アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ダイヤのA act2(アニメ3期・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

漫画もアニメも大人気の「ダイヤのA」の続編「ダイヤのA act2」がアニメ化されます。

3年生が卒業し、沢村栄純たちも2年生になりました。
そして、新たに新メンバーが加入し、レギュラー争いもさらに厳しく!!

この記事では、ダイヤのA act2のアニメ&漫画の各話・各巻のあらすじや感想の他、登場人物や動画配信情報などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

アニメ:ダイヤのA act2各話一覧

動画・見逃し配信情報

ダイヤのA act2動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

原作漫画:ダイヤのA act2各巻一覧

ダイヤのA act2 1巻

ダイヤのA act2 1巻

ダイヤのA act2 1巻

[著]寺嶋裕二

ダイヤのA act2の基本情報

テレビ東京系列にて
4月2日(火)17:55分~放送スタート!

その他放送局:テレビ和歌山・BSテレ東・AT-X

主題歌(オープニング・エンディング)

オープニング

GLAY「はじまりのうた」

エンディング

OxT「ゴールデンアフタースクール」

キャスト・登場人物

青道高校

沢村栄純:逢坂良太
背番号18。2年生ピッチャー
青道のムードメーカー。左投手だというのも期待される理由だが、気持ちの強さという資質が最も期待されている理由。
負けず嫌いで単純な正確のため、練習しすぎたり暴走することがある。

ダイヤのA act2 1巻

 
降谷暁:島崎信長
背番号1。2年生ピッチャーで北海道出身のエース。沢村の最大のライバル。
マウンドに対する執着はすごく、常に試合ではノーヒットノーランを達成しようと思うほど。バッティングにはあまり興味がないが、長打力の持ち主。野球以外のことではかなりの天然。

ダイヤのA act2 2巻

 
御幸一也:櫻井孝宏
背番号2。3年キャプテン
1年の時からレギュラー捕手の座を手にした青道の扇の要。
他校の監督からも天才と言われるほどの実力派でドラフト注目選手。打撃力はムラがあるものの、4番打者を務めている

ダイヤのA act2 5巻

 
倉持洋一:浅沼晋太郎
背番号6。3年副キャプテンでショート
全国トップクラスの走力があり、守備も鉄壁。チームの中で1番の運動神経を持っている。「ヒャハハ」と笑う
同室の沢村がすぐに暴走したりオーバーワークするため、気をかけるなど面倒見も良かったりする。

ダイヤのA act2 4巻

 
小湊春市:花江夏樹
背番号4。2年生セカンド
攻守ともに抜群のセンスを持つ選手。兄の小湊亮介と甲子園に行くことを目標に同じ高校に入学したものの、夢を果たせずに後悔しています。木製のバットを使うというこだわりも持っています。

ダイヤのA act2 3巻

 
川上憲史:下野紘
3年ピッチャー
サイドスローでリリーフ経験が多い投手。通称ノリ
後輩投手の活躍を見て、自分のピッチングの幅を広げようと使っていなかったシンカーを解禁することに…

ダイヤのA act2 10巻

 
前園健太:田尻浩章
背番号3。3年副キャプテンでファースト
坊主頭で関西弁の強面。人情に篤く、単純なところがあるので、御幸の本音がわからずぶつかることも…
通称ゾノ。

ダイヤのA act2 6巻

 
白州健二郎:下妻由幸
3年ライト
寡黙で堅実。守備も打撃も安定していて、常に試合に出る固定メンバー。自己主張は少ないけれど、周りからの評価が高い選手。

ダイヤのA act2 7巻

 
麻生尊:村田太志
3年レフト
かなりプライドが高い選手。降板後の降谷と抗体することが多い。

ダイヤのA act2 14巻

 
金丸信二:松岡禎丞
背番号15。2年サード
自信家で負けず嫌い。同学年の中ではリーダー的存在
同じポジションの先輩・樋笠とはライバル心をむき出しにレギュラー争いしている。

ダイヤのA act2 9巻

 
東条秀明:蒼井翔太
背番号8。2年センター
中学時代は投手だったものの、高校に入学してからはレベルの差から外野手へ転向。その後打撃投手を務めながら練習を重ね、降谷が一時離脱した時に実践復帰を果たす。

ダイヤのA act2 8巻

 
奥村光舟:内田雄馬
新1年生でキャッチャー希望
大京シニア出身
シニア時代に慕っていた監督の行動によって野球に失望したものの、青道高校の試合を見て入学してきた。

ダイヤのA act2 11巻

 
結城将司:武内駿輔
新1年生で、全ポジション希望と宣言
前主将・結城哲也の弟で、プロに行くという強い目標を持っている。実家から通っている

ダイヤのA act2 13巻

 
由井薫:村瀬歩
新1年生でキャッチャー希望
間宮シニア出身で、「神童」という二つ名も持つ。小柄なのがコンプレックスでもあるが、実力で見返せばいいと強気な面がある。

ダイヤのA act2 12巻

 
樋笠昭二:寺島惇太
3年サード
金丸とレギュラー争いをしている実力者。
スキンヘッドに太い眉毛が特徴で、「はいや~」「シュシュシュシューン」とよく言っている


 
小野弘:露崎亘
3年生キャッチャー
御幸が負傷して出れなかった時には正捕手として出場。後輩ピッチャーの精神的支えにもなっている。


 
渡辺久志:石田彰
3年生二軍。通称ナベ。
相手チームを調べる情報力・分析力に優れ、偵察に頼まれてライバル校の情報を収集している。御幸はじめ、野球部副部長の高島礼からも高い評価を受けている


 
片岡鉄心:東地宏樹
プロ入りを断ってまでも母校に恩返ししようと青道高校野球部の監督になった。甲子園から遠ざかっていたために秋大会以降公認するつもりでいたが、春の選抜出場を決めたことで監督を続けることになった。


 
落合博光:大川透
青道高校野球部のコーチ。
片岡監督の公認としてコーチに就任したが、片岡が継続する時にそのままコーチとして残ることに…


 
高島礼:内山夕実
青道高校野球部副部長で、沢村の才能を見抜いてスカウトした人物。


 
太田一義:竹内栄治
青道高校野球部部長で、川上がお気に入りなので、沢村の投球でハラハラするたびに川上を出すように監督に話している


 
吉川春乃:佐倉綾音
青道高校野球部マネージャーで、唯一の2年生。
ドジなので1年の頃は失敗ばかりで辞めようと思ったこともあったものの、沢村の様子を見て励まされて続けることに。


 
蒼月若菜:加地綾乃
沢村の幼馴染。中学時代は同じ野球部の選手でもあり、クラスメイトでもあった。上京した沢村をずっと応援している。


 
瀬戸拓馬:山下大輝
新1年生。
大京シニア出身で、奥村の友人。足が速く走塁技術も優秀。

浅田浩文:畠中祐
新1年生でピッチャー希望
武藤中学出身で、眼鏡で華奢で気弱。沢村・倉持とルームメイトになって苦労することに…

最上武
新1年生でショート希望
自意識過剰で、勝手に期待されていると勘違いしている

九鬼洋平
新1年生でピッチャー希望
入寮の時に骨折してしまったため入寮に間に合わなかった。その後、沢村と奥村のケンカに遭遇したことから、浅田と仲良くなって一緒にいるようになる。

稲城実業

成宮鳴(ピッチャー):梶裕貴


 
神谷カルロス俊樹(センター):KENN


 
白河勝之(ショート):保志総一朗


 
山岡陸(ファースト):川口翔


 
多田野樹(キャッチャー):山谷祥生

国友広重(監督):仲野裕
林田正義(野球部部長):鈴木裕斗
福井健斗(主将):阿部敦
矢部浩二(サード):羽多野渉
赤松晋二(新1年):代永翼

薬師高校

轟雷市(サード):小野賢章


 
真田俊平(ピッチャー):神谷浩史

轟雷蔵(監督):西凜太朗
三島優太(ファースト):鈴木達央
秋葉一真:金本涼輔

巨摩大藤巻高校

新田幸造(監督):廣田行生
本郷正宗(ピッチャー):小野大輔
円城蓮司(キャッチャー):諏訪部順一

ダイヤのA act2のあらすじ

春の選抜出場を決めた青道高校は、全国制覇を目指します。
ベスト8入りしたあと、3回戦・準々決勝で北海道代表の巨摩大藤巻高校と対戦します。

巨摩大藤巻高校は、夏の甲子園で稲城実業を破って優勝した学校。残念ながら、健闘むなしく敗退してしまいます。

その後、新入生が入部してきました。
そして青道は、春の都大会に出場したものの、準決勝の市大三高戦で負けてしまったがために、関東大会の出場ができなくなってしまいました。

その結果、片岡監督は今までの背番号を一度白紙に戻して、ベンチ入り20人を選び直すと言い出します。

その後、前年度も行われた3年生VS1年生の紅白戦を実施。
新入生の力を見るのと同時に、控えの2軍選手にとってはチャンスの試合!

新チームに向けて、各々が自分の実力を発揮することができるのか!?

スポンサーリンク

ダイヤのA act2の感想

ダイヤのAは、アニメから入ってドハマリした作品でした。1期~2期を一気に観るというのを何度繰り返したでしょうか…

その後、ダイヤのA act2は漫画を読みながら早くアニメ化されないかなと思って楽しみにしていたため、やっとキタ~って感じですね。

まずストーリーは、続編ということでセンバツ甲子園での戦いから始まります。アニメでは、今までの復習も兼ねてざっくり流れが描かれていましたけど。

急に新学期で1年生が入部したところからってわけではありませんので、今までの流れで自然にストーリーに入っていけますよ。

ただ、初めてこの作品を観るという方は、面白さが半減してしまうと思うので、アニメ動画を観ることをおすすめします。無料お試し期間を利用すればタダですから。

そうすることによって、それぞれのキャラの個性がよくわかりますし、今センバツで戦っていることの重みや有望な新1年生が青道に入学してきた理由などもわかるでしょう。

この作品の良いところと言えば、青道高校野球部はもちろん、他のライバル校たちも含めた個性的なキャラが魅力だと思うんですよ。だから、しっかりそれぞれの個性を知ってお気に入りキャラを探してください。

そして今作では、さらに新1年生が登場しますから、今まで以上にこの人が好き!っていうのがそれぞれ変わってくるはず。

ちなみに私は小湊春市がめちゃくちゃ好きです!!
この3期・actⅡでは、途中から前髪を切って顔が見える!という状況になりますね。

う~~ん…見えない時に、時たまちら見できるのも良かったんだけど…
イケメンというか可愛いので、まぁいいか!!

新1年生なら、奥村光舟ですね。
過去のトラウマから心を閉ざし気味だった彼が、だんだん変わっていく様子をアニメでも観たいです。そして同じ学年で同じ捕手希望の由井薫というすごいライバルがいますから…

神童という二つ名を持つほど有名な彼とのポジション争いも見逃せません!!

人気なのは、観ればすぐに理由がわかるというほどの、作品です。
漫画もアニメもおすすですから、チェックしてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら