アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



あひるの空(アニメ)15話のあらすじ・感想ネタバレ!北住高との練習試合

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あひるの空(アニメ)15話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第15話「男の心意気」

前回14話では、合宿から逃げ出したナベとチャッキー、そして入院していた百春も合宿に復帰し、新キャラの蒲地太郎も登場しました。

今回の15話では、GW最終日、北住高校との練習試合が始まります。

では、ここから「あひるの空(アニメ)15話のあらすじ・感想ネタバレ!北住高との練習試合」についてまとめます。

スポンサーリンク

あひるの空(アニメ)15話 あらすじ

合宿の最終日。クズ高と北住高校の練習試合当日です。

新丸子高校・通称丸高の常盤は、GW最終日でオフだったためスタジオに行く予定でしたが、途中でクズ高に向かう北住高・蒲地たちとばったり出会います。

そして、予定をキャンセルしてそのまま一緒にクズ高まで来た常盤は、空と話をしている時に、蒲地太郎は要注意人物であり、彼を止められるかどうかが勝負のカギだと言います。

その話を聞いた空は気合を入れ、試合がスタート。

新メニューのトビも加わり、クズ高の実力は以前よりずっと上がっていると確信する常盤。そして最初はクズ高のレベルはかなり下だと思っていた北住高校も、実力を認めて戦闘態勢に入っていきます。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

あひるの空(アニメ)15話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、5巻37話~6巻39話までのお話です。

あひるの空 5巻

あひるの空 5巻

あひるの空 5巻

[著]日向武史

 

あひるの空 6巻

あひるの空 6巻

あひるの空 6巻

[著]日向武史

丸高の常盤が千葉から電話が来て話をしているシーンからスタート。
そのあとに、北住高の蒲地太郎と会って、クズ高と練習試合をすることを聞き、一緒についてきちゃうんですよね。

試合が始まる前は、何やら色々なわだかまりが湧き出てましたね~。

蒲地太郎は、奈緒のことが好きで、デートしようってお誘いしつつ、好きだとアピール。だけど、奈緒は従兄弟としか見てくれないし、奈緒が空に自分のシューズを貸していて、話をしている時も嬉しそうな顔をしていることから、空をライバル認定しちゃったようですね。。

後半になるとわかるんだけど、あのシューズは蒲地が奈緒を好きになるきっかけとなったシューズ。そりゃぁ空が履いていたら怒るよね~~。

そしてもうひとり注目しておきたいのは、小西。
彼はまだ百春たちがバスケをやっていた時の後輩で、あおってきました。

一度ドロップアウトした人間が這い上がれるほど
高校バスケは甘くないっすよ

なんだか、この感じ…
スラムダンクで三井寿が言われていたパターンと似てるような…

自分は今までずっと努力してきたんだから、負けっこないって自信満々なのか?

スポンサーリンク

そして、クズ高を下に見ていたのは、この小西だけではありませんでした。
監督も含めて全員が、クズ高は練習にもならないレベルだと思っています。

確かに、今までのクズ高バスケ部は、ただの不良の集まりでしたから、そう思うのは当然ですが…

練習試合を組んだのだって、蒲地が辞めるって脅したからで、その蒲地だって奈緒に会いたいとかいいところを見せたいとかそんな気持ちだったんですよ。

だから面白い!!
丸高の時もそうだったけど、勝敗は別としても確実に相手を脅かすことは間違いありません。以前より、トビも入って確実に強くチームは成長していますから。

実際、いざ試合が始まったら、1分でもう監督はタイムを取りました。
そして、レベル下などとは思わずに、マジの戦闘態勢に入っていきます。

常盤もクズ高の様子を見てさっさと帰ってしまったぐらいなので、今までのクズ高とは違います。

ちなみに常盤は、練習するためにそのまま丸高へ向かいますね。

そして、クズ高の力をすぐに認めたのはトキワだけではありません。
北住高の監督も、ただのおじいちゃんのように見えるけど、そうではなかった!!

すぐにクズ高の実力を甘く見てはいけないって判断できる監督だから、蒲地の言うことばかり聞いているわけでもないんですね。

今のクズ高は、奈緒がマネージャー兼監督ですから、両チームの作戦合戦も見どころになってくるんでしょう。果たして、ベテランのおじいちゃん監督に対し、高校生の奈緒はどう戦うのか…

そして、今回のストーリーでは、じりじりと北住高の方が実力の差を見せつけてきます。

最後には、百春をおさえて負けないプレーを見せつけてきました。
百春は、必ずなんらかのキーポイントになってくるはずなので、今後小西を納得させるようなプレーができるのか気になるところです。

そして、蒲地がわざとタイミングを遅らせて千秋からファウルを取りながらシュートするなど、彼の強さは本物だということを見せつけるシーンで終了しています。

蒲地は「うざい」というか「きしょい」というか…

投げキッスとか、うげ~~って感じ。
Youとか、変に英語を使って話すのもキモい…

だけど、それがあっても彼はすごいって思えるほど、バスケがうまい!

トキワも、彼を止めることが大切って言ってましたが、今のクズ高が果たして止めることができるのか?というところが、これからワクワク期待してしまうところですね。

あひるの空(アニメ)15話 感想まとめ

途中で、空の母・車谷由夏の病院でのシーンがありましたが、なんだか切ないな~~~。
本当は空がすぐ近くにいるってわかっているのに、会うこともできず…

さりげなく、外出許可がもらえないかという話をするってことは、もう会いてくて会いたくてしかたがないんでしょう。

そんな母を喜ばせるためにも、空にがんばってもらいたい!!
試合にずっと出れないことを励ましてきた母親なのだから、結果がどうであれ息子が試合でがんばった様子を聞けるのは嬉しいはず!!

次回「最高の始まりと最悪の始まり」

あらすじ・感想の各話一覧
あひるの空(アニメ)のあらすじ・ネタバレ感想~動画・見逃し配信情報

↓次の第16話の感想はこちら

以上、「あひるの空(アニメ)15話のあらすじ・感想ネタバレ!北住高との練習試合」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら