニメ)5話のあらすじ・感想ネタバレ!空の弱点とは?」についてまとめます。

スポンサーリンク

あひるの空(アニメ)5話 あらすじ

丸高との練習試合が始まって、秘策によって出だし好調だったクズ高。
その快進撃に千葉は対抗する策を考えますが、常盤が空の弱点を発見したから自分ひとりで十分だと言い出します。

その後、徹底的に空の弱点をつく常盤。
空が止められてしまったことで、試合は完全に丸高のペースになり、クズ高にとっては厳しい状況になってしまいます。

そんな時にさらにアクシデントが!!
試合メンバー5人ギリギリだったのに、ヤスが5回目のファウルを出して退場になってしまいます。

そうでなくても力の差がある丸高との試合。
4人で戦うことで、もう後がないクズ高でしたが…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

あひるの空(アニメ)5話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、2巻10話~3巻13話の出だしまでのお話です。

あひるの空 2巻

あひるの空 2巻

あひるの空 2巻

[著]日向武史

 

あひるの空 3巻

あひるの空 3巻

あひるの空 3巻

[著]日向武史

前回は、クズ高が予想以上に良い試合をして、丸高を焦らせるお話しでした。それに対して今回は、試合慣れしていないことで力の差を見せつけられるお話しです。

クズ高が崩れるきっかけは、常盤が空の弱点を発見し、それを徹底的についてくることでした。空は、左サイドからのシュートが苦手だったから。

常盤にマークされて、誘導されることで点数を取れなくなった空。
弱点を指摘してズバッと言われちゃいました。

翼を折られた鳥は
堕ちるだけだヨ

きっついな~~このセリフ。

空は、自分の強みはシュートだけじゃないって攻めるけど、力の差を見せつけられるだけでした。実力やスキル以上に、試合慣れしていないことがネックですね。

さらにこのあと、ヤスが5ファウルで退場になったことで、窮地に陥るクズ高。

試合慣れしていない人ばかり…というか、試合経験がまったくない人が4人で、ルールを知らない人がそのうち3人なんだから、インターハイ狙っているチームとの差がこれだけつくのも当然の話し。

ヤス・ナベ・チャッキーの初心者3人組は、相当がんばってますよね。

それに対して、丸高の選手たちは…

応援している不良どものように、彼らをバカにする態度ってほどではないけど、スポーツマンとしてどうなの?という態度の人が数人。

わざとボールを持ってもいないのに、ヤスにわざとぶつかって退場させたり、弱い相手だからと甘い攻撃をしたり…

キャプテンのち場は、彼らの態度を怒ってタイムアウトを取り、相手が誰であれ、全力で戦えって言ってましたけど、かっこよかった…見た目は怖いけど(笑)

千葉って、バスケの実力を見ようともしないで身長だけで判断する人ってイメージだったでしょ?だからあまり好きではなかったけど、このシーンで見直しました。

彼は、意地悪とかバカにして身長がどうのこうの言っているのではなく、勝つために常に全力なんですね、きっと。そして、彼は身長がバスケでは最も大切だってマジに思っているからこそ、身長の低い人を相手にもしないんだ…

まぁ、決めつけはよくないんじゃないの?とは思うけど、バスケが好きだからこそっていう彼の気持ちはわかったので、まぁ納得です。

そして、丸高といえば常盤…
いや~~~、彼はプレイはもちろん見た目も態度もすべてかっこいい(笑)

スポンサーリンク

その後、ハーフタイムの時に、空が飲み物を買いに行くシーンがあります。
自分が思っている以上に腕も指も動かなくて、まともに落とした缶ジュースを拾って持ち上げられませんでした。

あのシーンを見た時は、スラムダンクの三井を思い出したな~~。

あの時の三井もスリーポイントを入れまくってギリギリまで試合に出て交代したんだけど、すでに握力はまったく残っておらず缶ジュースを開けて飲むことができませんでした。

空もまた、同じように疲労困憊して限界ギリギリの状態でありながら、まだ諦めずに元気なフリをしていると思ったら、ウルウルしちゃいました。

その頃百春は、ヤスから千秋が女子と見に来ていることを教えられたんだけど…
ヤスが試合に出るよう頼んでくれると言った時に、ムダだと言った百春の話で、千秋がカッコ悪いことが1番嫌いだってことがわかります。

まさか、あんなに人に迷惑をかけまくる行動をする千秋が繊細だと?とつっこみたくなるシーンではありますが、このシーンは貴重ですね。千秋の人となりがわかるシーンですから。

そして、このあと千秋を刺激することを空がやってくれちゃいます。
その「カッコ悪いこと」を、堂々とやっちゃうんです。

腕がつりかけて、もうシュート打ってもリングまで届かないと円に言われても、決して諦めない空。

そして彼がやったカッコ悪いというのは、母・由夏から教わった女子の両手打ち。
母親に教わった時のことを思い出しながら打ったそのシュートが決まった瞬間、彼はどれだけ嬉しかったでしょうか。

丸高の不良どもは大笑いしていたし、ナベとチャッキーもぷぷっと笑っていたけど…

でかしたと言って頭を投げながら褒めた百春と、丸高の千葉・常盤だけは、この空の選択を認めていましたね。さすが!!と思ったところで、今回は終了でした。

常盤は、女子の両手打ちはブロックしづらいし脅威なものだと思い、千葉はこの試合はまだ終わっていないと気を引き締め直してました。

となると、カッコ悪いことが大嫌いな千秋は、目の前で堂々とカッコ悪いことをして笑われている空を見てどう思ったんでしょうか。

その結果は、次回わかります!

あひるの空(アニメ)5話 感想まとめ

千秋って、女子なら誰でもいいのかな…
まぁ、本気ではないのかもですが。

待ち合わせに来たユウちゃんの顔は、あのお面のような和風の顔立ち。

よくあるシーンですよね。
決して美人でもない女子が、イケメンに会いたいがために非モテの男子を利用しちゃうお話し。

なんだか、彼女にうまく利用されている千秋に同情したくなりました。
顔…千秋に似てる…(笑)

次回「今しかねえ」

あらすじ・感想の各話一覧
あひるの空(アニメ)のあらすじ・ネタバレ感想~動画・見逃し配信情報

↓次の第6話の感想はこちら

以上、「あひるの空(アニメ)5話のあらすじ・感想ネタバレ!空の弱点とは?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら