アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ちはやふる(漫画)3巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)初めての大会へ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

漫画ちはやふる第3巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。

まずは前回の2巻の復習から。

綾瀬千早・綿谷新・真島太一は、小学生最後の団体戦に参加してがんばりましたが、試合には負けてしまいます。

そして、卒業式になり、それぞれがバラバラの中学へと進みます。
かるたをやっていたら、いつかまたきっと会える!

その後高校生になった千早は同じ学校になった太一と再会。
A級になれた時、思い切って新に電話をしてみたら、新からは思いがけない返事が・・・

では、「ちはやふる(漫画)3巻のあらすじ・感想ネタバレ!初めての大会へ」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふる3巻のあらすじ

第3巻は、第12首~17首まで掲載。

ちはやふる 3巻

ちはやふる 3巻

ちはやふる 3巻

[著]末次由紀

大江奏(かなちゃん)と西田優征(肉まんくん)が仲間になり、千早は駒野勉(机くん)を勧誘しようとします。

なかなか千早の言うことを聞いてくれない机くんですが、いつも自分が勝てない成績トップの太一の存在は気になります。そして、最終的に太一の言葉によって、入部を決意するのでした。

メンバーが5名揃ったので、正式にかるた部発足!
まず目指すは夏の団体戦で、全国大会に行く事!!

それぞれの個性を生かし、がんばるメンバーたち。

そしてとうとう東京都予選が始まります。

順調に試合を進める瑞沢高校かるた部でしたが、まさかのトラブルが発生。お互いの気持ちを理解しあえていないがために、机くんがもう試合をせずに帰ると言い出したのです。

机くんがお休みしている試合でプレッシャーを感じた千早は、いつも通りのかるたができなくなってしまいます。しかし、このトラブルがきっかけで、一層瑞沢高校かるた部は成長し・・・

決勝戦での競合北央学園との対戦では、誰もがただの1枚ではなく、チームのための1枚をとりにいきます。

スポンサーリンク

ちはやふる3巻の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

きました!机くん。
実は、すっごく好きなキャラです。

今回は、机くんも勝手な行動をとったりしてしまうのですが、この後どんどん頼もしい存在になっていきますね。

机くんばかりではなく、肉まんくん、かなちゃんも本当にいいキャラで、それぞれの良いところがしっかりこの巻で見ることができます。

そして、メインメンバーが全員揃った瑞沢高校かるた部は、合宿をするなどチームとしての絆みたいなものを深めていきますが、いざ試合となればまだまだ脆いもの。お互いの気持ちが理解しきれていないんですよね。

肉まんくんが、「おれと真島と綾瀬が勝てばいいんだから」って発言するのですが、かるたを長くやっている千早・太一・肉まんくんには当たり前の話でも、かなちゃんや机くんにとっては不快な気分になってもしかたないこと。

経験者3人はまったく悪気がなく、かなちゃんと机くんの目の前でどうせ勝てないから・・・みたない捨て駒発言をしてしまうんですよ。

私だったら、むかつきますね。
それが戦略だとしても、他に言い方あるだろう?って思っちゃう。

机くんは成績優秀だから、たぶんがんばって勉強していた分は、結果に現れるという経験をしてきている人。だから、かるたでも頑張ったから、そこそこうまくいくと思っていたのに、そうはいかないイラつきもあったはずです。

さらに、千早が新にメールばっかり送っていて、新に会いたいがために試合していると勘違いしていますから、よけいにイラだったことでしょう。

そんな机くんも、結局は自分がお休みした試合が心配でハラハラ隠れて応援するのだけど、無事に勝ったその試合後も素直になれず・・・

そんな机くんにかなちゃんが最高に良かった!

かるたを長くしている人の足にはタコがあることを指摘してしたうえで・・・
私たちがなかなか勝てないの当然じゃないですか。
タコができるまでがんばりましょうよ。

その時の笑顔も最高!!机くんがはにかんだような顔になるのもいいですね。

そして、千早・太一・肉まんくんの足にもタコがあるのを見つけた机くんは太一に言われた言葉を思い出します。

仲間にするなら畳の上で努力し続けられるやつがいい

このトラブルがあったことで、チームとは何か?ということがよくわかったかるた部メンバー。これが次の対戦に生きましたね。

今後ずっとライバルとなる北央学園との対戦です。

この巻では途中までなので、まとまりだした瑞沢高校かるた部の様子と対戦相手それぞれのキャラの個性などが描かれています。

次の巻で決着!楽しみ!

ちはやふる3巻の感想まとめ

この第3巻は、かなり豪華な内容でした。

かるた部を作ってメンバーが揃い、初心者にかるたを教え、初めての大会で決勝戦まで進むんですからね。

最後まで読むまでは、大会でそんなにうまく勝ち進むとかあり得ないとか思ったんですけど、そんなことはありませんでした。

それだけ経験者3人は実力派ってことで・・・

ただ、北央学園だけはそう簡単にはいきませんから、次巻を読むのが待ち遠しくなるはずですよ。

↓各巻の感想一覧はこちら
ちはやふるの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第4巻の感想はこちら

以上、「ちはやふる(漫画)3巻のあらすじ・感想ネタバレ!初めての大会へ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら