アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ちはやふる(漫画)5巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)強い若宮詩暢

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふる漫画5巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。

まずは前回の4巻の復習から。

初めての大会・東京都予選で北央学園に勝って優勝した瑞沢高校かるた部。

顧問の宮内妙子と一緒に滋賀県近江神宮で行われる全国大会に向かいます。しかし、綾瀬千早にアクシデントが発生し、棄権することに!!

対戦中、彼女のそばにずっとついていてくれたのは、綿谷新でした。

何年たってもかわらずかるたに真剣に取り組んでいる姿を見た新は、知っている先生にも会って言われた言葉をきっかけに、かるたが好きだと再確認したのです。

では、ここから「ちはやふる(漫画)5巻のあらすじ・感想ネタバレ!強い若宮詩暢」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふる5巻のあらすじ

ちはやふる 5巻

ちはやふる 5巻

ちはやふる 5巻

[著]末次由紀

千早が棄権してしまったため、簡単に負けるわけにはいかないと必死で勝ちを狙いにいく瑞沢高校かるた部メンバーたち。

大会が終わった頃、千早も目を覚まし宿泊中の部屋を出ようとすると、そこに立っていたのは北央学園の須藤でした。体調不良で棄権だとはあり得ないと怒られている時、かるた部のメンバーがやってきます。

初めて勝ったという机くん(駒野勉)。
そして、チームは決勝トーナメントで富士崎高校には負けたものの、良い試合をしたと言います。

そして仲間たちに励ましてもらいながら、翌日は千早も個人戦へ!

そこへ登場したのが、史上最年少クイーン・若宮詩暢でした。
千早は二回戦で戦うことに・・・

未知なる強さ・空前の早さに、千早は圧倒されます。
できない・・・勝つ想像が・・・

圧倒的な力の差に自分を見失う千早ですが、少しずつ自分らしさを取り戻していきます。
「この一枚がいつかのクイーンにつながっている」

そして、ついにクイーンから一字決まりを抜く!!

千早の夢は、この対戦を通して本物の夢になるのです。

太一はチームメンバーに応援されて、個人戦の決勝戦に挑みます。
太一もまたこの試合を通して、精神的に成長していきます。

試合の結果はどうなるでしょうか?
瑞沢高校かるた部はこの後どうなっていくのでしょうか?

ちはやふる5巻の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この巻は、クイーン初登場というのが見どころですね。強い、とにかく強い!

クイーンという立場だから、後々千早のすごいライバルになるのはすぐわかりますが、そうでなくても個性が強くてとても惹かれるキャラです。

対戦中は、妙に冷静かと思いきやゴゴゴーッと熱くなったり、千早と同じようにスノー丸など不思議キャラが好きで天然だったり・・・(千早はダディベアが好き)

ダディベアに反応したり、スノー丸を褒められて喜んだりするところは16歳らしくてとっても可愛いですね。

その強いクイーンが対戦後に、千早のことをすごく気にしていたのが、今後の流れにつながっていくようで興味深かったです。
この二人、どうなるんだろう~~~

スポンサーリンク

そして太一は、B級戦の決勝で戦います。
しかし、富士崎高校の三年生相手に負けてしまい・・・

どっぷりと落ち込んでしまったのは、仲間たちの方でした。

悔しい、悔しいよな
じゅ・・・準優勝がいちばん悔しい・・・
そう言いながら泣いてしまう肉まんくん(西田優征)

その言葉を聞いて太一も涙をこぼすんだけど、その時にこんなことを考えます。

泣くな
おれはまだ
泣いていいほど懸けてない
悔しいだけでいい

泣いている太一をいつ見ることができるのか・・・
初めてこの巻を読んだ時には、軽くそんなことを思ったのですが、甘かった!

あ~~~
太一はこのあとずっとA級になれなくて苦戦していくことになるので、ここは重要シーンです。本当にここが苦難の始まりですよ。

実際、A級なろうとひとりでこっそり大会に参加したりしますが、そこでバッタリ会うのが肉まんくんとヒョロくん。特にヒョロくんとはずっとお互い支えになるほど因縁深いつながりを持つことになります。

そして、全国大会が終わった後の、かるた部の活動も楽しく読めます。

体育祭が好き~~~。
部活対抗リレーで、他の運動部を差し置いて優勝しちゃうかるた部ですが、これは面白い。アニメでも放送されてる部分ですね。

それぞれがかるたの技術面だけではなく、体力面も強化してがんばっています。

ちはやふる5巻の感想まとめ

精神的にも技術的にも成長したメンバーと、その絆。普通の日常生活を描写している中で、細かく描かれています。

太一の千早への気持ちが電車に乗っているシーンでチラッとでてくるので、今後の展開が楽しみですね。

そして最後には、府中白波会で練習をしていた千早が、原田先生にあるアドバイスを受けるのだけど・・・それは次の巻以降に大きく関係してきます。

↓各巻の感想一覧はこちら
ちはやふるの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第6巻の感想はこちら

以上、「ちはやふる(漫画)5巻のあらすじ・感想ネタバレ!強い若宮詩暢」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら