アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ダイヤのA act2(アニメ3期)21話の感想ネタバレ!紅白戦後の選手たち

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ダイヤのA act2 21話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第21話「時間がない」

前回20話では、紅白戦で1年生チームが盛り上がるシーンが描かれました。

今回の21話は、紅白戦が終了して一軍・二軍へ合流する選手が発表されます。選手たちの気持ちは?

では、ここから「ダイヤのA act2(アニメ3期)21話の感想(ネタバレ注意)紅白戦後の選手たち」についてまとめます。

スポンサーリンク

ダイヤのA act2(アニメ3期)21話 あらすじ

1年生と上級生の紅白戦。
奥村光舟と瀬戸拓馬のふたりで点数をとったことで盛り上がる1年生チームに対し、負けるわけにはいかないと力を発揮する上級生。

そして、紅白戦は終わり、片岡監督たちは、一軍に合流されるメンバーを選ぶことに…

一軍に合流することになったのは、三村・川島・高津の3名。
二軍に合流することになったのは、九鬼・加賀美・瀬戸・奥村の4名。

この結果により、選手たちの反応は様々でした。
後輩に背番号奪われたくないと先輩に維持でイラつくもの…
シンプルに喜ぶもの…素直に喜べないもの…

一方御幸一也は、5月の試合日程を確認している時に、倉持洋一に話しかけられ、いつになく饒舌になっていました。

やらなければならないこと、やってあげたいことが色々ある…
「正直、いくら時間があっても足りねーよ…」

そんな御幸が嬉しそうに見えた倉持は、意外に感じたとともに、饒舌な御幸のことを怪しいと思うのでした。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

ダイヤのA act2(アニメ3期)21話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回のストーリーは、7巻の58話の途中~60話までのお話です。

ダイヤのA act2 7巻

ダイヤのA act2 7巻

ダイヤのA act2 7巻

[著]寺嶋裕二

紅白戦が終わったことで、一軍・二軍に合流する選手が決まり、少しずつ青道高校野球部内の空気が変わってきました。

選手たちの気持ちは色々でしたね。
こういうところがリアルに描かれていてとても好きです。

だって、名門校だからこそ、誰もがそこそこ野球の実力があってこの野球部に入ってきていますから、メンバーになれるかなれないかという状況に対し、人数分だけ複雑な感情があるはずなんですよ。

もともと一軍だった麻生尊たちからすれば、合流した人数分誰かが弾かれることになるため、他人事ではありません。

特に3年生は最後のチャンスですから必死。
去年の選ばれなかった3年生のことも見ているわけですから…

そして今年もまた、1年生に優秀な選手がいるってことを自覚しているからこそ、負けられないという意地で複雑な感情を持つのも当然です。

あとは、2年生の高津も素直になれませんでしたね。

彼は、ずっと室内練習場で練習している同学年の選手たちを羨ましいとか負けたくないとか思いながら暗い外で練習をしてきたから、金丸信二が声をかけても憎まれ口をたたいたりして…

金丸は別に何も悪いことをしていないのにああいう態度を取ったのは、どういう気持だったのか…きっと、まだまだ気を抜くことができず、金丸が余裕を持っているように見えたんでしょうね。彼は偉そうに見えちゃうし。

ずっと一緒に練習してきて一軍合流することができなかった仲間に頑張れと言われて、やっと素直に喜んでいました。
自分たちだって結果を出したかっただろうに、一緒に頑張った仲間を素直に応援できるなんて素敵!

スポンサーリンク

奥村光舟もまた、二軍合流には不服のようでした。
同じキャッチャーの由井薫がすでに一軍なのだから、悔しいのは当然。

それに彼は、焦っています。
御幸と一緒にプレーできる時間は残り短いから。
御幸が引退してしまう前に、同じ舞台にあがりたいんですよね。

時間がないと思っているのは御幸も同じでした。
彼の場合は意味合いが違いますけど…

残り3ヶ月しかないため、降谷や沢村にやってあげたいことはたくさんあるし、チームが目標に向かうためにやるべきこともたくさんあります。

キャッチャーとしてキャプテンとして、色々と考えているんですよ。
寮で御幸塾なる会を開いているのもそうですね。もともとは、沢村のやる気から始まったことですけど…

今までと違って、ここ最近の御幸って、大人びてきたと言うかリーダーらしくなってきたというか、なんだか頼もしいです。かっこいい!!

かっこいいと言えば、浅田を励ましていた時の倉持もカッコよかった。
着替えをした時に見えた腹筋のすごさに驚く浅田。

この腹筋って、漫画よりアニメの方がずっとすごかったんだけど(笑)
原作コミックでは、お~~腹筋すごい~~って普通に思うレベルなのに、アニメの腹筋は、ヤバっどんだけ鍛えてんの???と思うレベルでした。

二軍にう入れなくて悔しいだろうが
焦んじゃねーぞ…

今はしっかり食事取って身体作れ

こんな腹筋を見せられてこのアドバイスをされたら、納得しちゃいますよね。

それに、浅田はまさか先輩たちが自分のプレーを見ていてくれたとは思っていなかったから、投球を褒められて嬉しかったと思うな~~。

九鬼もまた、東条とはなしをしていて色々と思うところがあったようです。
彼にとって東条は憧れの選手のようですし。
まだピッチャーを諦めていないという東条も素敵…

この作品は、選手それぞれの心理描写が丁寧描かれるので大好きなんだけど、それをアニメでは忠実に描いていて、音と色が加わることでより良くなっています。

これから、選手たちがどんな気持ちで戦っていくのか楽しみです。

ダイヤのA act2(アニメ)21話感想(ネタバレ注意)まとめ

御幸がスケジュールがキツキツだと言っていたように、これから大きな試合も控えています。
だからこそ、今回の選手たちの心理がわかる描写は面白いと思いました。

そして最後に沢村と降谷に1年生とバッテリーを組むように言ったのも見逃せません。

あと、まったくアニメとは関係のない話なんだけど、原作コミックでは今回の内容が描かれている間に、クリス先輩の現在の様子が1P鉛筆の絵で描かれています。

大学生になったクリス先輩が、大学の先輩たちに20歳以上だと思われたり、コーチだと勘違いされているお話。つまり老けているって見られているんだけど…

野球できてるのね~~とか喜びつつも笑える…

原作も読もうと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

次回「指名」

あらすじ・感想の各巻一覧
ダイヤのA act2(アニメ3期・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

↓次の第22話の感想はこちら

以上、「ダイヤのA act2(アニメ3期)21話の感想(ネタバレ注意)紅白戦後の選手たち」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら