アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



あひるの空(アニメ)21話のあらすじ・感想ネタバレ!試合の結果と球技大会

 
あひるの空21話
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あひるの空(アニメ)21話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

あひるの空 第21話「涙」

前回20話は、ついに北住吉高校との練習試合で勝負が決着するのか!?というラストプレーまでのお話しでした。

今回の21話は、北住との練習試合の勝敗が決定し、その後の選手たちの様子が描かれているお話しです。

では、ここから「あひるの空(アニメ)21話のあらすじ・感想ネタバレ!試合の結果と球技大会」についてまとめます。

スポンサーリンク

あひるの空(アニメ)21話 あらすじ

ラストプレーで空が放ったスリーポイントシュートは、惜しくも入りませんでした。そしてついに僅差でクズ高は負けてしまいます。

試合終了後、空は北住の古賀監督に最後のシュートに関する問題点を指摘されてショックを受けます。トビもまた、最後まで走りきれなかった自分に対する悔しさを押さえきれず…

僅差だったことで、頑張ったほうだと思っていた新人組も、千秋たちから北住がベストメンバーではなかったことを聞き、自分たちの現状のレベルを自覚します。

それぞれのメンバーが実力の足りない状況を肌で感じている中、クズ高では球技大会が始まりました。

1年生だけは、自分の部活の種目に参加可能なため、空とトビはバスケに参加。
それぞれのクラスは、勝ち上がっていきます。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

あひるの空(アニメ)21話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、7巻55話~8巻57話までのお話です。

あひるの空 7巻

あひるの空 7巻

あひるの空 7巻

[著]日向武史

 

あひるの空 8巻

あひるの空 8巻

あひるの空 8巻

[著]日向武史

ついに、北住吉高校との練習試合の勝敗が決定。
空のスリーポイントシュートがはずれたところで時間切れで、クズ高は負けました。

がっかりしていた空に、声をかけた相手の古賀監督は、空のダメだったところを指摘するのだけど、あ~~こういうところが力の差になっているんだなって思いましたね。

空は自分の最後のシュートがダメダメだったと思っていたけれど、シュートを打つ前にすべてダメだったのだと指摘してましたから。

選手個人の力の差もあるでしょうが、根本的に司令を出す監督やコーチがいるかいないかというのは、やっぱり大きいですね。

そして、この古賀監督がすごい監督なのだと思わせてくれた発言がこれ!

150cmか…
これからのバスケは
こーゆー選手が出てこなきゃダメだ…!!

そして、この負けを初心者組3人以外は、みな自分のせいだと思っているんですよ。
そして自分を責めています。

初心者組もまた、この試合が北住のベストメンバー相手ではなかったことを聞き、現状のクズ高のレベルを実感するのでした。

スラムダンクとか黒子のバスケのように、試合でスカッとさせてくれる作品は大好きですが、この作品の場合は逆にこういう勝てないというリアルな部分が魅力です。

有力校が意図的に集めないかぎり、そうそうすごい実力者がひとつのチームに集まることなんてないし、半分近くが1ヶ月程度しかバスケをやっていない初心者で強いチームと対等に戦えるのも難しいですからね。

受け止めろ
これが現実だ

この千秋のセリフは、まさにアニメではないリアルの世界に通じている意味でもあります。

スポンサーリンク

後半からは、今後の流れに関連する内容になっていきます。

まずは、円が空の母親から預かったミサンガを渡すために、一緒に帰ろうと約束したシーン。

掃除が終わらない空を待っている間に、クラスメイトから告白された円のことを見てしまった空。誘われた時に鼻血を出したりすごく喜んでいたものの、女子が好きってことで、本気で円のことを好きなわけではないようですね。

円の好きな人っていうのは、まぁここまで見ていれば百春だろうと予測はつくと思いますが、このふたりのなかなかうまくいかない恋のお話しの始まりでもあります。

また、空と母・車谷由夏の間に挟まれて関わり、彼女もまた切ない思いを抱えていくことになります。結局、円はミサンガを渡せないから…

円が渡してしまうと、ミサンガに込められている車谷親子の純粋な親子愛の想いが、違ったものになってしまうからですね。

ここまでに好きな人の話が出ていてわかるように、恋愛的な意味になってしまうかもしれないし、先輩・後輩としての思いや友情など、何にしても由夏の想いが伝わらなくなりますから。

そしてこのあとは、球技大会のシーンへ。

千秋とナベの笑わせてくれるソフトボールのシーンは置いといて…

今後に繋がる注目すべきシーンは、1年生のバスケの試合。
今回は、トビと空のクラスが注目されることになりますが、次回にはついに最後の仲間となる茂吉が登場するはず!!

今から楽しみです。

あひるの空(アニメ)21話 感想まとめ

千秋とナベのソフトボールの試合には笑いましたね。

千秋の音速を超える投球がすごすぎる!
そして、それを打ててしまうナベもすごいんだけど、このふたりの対決シーンがとにかく笑えます。

次回「ラストピース」
このラストピースというのが、茂吉のことになります。

以上、「あひるの空(アニメ)21話のあらすじ・感想ネタバレ!試合の結果と球技大会」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら