アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ちはやふる(漫画)12巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)全国大会が開幕!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ちはやふる漫画12巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介します。

まずは前回の11巻の復習から。

全国高等学校かるた選手権大会東京都予選の決勝戦。
北央学園と対戦した瑞沢高校かるた部は、ギリギリの戦いを展開していくのですが、最後の最後で残り4組すべて運命戦になってしまいます。

しかも北央学園は、きっちりと札分けをしてきたために、絶体絶命の危機!

先に負けてしまった西田優征は自分の不甲斐なさに後悔しますが、彼にそんな思いをさせたくない仲間たちは敵陣を攻めようと激しくすぶりを始めます。

そして、対戦の結果は・・・!?

では、ここから「ちはやふる(漫画)12巻のあらすじ・感想ネタバレ!全国大会が開幕!」についてまとめます。

スポンサーリンク

ちはやふる12巻のあらすじ

ちはやふる 12巻

ちはやふる 12巻

ちはやふる 12巻

[著]末次由紀

全国高等学校小倉百人一首かるた選手権全国大会が開幕!

全国屈指の激戦区・東京都予選を制した北央学園と瑞沢高校かるた部は、近江神宮の全国大会でともに日本一を目指します。

瑞沢高校の1回戦のスタメンに駒野勉(机くん)の名前はなく、代わりに筑波秋博が出場することになっています。

駒野勉(机くん)は、綾瀬千早の夢が本当に日本一なら、闇雲に戦うんじゃなくフォローする人間が必要だと思ったのです。
机くんのその気持ちを知った他のメンバーも気合が入ります。みんなで勝つ!!

そんな頃、新も千早と太一を応援するために近江神社にきていました。そして、クイーンと久しぶりに会います。

千早たちが個性的な対戦相手に苦戦している頃、新は中学時代の友人に頼まれて、替え玉として試合に出てしまいます。
翌日の個人戦出場停止になってしまった新。本当に出場できないのでしょうか?

そして、すぐそばで戦っている千早たちの勝負は?

ちはやふる12巻の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この巻は、なんだかすごくホロッと泣けてしまうシーンが多いんですよ。
おばさんは涙腺弱いから、がんばる子たちを見てると泣きそうになるんで。

まず、机くんがサポートに回っていることがこの巻の重要ポイントだと思っています。

今までだって様々なデータでみんなをフォローしたりサポートしてくれた机くんだけど、自分が試合にもでずにサポートをメインに動くのは初めてでしょ?

いくら自分がいなくても試合に出れる人がいる余裕ができたとしても、なかなかできないことですよね。だって、自分だって勝つためにずっと努力してきたんだから。

机くんがフォローする側にまわったのは、千早の夢が日本一なら、それを叶えるためにはただ戦っているだけでは勝てないと考えての行動です。

机くんの行動により、仲間たちは覚悟を決めて戦いに臨みます。
読んでいてもめっちゃ緊張する~~~。

スポンサーリンク

対戦相手もまた個性的でしたね。

千葉情報国際高校は、日本育ちの外人がかるたを純粋に楽しんでいるという高校でした。

このチームとっても好きです。
かるたが好きってことがめちゃくちゃわかるし、一生懸命で。

そんな彼らだからこそ、真摯に力を発揮して戦う瑞沢高校かるた部のメンバーもカッコいい!

次の山口美丘高校は、クイズ選手権で優勝したメンバーが、クイズのための練習の一環として、集中力と暗記力をあげる練習をかるたでやっているような学校です。

最初はね・・・
頭がいいやつってこういうことをすぐ言うんだよね・・・なんて読んでいたんですよ。

でも、この人達のプライドは自分たちが努力して築いてきたものだから、決して負けた時にも人のせいにしたりしないんですよ。
超優秀で超バカだなって顧問の先生が言ってましたが、素直でいいチームでした。

千早たちのように競技かるたを本格的にやっているわけではないチームが、対戦によってまた出直そう!とかるたをより好きになってくれる様子は、かるたをやっていない私もいい気分になりますよね~。心が温かくなります。

心が温かくなると言えば、新も友だちに頼まれて団体戦に身分を隠して参加することになってました。

結局バレてしまってペナルティも食らったわけだけど、団体戦の良さに気づいてくれたでしょうね。

ここの部分も、いつ新が素性がバレるのか?ってハラハラして見てましたが、この巻の最初から最後までが、あっという間に終わってしまったという感じでした。

ちはやふる12巻の感想まとめ

最後は、肉まんくんが次の試合も机くんぬきで・・・って言い出したところで終わっています。

次の巻でまず気になるのは、この机くんと肉まんくんですね。

フォローに徹した机くんが今後どうなるのか、最後に机くんぬきで対戦しようと言った肉まんくんの真意が気になります。

↓各巻の感想一覧はこちら
ちはやふるの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第13巻の感想はこちら

以上、「ちはやふる(漫画)12巻のあらすじ・感想ネタバレ!全国大会が開幕!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オタク主婦のアニメ・ドラマ・まんが情報 , 2018 All Rights Reserved.