アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

あひるの空(アニメ)7話のあらすじ・感想ネタバレ!トビ登場で問題勃発!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あひるの空(アニメ)7話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第7話「迷惑な一年坊」

前回6話は、ついに丸高との試合の決着!途中からクズ高には千秋が加わって素晴らしいプレーをしました。

今回の7話は、トビが登場!しかし、早速大きなトラブルを巻き起こします。

では、ここから「あひるの空(アニメ)7話のあらすじ・感想ネタバレ!トビ登場で問題勃発!?」についてまとめます。

スポンサーリンク

あひるの空(アニメ)7話 あらすじ

丸高との試合で、圧倒的な差で負けてしまったクズ高男子バスケ部。
しかし、お互いが検討をたたえあうような良い試合でした。

疲れきって寝てしまった車谷空を家まで送ったのは薮内円。
床屋を営んでいる空に家には、彼の祖母がいました。

円は、空の祖母から入院している空の母・由夏のことや、彼女を追って神奈川に来たこと、そして空がバスケの試合で勝ちたいと思っている理由を知ることになりました。

そして翌日。
クズ高メンバーたちは、早速練習をしようとしたものの、顧問がいない彼らは体育館を使う資格すら持っていなかったことがわかります。今までは女子生徒が怖くて言えなかっただけで、彼らがただ占領していただけであったということを…

キャプテンの百春は、顧問をつけてもらえるよう約束を取り付けましたが、それには条件がりました。

そんな時、早速校舎裏でバスケをしていた1年生と問題を起こしそうになってしまい…

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

あひるの空(アニメ)7話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、3巻16話~18話までのお話です。

あひるの空 3巻

あひるの空 3巻

あひるの空 3巻

[著]日向武史

丸高との練習試合が終わり、疲れ切って寝てしまった空を薮内円がおぶって家まで送り届けるところからスタート。

空が今住んでいる家は床屋さんで祖母の家です。
このおばあちゃんがこれまた個性的で、空は両親よりも祖母に似てるのねと思わせるような人物です。

小さくてお茶目でマイペース。
これぞと思ったらめっちゃ頑固だし、言っていることとやっていることが違ったり…(笑)

空の両親は、父も母も常識人ですからね。
バスケのことになると鬼のようだけど。

空を送り届けた円は、前髪が長いからお礼に切ってあげると無理やり散髪させられることになり、その際に空と母のことを色々教えてもらいます。

この時点では空の母・由夏が女子バスケ界で有名だから知っているという程度なわけですが、空との事情を今回知ったこともあって、今後この親子の間に大きく関わっていくことになります。

円の姉が由夏の担当をしている看護師さんなんだけど、それだけではさほど深く関わることなく終わると思うんですよ。

今回事情を聞いてしまったことが、影響を与えていったのだと思いますから、要チェックシーンですね。

この祖母とのシーンで気になったのは、空の父親のこと。

原作では空の父親・車谷智久の顔がわからないように描かれていますが、アニメではこの時点で顔がハッキリわかりますね。声優さんも子安武人さんだとしっかり発表されています。

つまり、この時点で原作ではモブ扱いなのに、モブの一人ではなく個別キャラの一人として登場するってことです。

原作コミックからすると、空の父親は23巻でちょろっと登場。
本格的に登場するのは24巻の後半からです。

今回のアニメは4クールという長丁場ですが、たぶんそこまでは描かれないでしょう。予想では18巻ぐらいまで。

だからこそ、原作のように顔がわからないモブ状態でも良かったのに何故?と変に期待しちゃうんですよ。2期もあるのかな~とか。

どちらにしても、ファンとしてはあの車谷智久が、こんなふうに接していたのかという様子をハッキリ見れるので嬉しいシーンでした。

スポンサーリンク

後半は、新キャラのトビのストーリーになっていきます。
めっちゃ好きです!!トビ!!

最初は嫌なヤツって見えますけど、不器用すぎるだけなんですよ。

一番最初の登場時にヤスを殴ったのは、あれはヤスが悪い!!
ヤスが大切なバスケットボールを足で扱ったりしたから怒ったわけですよ。

ヤスだって悪気があったわけじゃないし、暴力をふるうことも良くはないけれど、トビをかばいたくなります。

足で蹴ったぐらいで殴る?って思う人なら、トビの行動はただの暴力的な行動に思えるかもしれません。

私みたいな50代では、バスケでもバレーでもプレー中以外でボールを足で扱うなんてもっての外って厳しく教わってきましたから、トビが怒る気持ちはよくわかるんです。

私はバレー部だったけど、やっぱりボールを足で蹴られたりサッカーボール扱いされたら怒るし、体育の授業でもそれはダメだと教わってきました。試合中足で蹴ってもいいルールになった今でも、それはあくまでプレー中やプレーのための練習だからであって、ボールを大切にしない行為は許せません。蹴る前提のボールではないからボールが傷みますしね。

これはバスケでも同じです。
特にトビのボールは、ボロボロになるまで大切に使ってきたようなので、知らない奴にリフティングみたいに足で扱われたらそれはキレて怒るのは当然でしょう。

自分が最も大切にしてきたものを、突然知らない先輩に足蹴にされたわけですから。
ボールだから蹴っていいという次元の話ではありません。

ただトビも、すぐ暴力に走るのと、周りの迷惑を考えずに行動するのはよくないですね。

ヤスを殴った時は、これからのバスケ部のためにケンカをしてはいけないと百春が止めたから大騒ぎにはなりませんでした。
だけど、女子が練習をしている体育館に勝手に乗り込んだのは最悪…

今回は、そのシーンが最後でした。
トビが勝手に体育館でバスケをし、他の女子生徒にぶつかってケガをさせてしまったところで終わりです。

こうなってしまったのも、トビにはトビの事情があって、それは次回からわかってきます。今は、自暴自棄になっているのではないかな~。

早く バスケのことだけを考えてがんばるトビが観たいですね。

あひるの空(アニメ)7話 感想まとめ

丸高との練習試合に千秋が加わっただけで、大きく変わったクズ高チーム。
ここに、トビという新たな最強メンバーが加わることでどんなチームになるのだか楽しみなところ。

ところが、現在はチームには顧問もいなくて非常に立場が悪い状態です。
ちゃんとした部活動として男子バスケ部は活動できるのか!?

そのためには、今回のトビの問題がどうなるのかっていうのが気になりますね。

次回「アヒルとトビ」

あらすじ・感想の各話一覧
あひるの空(アニメ)のあらすじ・ネタバレ感想~動画・見逃し配信情報

↓次の第8話の感想はこちら

以上、「あひるの空(アニメ)7話のあらすじ・感想ネタバレ!トビ登場で問題勃発!?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら