アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

フルーツバスケット(アニメ)1話のあらすじ感想ネタバレ!健気な本田透

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

フルーツバスケット1話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

とうとう待望の再アニメ化!
そして放送がスタートしました。

第1話「行ってきます」

今回は、まずメインとなる登場人物の紹介ストーリーですね。

では、ここから「フルーツバスケット(アニメ)1話のあらすじ感想ネタバレ!健気な本田透」についてまとめます。

スポンサーリンク

フルーツバスケット(アニメ)1話 あらすじ

こっそり小山でテント暮らしをしている女子高生の本田透。
母親が事故で亡くなって父方の実家に住んでいましたが、自宅の改装のために行くところがなくなり、バイトをしながらテントで暮らしていたのです。

ある日学校に行くときに発見した家で、十二支の置物を見つけます。
そこに現れたのが、その家の主人である草摩紫呉。
透は、紫呉と話しながら、子供の頃に母親から聞かされた話を思い出します。子(ネズミ)に騙されて宴に参加できなかった猫の話を…

すると、そこにクラスメイトの草摩由希も登場!
彼が住んでいる家でもあったのです。

由希は、眉目秀麗で高校ではすでに王子さま的存在のイケメン。
このことがきっかけで、ふたりは仲良くなっていきますが…

動画・見逃し配信情報

フルーツバスケット動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

フルーツバスケット(アニメ)1話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、1巻の1~2話の出だしまでのお話です。

フルーツバスケット 1

フルーツバスケット 1

フルーツバスケット 1

[著]高屋奈月

とうとうアニメがスタートしました!!

Twitterの情報などはチェックしていましたが、いざアニメを観て最初に思ったことは、キレイ!イメージにぴったり!ってことでした。

描画がキレイですね~~。
原作を期待してしまうと、絵柄がだいぶ変わっているので違和感を感じる人もいるでしょうが、私はとても好きな絵でしたので大満足!透がめっちゃ可愛いし。

あと、声なども私のイメージにはぴったりでした。特に花島咲は…(笑)

ただ、由希だけが自分の中のイメージとちょっと違っていたので、「あっ…SAOのユージオがしゃべってる」とか思っちゃいました。でも、少し観ていけば慣れてしまいそうです。

ストーリーはほぼ原作コミックどおりです。

コメディっぽく楽しいシーンと、切なくなるシーンの描き方がうまい!
漫画と同じようなのに、妙にリアルに見える部分があったり、画面の切り替えがいいな~なんて思うところがあって面白い!

個人的にアニメの出来よすぎない?って思うぐらい気に入りました。

さて、ストーリーの話ですが…
今回のストーリーは、原作コミックのほぼ1話分なので、それぞれのキャラと現状がわかるという内容でしたね。最後に登場した夾が何者?っていうのと、突然イケメン3人が動物に変身しちゃって終わりでしたから、なぜ?って疑問で終わるお話でしたよ。

草摩家のことはまだ詳しく描かれていないため、主に透の紹介のストーリーだと言っていいでしょう。

彼女はとにかく健気なんですよ。
つらいことがあってもめげず、常に前向き!!

父親は3歳で病死。
母はずっと働き詰めで育ててくれたものの、突然事故死。

親族からは引き取ることを嫌がられて、結局年金ぐらしの祖父と暮らすことにし、迷惑をかけないようにと学費も生活費も自分で支払うと約束します。

そして、祖父が叔母と同居することになったからと家を改築することになり、改築が完了するまで行き場を失った透は、テントでこっそり一人暮らし。

う~~ん…
まとめページでも漫画第1巻の感想記事でも書いたんだけど(しつこい)、やっぱり一番まともな親族の祖父でもこのレベルじゃ~ね~。

お金がないとか、狭い家だから一緒に住めないというのは仕方がないとしても、大人としての責任ぐらいは持とうよ。自分が一緒に暮らすことになった女の子が、どこで誰と暮らしているのか知らんとかあり得ないでしょ!と言いたい。

透は、親友の魚谷ありさにそんな話をしたら、祖父の家にバイクで突っ込むかもしれないので、花島咲も含めた友達には内緒にしています。

そして彼女は後悔もしているんですよね。
勉強をしていたために寝坊してしまって、母親の事故当日に限って「行ってらっしゃい」と言っていないことを。これは今回のタイトルに関連していると思っているのだけどどうでしょうか?

「行ってらっしゃい」とは、出かける人に対して「無事に戻ってきてね」という意味が込められていて、言霊があるって言われたりもしています。

透がどこまで知識があるかどうかはわからないけれど、もしもそういうことを知っていたら、言わなかった日に母親が事故死というのは相当つらい思い出でしょう。

そして今回は「行ってきます」というタイトル。

「行ってきます」という言葉自体にも、行って必ず帰ってきますという意味があるのだけど、それとは別に母親に声をかけられなかった透が、今度はちゃんと母に伝えるという意味合いで、母に向けて行ってきますと行っているかのようにも思えます。

フルーツバスケット(アニメ)1話感想ネタバレ まとめ

透が熱を出して寝込んでいるシーンがあるのですが、原作漫画だとただの白い掛け布団をかけているのに、アニメでは可愛い柄の掛け布団をかけていました。

アニメだとたまに、原作では素敵なのになんでアニメではこうなの!?と思うことがあるんだけど、それとは逆ですね。原作を生かしてさらに細かい部分を配慮するとか、めっちゃ素敵!!

次回「みなさんが動物なんです!」
草摩一族の秘密がわかり、だんだん面白くなってきます!!

あらすじ・感想の各話一覧
フルーツバスケット(アニメ・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

↓次の第2話の感想はこちら

以上、「フルーツバスケット(アニメ)1話のあらすじ感想ネタバレ!健気な本田透」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら