アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



あひるの空(アニメ)16話のあらすじ・感想ネタバレ!クズ高のディフェンス

 
あひるの空16話
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あひるの空(アニメ)16話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

あひるの空 第16話「最高の始まりと最悪の始まり」

前回15話は、GW最終日、北住高校との練習試合が始まるお話しでした。

今回の16話は、北住高校に対抗するために、クズ高はディフェンスを変えて攻めていくというお話し。合宿の練習の成果を発揮できるのか?

では、ここから「あひるの空(アニメ)16話のあらすじ・感想ネタバレ!クズ高のディフェンス」についてまとめます。

スポンサーリンク

あひるの空(アニメ)16話 あらすじ

北住高校との練習試合が続いています。

蒲地にいいようにやられてしまった千秋は、奈緒の前で恥をかかされたとライバル意識を燃やします。そして百春は、予想以上に上手くなっていた小西から挑発を受けて徐々にイライラしてきます。

なんとか悪い空気を変えようと動いた空でしたが、逆に蒲地にシュートを決められてしまいます。

すかさずタイムアウトを取った奈緒は、予定より早くディフェンスを変えると言い出しました。

ここからがクズ高バスケ部の本当の勝負!!

空が合宿で一人で練習してきたのは、このディフェンスのため…
勝負となるクズ高のディフェンスとは?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

あひるの空(アニメ)16話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、6巻40話~42話までのお話です。

あひるの空 6巻

あひるの空 6巻

あひるの空 6巻

[著]日向武史

前回に続き、北住吉高校の蒲地太郎がちょっとウザいってところからスタートです(笑)

千秋からファウルを取りながら特典したため、バスケットカウントワンスローでシュートするシーンからです。

もうここのセリフからくさい…

神よ

俺は奈緒を愛している…

その後もいちいちうざい行動があるんだけど、それも仕方がないかってくらいプレーはかっこいいんですよね。

私はあまり好きではないキャラタイプなんですけど。
自分はすごいって自信過剰な人は好きではないんですよ。

スポンサーリンク

そして彼を中心に、北住はペースをあげて力を発揮してきます。

まぁ、ここまでは順当ですね。
丸高と接戦するような力を持ち、キレるベテラン監督がいるチームですから、できたてのチームで女子高生のマネージャーが監督を兼任するチームとは底力が違います。現時点では…

だからこそ、奈緒はちゃんと考えていて、かなりハードなディフェンス体系に変えていくんですよ。ここからが中盤ですね。

合宿の時に、空だけが違う練習をしていた理由…
オールコートマンツーマン!!
後ろの4人はゾーンにいて、ダイヤモンド&1!!

空が蒲地に徹底的につき、北住の中心である蒲地にボールが出せないとプレッシャーをかけて疲労で狂わせる作戦。

空にかかる負担は相当だと思いますが、第一クォーターは無事に終了。
点数もお互いに17点で互角な戦いでした。

だけど、ここからの内容は原作の第42話で、今回のアニメと同じタイトル「最高の始まりと最悪の始まり」です。

ということは、最悪がこのあと起こるということ!!

その他でまず気になるのは、百春ですよね。
何やら考え事をしているようで、いつもの調子とは少し違います。

小西の存在が影響しているのは確かで、このあと百春はどうなっちゃうのか…

奈緒が、ただの思い過ごしかな?なんて思ってましたけど、そういうフリがあるって時は逆に何かあるよね…

オタク主婦

スラムダンクの桜木花道をずっと見ていたせいか、リバウンドが取れないと勝つのは難しいってイメージがあるから、百春の働きによってチームへの影響も大きいような気がします。

そして最も気になるのは、相手の監督の策ですよ。
奈緒はかなりの策士だと実力を認めたようでで、うまくのってあげようと蒲地を煽るんですよ。

蒲地は点を取らなくてもいいとか、引っ込めちゃおうかとか…

なんでわざわざ、蒲地はダメだというような事を言って煽るのか!?

蒲地は、もともと奈緒にいいところを見せたくてしょうがないから、普通に指示を出すだけでもやる気は出すと思うんだけど、わざわざ怒らせているということは、よりムキにさせたいってことですよね。

煽られた蒲地は、当然逆に怒りも加わってやる気満々になりますから、それがこのあとどういう形で動くのか気になります。

あのちっこい”羽”を
太郎にへし折ってもらおう

最後は、この監督の言葉で終了でした。

あひるの空(アニメ)16話 感想まとめ

ヤスこと安原真一が、試合中に初ゴールを決めたのは良かった!
トビに教わりながら練習していた成果ですね。

練習に対する心構えとか、素直に学べる姿勢とか、ヤスはすごいな~って思うし、ここからすっごく成長することになるので、楽しみです。

次回「バーサス」

あらすじ・感想の各話一覧
あひるの空(アニメ)のあらすじ・ネタバレ感想~動画・見逃し配信情報

↓次の第17話の感想はこちら
あひるの空17話

以上、「あひるの空(アニメ)16話のあらすじ・感想ネタバレ!クズ高のディフェンス」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら