アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ダイヤのA act2(アニメ3期)8話の感想ネタバレ!夏への背番号争い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ダイヤのA act28話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第8話「カンフル剤」

前回7話では、稲城実業と薬師高校の激しい戦いが描かれました。そして、決着がつきます!

今回の9話では、さらに強くなったライバル校に対抗して、チーム強化するべき青道高校野球部の気合の入った練習の様子が描かれます。

では、ここから「ダイヤのA act2(アニメ3期)8話の感想ネタバレ!夏への背番号争い」についてまとめます。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2(アニメ3期)8話 あらすじ

稲城実業と薬師の戦いは、稲実の勝利という形で決着がつきました。
戻ってきた強い稲実!!

甲子園より悔しいと言う薬師の真田俊平。
何も言えず悔しそうに壁に向かっている轟雷市。
そして、薬師高校選手全員が監督の言葉によって、夏に向けて気合を入れるのでした。

その後青道高校では、この両校の試合の情報を真剣にチェックしていました。

春季大会のベンチ入りメンバーは本来20人のところ、青道の登録は現在18人。残り2人の枠を新1年生を含む選手たちが狙うため、選手全員が燃えています。

特に1年生は、高校野球の厳しさを実感し悪戦苦闘中!

動画・見逃し配信情報

ダイヤのA act2動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

ダイヤのA act2(アニメ3期)8話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回のストーリーは、3巻19話~22話までのお話です。

ダイヤのA act2 3巻

ダイヤのA act2 3巻

ダイヤのA act2 3巻

[著]寺嶋裕二

毎度のことながら、原作コミックに忠実に描かれています。
出だしは、稲実と薬師の試合後のシーンから始まりました。

真田が「強すぎるだろオイツら…」と言葉に出すのも、いつも野球に関しては騒がしい雷市が下を向いてバットを持ったまま壁に向いているのも、負けた悔しさをすごく表していましたよね。

そして、いつもはふざけたことを言ったりする薬師の轟雷蔵監督も良いことを色々と言っていました。

負けてもともとじゃなく
勝つべくして勝つことの難しさ

勝負に絶対はない…
絶対はないが後悔しないだけの準備はできる

甲子園での浮かれ気分を吹き飛ばしてくれた稲実に感謝しねぇとな

この言葉は好きでした。
やっぱり、強いチームの監督なんですよね、この人も(笑)

そしてそのあとは、青道高校のシーンになるのですが、その内容でいかに稲実が強くなっているのかってことがわかります。

私としては、渡辺久志が解説しているシーンを見るのはすごく好き!!
自分の特技を生かしてチームのサポートをするようになってからずっとファンです。

キャラもそうなんだけど、あの声とか話し方も好きなんですよね~~。

スポンサーリンク

後半は、気合が入っている練習風景から始まります。

気合が入っている上級生。
今年は1年生が豊作とか言われていて、上級生との練習に1年生が合流したのが早いというのもありますね、きっと。

それだけではなく、空席となっている残りのベンチ枠狙いというのが、もっとも気合が入っている理由でしょう。

20人登録できるベンチ入りメンバーをあえて18人にしているのは、1年生を入れることも視野に入れているから…

その状況を冷静に見て監督の気持ちをしっかり理解している金丸信二。
彼は、あとで3杯ご飯完食に悪戦苦闘している1年生に声掛けしたりもしていますが、面倒見が良くてリーダータイプでもあります。

やっぱり、2年生にこういう人もいないとね!!
冷静に物事を考えることができるのは、春市も東条も同じだけど、みんなをグイグイひっぱっていくように強気な発言をするタイプじゃないですから。

もちろん、他の選手たちだって監督の思惑は理解しています。
1年生起用による組織の活性化!

ここで去年のシーンが出てくるんだけど…

原作コミックでは、この振り返りシーンはワンコマで描かれているんだけど、雰囲気程度で読めるような感じにはなっていません。
アニメでも少しのシーンでしたが、それだけでもあの時のシーンが蘇ってきますね。

なんだか思い出してジーンとしてしまいます。
降谷・沢村・春市たち1年が選ばれて、クリス先輩が選ばれなかったあの時…
泣いたな~~~…

夏への背番号争いはすでに始まっている

その背番号争いがめっちゃ気になる!!

ダイヤのA act2(アニメ)8話感想ネタバレ まとめ

稲実の強さはもちろん、鳴の実力はすごいものだとわかりました。

だからこそ、それに勝つために強くならなければならない青道高校。

空席の2枠を誰が勝ち取るのか…
夏に向けての背番号争いは?…

去年だって1年生が入ったわけで、今年だってそうなるだろうって思いますよね。しかも、今年の新人で期待されるメンバーの中にキャッチャーはふたり…

どうなっちゃうの?と思うと、これからいっそう楽しみですね。

次回「バトル×バトル」

あらすじ・感想の各巻一覧
ダイヤのA act2(アニメ3期・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

↓次の第9話の感想はこちら

以上、「ダイヤのA act2(アニメ3期)8話の感想ネタバレ!夏への背番号争い」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら