アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ドルメンX(ドラマ)3話感想ネタバレ!足りないことは努力で足せ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ドルメンX(ドラマ)3話「地球人はすげぇぜの回」

地球を侵略するためにアイドルに挑戦中のドルメンXのメンバーたち。
前回の第2話では、とうとう路上ライブが開催されましたね。

そこまでに色々トラブルもありましたが、あのダンスは最高でした。

そしてこの第3話では、オリジナル曲がついに披露されます!

ではここから「ドルメンX(ドラマ)3話感想(ネタバレ注意)足りないことは努力で足せ」についてまとめましょう。

スポンサーリンク

ドルメンX(ドラマ)3話のあらすじ

地球を侵略することを目的にアイドルに挑戦中の隊長(志尊淳)・イチイ(浅香航大)・ニイ(小越勇輝)・サイ(堀井新太)たちとマネージャーのヨイ(玉城ティナ)。

ついに路上ライブでオリジナル曲の「参上!!ドルメンX」を披露!
自分たちの姿や気持ちをそのまま歌詞にして熱唱している彼らを見て、周りは人だかりになっていきます。

ライブは成功に終わります。

しかし、それもつかの間、隊長とイチイはリキミュの追加メンバー選考合宿に参加することになりました。

歌もダンスも全然できない隊長は、走り込みすらついていけずに弱音を吐いてしまいます。それを聞いてアドバイスをくれたのは実光修吾でした。

「足りないなら足せよ。出来ないことをひとつずつ改善するんだ」

その言葉を聞いて、必死に足りないものを足していこうと頑張る隊長。

そんな頃、ニイはミュージックビデオの仕事が評価されてネットで話題になります。自分への人気コメントを見て密かに喜ぶニイでしたが、リキミュのHPで隊長を見かけて落ち着かなくなるのです。

ニイのこの感情は何?
隊長とイチイは選考合宿を乗り切ることができるのか?

ドルメンX劇場版はHuluで配信中!

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

ドルメンX(ドラマ)3話の感想(ネタバレ注意)

(ここからネタバレにご注意ください)

出だしは、ドルメンXのオリジナル曲の披露からスタート。
思ったよりもダンスがハードでしたね。歌もマンガだと音がわからないので、実写だと楽しいです。

ただ、やっぱりななこがしらじらしかったな~。
初めて見た人を気に入って、「良かったです。応援してます」って言うのは当然わかるのだけど、まだ人がはけていないあの状況で、自分ひとりが飛び出していって突然ファンになりました!って言う???

たったの2曲を見ただけで、隊長ひとりのファンになるって・・・どこがどうファンになっちゃうほど隊長が目立っていたのだろうか・・・???

いかにも、ファンがいたから合宿を乗り切れたって形にしたいがために、無理やりファンにさせた感が強くて、どうもしっくりきませんでした。ここは内容が浅すぎですよ。

原作では、同じ事務所の先輩が元カノに裏切られて情報流出されちゃって、その渦中に行われるイベントにドルメンXたちもお手伝いで同行。そして、隊長たちは悩んでいる先輩を助けようと無謀なことをしちゃうわけです。

その時に鷹を腕に乗せて司令官として指示をしていた隊長を見て、ななこは「超かっこいい・・・」とファンになり、その後路上ライブがあって直接本人と出会うという設定です。

この前振りがなくて直接路上ライブでファンになったというのがちょっとね・・・

原作では、損害賠償のために住んでいた家を差し押さえされて、川で住むことになるほどのことをしましたからね(笑) 結局、社長が拾ってくれますが。

それだけ派手なことをすれば、気になる人もいるわけだし、漫画でもあの人超カッコよくなかった?とSNSに投稿されているシーンもありますから、ななこがファンになっても全く違和感なかったです。

スポンサーリンク

今回のドラマでは、ななこが隊長のどこが他のメンバーと違ってよかったのか・ファンになった理由が全然わからない・・・

ななこのシーンだけが気になってしかたなかったです。

そして、そのリキミュの選抜合宿の話。
かなりハードで、原作でもほぼスポーツ合宿のようでした。それだけ舞台は体力を使うということなんですよね。

ダメダメな隊長ががんばる姿に感動

そして、何をやってもうまくできない隊長は、すっごく努力をします。それが彼の良さであるがむしゃらにつながるわけだけど、あの一生懸命さには胸が打たれますよ。

ヒーローとか隊長とかって、ほとんどが頼りになるリーダータイプか、何がひとつでも他の人にはないものを持っていたりするじゃないですか。でも、ドルメンXの隊長って、本当に何も持っていないんですよ。

でも、誰もが彼に惹かれたり魅力を感じたりして目が離せなくなる・・・
それって、彼がいつも一生懸命だから!!

それがこの回のお話でも見れました。
志尊淳さんが演じた隊長から、ダメっぷりとか一生懸命さが伝わってきてすっごく良かった!!

ダメダメな隊長はひたすら努力をするので、周りの皆も彼を見守りつつも影響されて努力をするんです。そしてチームの絆は強くなる・・・そこは原作もドラマも同じように表現されていて、感動♪

原作と違って、出だしに修吾が合宿に参加した時に、ドルメンXの路上ライブを見たって言うんですよ。もうそれだけで、周りの目が冷たくなります。全然何もできずに足手まといのような隊長が、誰もが憧れている修吾の目に止まっているんですから。

だからこそ、その後に隊長が失敗するたびに、どんどんみんなの対応は冷たくなるわけだし、それを見ているイチイも心配そうにしています。

しかし、そこで終わらないのが隊長。
修吾のアドバイスで、自分に足りないものはどんどん足していこうと、頭を下げて周りに頼んで覚えていきます。

ちなみに、隊長が落ち込んだ時にアドバイスしてくれる言葉「足りないなら足せよ」っていうのは、原作だと修吾ではなくてリキミュの卒業生の黒羽先輩が言います。

修吾役の桐山漣さんがカッコイイ

修吾は、そのセリフを言う時もそうだけど、全体的にとても良かった・・・
ひいき目もあるかもしれませんが、桐山漣さんが自然な演技でカッコよかった!ダンスも歌も、オーっと思って見ましたよ。

原作の修吾は、ちょっとマイペースで変わって面もあります。隊長が宇宙人とか言っても、普通に信じたりしてましたからね。

桐山漣さんが演じる修吾も、おおらかというか枠にとらわれない考え方をしてそうな感じが出ていましたね。何も言わずにドルメンXにまぎれて事務所にいたりね(笑)

最近、曇天に笑うの白子役とか色々なところで違う役をしているのを見ていましたが、しっかり修吾してました!!

ニイがイチイともめる!?

そして、最後にトラブルってほどじゃないけどもめるのが、ニイとイチイ。

ニイは可愛くて器用に何でもこなせる人だから、一生懸命がんばることはダサいとか思っているところがあります。

でも、彼とは真逆の隊長は、とにかく努力する人で、そんな彼をかっこ悪いと思っているのにどんどん注目されていくことに嫉妬・・・

そして、大好きなイチイがファンレターをもらったことでプチッと切れてしまったのか・・・その気持が爆発してイチイを怒らせてしまいます。

原作の漫画は、作者の先生の絵の感じもあるので、可愛いという設定だけど、ちょっと嫌なキャラにも見えたりするんですよね。ヤキモチ焼いてる時って。

その点、ニイ役の小越勇輝さんは、可愛いと言うかキレイというか・・・角度によっては本当に女の子みたい。
肌もめっちゃキレイだわ~~~

結局はリキミュを口ではバカにしていたけど、本当は出演している二人を羨ましいと思っているわけです。

でも、他にも色々思いは複雑なんだと思ったりします。

大好きなイチイが自分のことを意識してくれないと嫌だとか・・・

ひとことで言ってしまえば、我がままなわけですから、逆の立場でずっと悔しい思いをしてきたイチイが自分がたまには優越感を持ってもいいだろうって起こるのは当然のことです。

でも、この我がままを吐き出して怒られたことで素直になれるから、よりチームワークは良くなりますね。

騒ぐこともなく、すっとなだめる言葉を言った羽多野社長(徳井義実)が良かったわ。

オリジナルダンスが披露されて、それぞれのキャラの問題もこのお話で解決!

そしてタイトルが「地球人はすげぇぜの回」だから、修吾にも注目して観てくださいね。

ドルメンX(ドラマ)3話 感想まとめ

オリジナル曲が披露され、修吾とのからみやチームの団結など見どころ満載、そして最終回への布石という点でも見逃せません。

ここまでのお話で、メンバーのそれぞれの気持ちや問題点が暴露されて、その分絆が深まってきましたからね。あとは最終回でどうまとまるかってことでしょう。

最後の最後に、修吾がドルメンXに入ると言い出し、社長が爆弾発言!!

あとは、ワンマンライブが成功に終わるかどうか・・・ですね。
最終回は一番盛り上がりそうです。

↓次の最終回・第4話の感想はこちら

以上、「ドルメンX(ドラマ)3話感想(ネタバレ注意)足りないことは努力で足せ」についてでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら