アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

Dr.STONE(漫画) 1巻のあらすじ・感想ネタバレ!石化からの復活

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Dr.STONE(漫画)1巻のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

Dr.STONEとは、原作:稲垣理一郎先生・作画:Boichi先生による漫画作品です。
集英社の週刊少年ジャンプで連載ですね。

これがとにかく面白い!!

全人類が石化してしまい、それから数千年後復活した主人公・石神千空がゼロから文明を作り上げて全人類を復活させようとするサスペンス冒険ストーリーです。

この1巻では、石化から復活した千空・大樹・杠が、もうひとり復活した司と対立し、彼から逃げ出して戦う準備をするまでのお話です。

ここから「Dr.STONE(漫画) 1巻のあらすじ・感想ネタバレ!石化からの復活」についてまとめます。

スポンサーリンク

Dr.STONE(漫画)1巻 あらすじ

Dr.STONE 1

Dr.STONE 1

Dr.STONE 1

[原作]稲垣理一郎 [作画]Boichi

Z=1:STONE WORLD
Z=2:FANTASY VS SCIENCE
Z=3:KING OF THE STONE WORLD
Z=4:純白の貝殻
Z=5:杠
Z=6:大樹VS司
Z=7:火薬の冒険

高校生の大木大樹(おおきたいじゅ)は、小川杠(おがわゆずりは)に告白することを決意し、幼なじみの石神千空(いしがみせんくう)の元へ報告しに来ました。

千空は、ほれ薬を飲んでいけば100億%だと言って大樹に渡しますが、インチキには頼れないと正々堂々告白しに向かった大樹。

実はその惚れ薬…
ただのガソリンだった!!

千空は、絶対に大樹が飲むわけがないとわかっていたのです。

そして大樹は、呼び出したクスノキの前で5年間想い続けた気持ちを告白するその瞬間、突如空が発光し全人類は石化されてしまいました。

しかし大樹は死んではいなかった!
体は石化してまったく動かないものの、意識は残っていて石化の予兆があったことと、その時の杠のことを思い出していました。

そして彼は強く念じます。

絶対にあきらめない!
杠に自分の気持を伝えるために、何千年でも!
死んでも生きてやると…

そして、地球上から人類が消えて数千年後、大樹は石の破片が砕け落ちて復活したのです。

目の前の光景は、自分たちが生きていたとは思えない世界で、数多くの石化した人類がころがっていました。

Dr.STONE(漫画)1巻 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

1巻の面白さは、次から次へと状況が変わっていくことと、石神千空(いしがみせんくう)・大木大樹(おおきたいじゅ)の男の友情ですね。

まず、最初は人類が石化してしまうというところからスタートします。
もうこの展開がえっ!?って感じですよ。

だって、みんな石になっちゃったら、もう風化するしかなくてどうなるの?って思いません?

これがゲームだったら、石化を解くアイテムで元の姿に戻れたりしますから、ゲーム脳の人だったら、そんなアイテムはないのか?ってことを考えるはず。

そして、それに近いものがあったわけですよ…
だから、数千年後に千空と大樹は自然に復活することができました。

自然環境の中で、数千年かけて石化が解除される成分が合成されて出来上がり、それがまた偶然ふたりに触れることができたという奇跡!

そこからは地道な努力ですね。

ふたりがおよそ3700年のうち半年という近差で目を覚ましたという事実から、千空たちは仮説と実験を繰り返して、なんとか復活するための薬を作り出します。

そこまでに1年はかかっていますが、そこまでのシーンも面白おかしくエピソーとが挿入されて先が知りたくてワクワクしますね。また、いかに面倒なことを諦めることなく地道に続けていたのかがすごくわかるからこそ、実験が成功した時の感動は大きいですね。

千空のセリフも良かった!

教えてやるよデカブツ

「科学ではわからないこともある」じゃねえ

わからねえことにルールを探す
そのクッソ地道な努力を
科学って呼んでるだけだ…!

最強の敵!?獅子王司の復活

しかし、ここからが今後の展開の重要ポイントになってきます。

これでやっと杠も復活させられる!!
そう思って出かけたのに、いざ復活させるって時に野生のライオンの群れに襲われるんですよね。

千空は頭脳明晰だけど身体能力は低いし、大樹は体力バカだけど争いが嫌いなため人と喧嘩したことすらありません。
命の危機という状況に陥ったふたりは、大樹が石の存在を確認していた獅子王司(ししおうつかさ)を復活させることに…

彼は、「霊長類最強の男子高校生」という異名があるほど、戦いの実力に長けていた人だったからです。

司は、あっという間に野生のライオンを倒してしまい、これで知力・体力・武力が揃ったって喜んだ千空と大樹。

しばらくはうまくやっていたんですよね。
3人の得意技を合わせれば最強ですから。

しかし、途中で千空と司が対立します。

司は、過去のトラウマから大人の心は汚いと思っています。最初は助けられて感謝しても、いつか文明が戻れば必ず自分の地位やお金を求め、弱者を排除しようとするって…

だから、石の世界(ストーンワールド)という自然のままで、心の汚れていない若者だけを復活させて人類を浄化させたいっていう考えです。

それに対して千空は、文明をゼロから作り上げ、全人類をもれなく助けるって考えています。

この時点で、いくら対決していても、石から復活させる方法を司に知られなければ良かったんですよ。しかし、あっけなくおバカな大樹が復活液のことを話してしまったものだから、大変なことに!!

千空は、復活液のありかを司に教えて、彼が見に行っている間に速攻で杠を復活させに行き、このあとどうするのかって話をしていた時に司が現れてしまいました。

結局、武力でまったく勝てない司に対しては、何か策がないと勝てないということ。そこで千空は、武器のために火薬を作ろうと3人で司から逃げて、箱根の温泉に行きます。

1巻はそこで終了ですね。
なんかね…次々とハラハラすることが起きて状況が変わっていくから、夢中になって読んでしまいますね。

スポンサーリンク

千空・大樹の男の友情に感動する

この巻のもうひとつの面白さは、男の友情ですね。
面白さというより、感動するって方が近いかも。

ここまで普通信頼できる?って思うほど、お互いに信頼しきっているんですよ。
それがとっても清々しい!

まずは、出だしの千空が大樹に惚れ薬を渡したシーンですね。
実際惚れ薬ではなくはガソリンで、あとで「大樹が飲むはずがなかったから」と仲間に断言しています。

次に、石化が解除されて復活した千空は、ずっと大樹は生きているって信じていたってこと。

千空が大樹と再会し、彼が生きていると信じていたというセリフも良かった!

ずっと待ってたんだよ
大樹テメーを

100億%生きてるってわかってたからな!

杠に言うって決めた男が
志半ばで

たかだか数千年ぽっちふんばれねような
んなタマじゃねえだろ
テメーはよ!

このあとも大樹はいつだって千空の言うことは絶対的に信じているんだけど、命がかかった重要な場面でもお互いを信頼して守ろうってしています。

それは、杠を復活させようとしてライオンに襲われた時。

大樹は、千空だけは絶対死なすわけにはいかないと、自分を盾にしてかばおうとするんだけど、千空は人をなぐったこともない大樹には無理だとわかっているのでこんなことを言います。

合理的に考えろ…
逃げる時は必ず!
俺ら二人で同時にだ!!

そして最後…
杠が復活したあとで、千空はふたりに、大樹と杠ふたりで逃げて遠くで行きていくか、全員で戦って司の殺人を止めるかという2つの選択肢を出して確認しようとします。

この時は、千空が話し終わる前の即答でしたね。

常にクールで頭脳明晰な千空は、実はすごく仲間想い。そして大樹は、見たそのままお人好しで仲間想いです。

そんなふたりの友情もまた、これからの戦いの中で熱く感じることになるので、楽しみですね。

Dr.STONE(漫画)1巻 感想ネタバレまとめ

司は、いろいろな意味ですごい…
頭がすごく良くて武力も最強ってだけでもすごいのに、なんなのあのイケメン顔!

そんな彼が、徐々に仲間を増やしていきますから、千空にとって人類を助ける際の大きな壁となってきますね。

あらすじ・感想の各巻一覧
Dr.STONEの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第2巻の感想はこちら

以上、「Dr.STONE(漫画) 1巻のあらすじ・感想ネタバレ!石化からの復活」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら