アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

フルーツバスケット(アニメ)3話の感想ネタバレ!草摩君も夾君も素敵です!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

フルーツバスケット3話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第3話「大貧民をやりましょう」

前回2話では、草摩家の真実を知ってしまった透のことを、当主である慊人に報告される!ってお話でした。そのために、由希が悲しい記憶を思い出すことに…

あとは、夾が同じ高校に転入してきたお話も!

今回の第3話では、あらたな人物がふたりも新登場します。

では、ここから「フルーツバスケット(アニメ)3話の感想ネタバレ!草摩君も夾君も素敵です!」についてまとめます。

スポンサーリンク

フルーツバスケット(アニメ)3話 あらすじ

文化祭まであと1ヶ月になりました。
透・由希・夾のクラスでは、「オニギリ亭」を開店することに決定します。

文化祭の話し合いをしている間、自分とは違って信頼されている由希のことを羨ましく思う夾。突然猫が侵入して自分の周りにべったり集まってきたこともあって、教室を飛び出して行ってしまいます。

あとから追いかけて話を聞いた透は、夾の本音を知ることに…

その後、透は「大貧民をしましょう!」と提案し、夾は魚谷に煽られて勝負することになります。

ワイワイ賑やかな様子を見ていた由希は、違う意味で夾を羨ましく思っていて…

動画・見逃し配信情報

フルーツバスケット動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

フルーツバスケット(アニメ)3話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、1巻4話と2巻8話のお話です。

フルーツバスケット 1

フルーツバスケット 1

フルーツバスケット 1

[著]高屋奈月

今回のストーリーは、確かに原作どおりではあるのだけど、かなり順番が入れ替わっていました。1巻4話と2巻8話を行ったりきたりですね。

感想を書くことを考えると、これってどこだっけ?って探す必要があるので混乱はするのだけど、アニメという点で見ると、非常にわかりやすくなっています。

漫画がわかりにくいってことではないんですよ!
ただ、継続して読める漫画とは違い時間で区切られてしまうから、順番を変えたことで、夾と由希の気持ちの比較ができて非常にわかりやすくなって、構成うまいな~って感じ。

まずアニメでは、文化祭で「オニギリ亭」を開店することが決まり、クラスで話したいをしているところから始まっています。これは2巻の8話です。前回が1巻の3話まででしたから、一気に飛んでますね。

ここでまず、夾の本音が描かれるシーンへ。

文化祭の話し合いをしている時に、自分の意見はたやすく却下されるのに、由希はクラスをまとめながらちゃんとした意見も言って、誰もが信頼して賛同しています。

夾は、猫が自分の周りに集まってしまったのもあって、途中で教室から飛び出してしまいます。

そして心配して追いかけて来た透にこんなことを言っています。

昔から頭はいいし、要領はいいし、人あたりもいい
周りは自然にあいつの才能を認めて敬って
信頼するんだ

武術を始めたのだって俺が先なのに
今じゃあいつの方が強いし

そして、親戚からけなされて、由希が特別だと言われている過去を思い返します。

つまり夾は、強くて賢い上くリーダーシップがあり、「特別」だと言われる由希が羨ましいわけです。

そしてこのあとは、今回のタイトルになっている「大貧民をやりましょう」と透が言い出すシーンになります。これは前回の続きのお話で、原作コミック1巻の4話ですね。漫画で言えば、ぐっと元に戻ったということになります。

魚谷ありさに煽られて、大貧民をやることにした夾。
その頃、由希は図書室で告白されています。

断られているのに、抱きつこうとする女子生徒。
こういうやつっているよね~~。

当然ながら、鼠に変身すると困るから、由希は拒否しますよね。すると、由希は他人を拒絶しているとか特別なんだとか勝手なことを言ってますよ。(ムカッ)

草摩一族に縛られたくなくて本家から出て紫呉の元で暮らし、普通の人として普通の生活をしようと共学に通っているわけだけど、結局は自分たちの秘密のために周りの人と距離を置いてしまう自分。それを「他人を拒絶している」とズバリ言われてしまった由希。

こういう女って、めっちゃムカつくから、無視無視って思うけど、由希はこの言葉を気にします。それは、自分とは正反対の夾を意識してうるから余計にでしょう。

スポンサーリンク

由希がかなりこのことを意識しているのは、このあとにシーンでよくわかります。大貧民で負けた夾が掃除をしている時にまたケンカになって、また由希が勝利したものの、その勝ち方はイライラして八つ当たりって感じでしたからね。

この後、原作コミックでは由希の気持ちがよくわかるようなシーンに続きます。ところが1つだけまた先の2巻8話のシーンが入ってくるんですよ。

漫画では、一緒に働いているおばちゃんたちが、お迎えに来た由希のことをすごい美人がいるとワイワイ話しているシーンでした。

ところがアニメでは、紅葉の登場シーンへ。
夜遅くに幼く見える外人の少年が、突然英語で話しかけてきて、透のほっぺにキスをします。

そこからは、元の1巻4話の透がお迎えに来てくれていたシーンに戻ります。漫画で言えば、全然別のずっと先の日の話しなんだけど、ミックスしちゃったんですね。

透をお迎えに来た由希は、透に本音を話します。

…でも夾は違う
人見知りが激しいけど
なれれば逆に他人を寄せ付けるタイプだと思う
…昔から

十二支の仲間になれなくても
自然体で「普通」の人と向きあえる方がいいと
俺は思う

そんな風に俺もなりたかった
…だからイライラするんだ
自分から草摩に入りたがる夾を見ていると
そこから抜け出したがっている俺は何なんだろう…って

立場の違いでしょうかね。
「特別」な存在の由希を羨ましいと思っている夾に対して、普通の人として普通の人と向き合える夾が羨ましい由希。

そのあと、突然突発的台風が来て、帰宅後に家庭菜園を守ろうとシートをかぶせる由希と透。その作業の間に話をするのだけど、それが由希の心を癒やします。

次は、夾の心を癒やすシーンになるのだけど、ここでまた2巻の8話へジャンプ。文化祭のおにぎりの研究をしている透が、おにぎりを例にして、梅干しが背中にあったらという話のシーンになります。

誰かを羨ましいと思うのは、
人の背中ならよく見えるからなのかもしれませんね

私にも見えます
ちゃんと見えてます

夾君の背中にある立派な梅ぼし

草摩君は素敵です
夾君は素敵です

いいこと言いますよね~~。

それはもちろん感動なんだけど、今回のアニメってめっちゃうまくまとまっていると思いませんか?

1巻4話と、2巻8話を行ったり来たりでしたが、夾の本音→由希の本音→透が由希を癒やし→透が夾を癒やすという流れになっているからこそわかりやすい!!

すごいわ~~!!うまいわ~~~~!!

フルーツバスケット(アニメ)3話感想ネタバレ まとめ

最後は、楽羅が訪ねてきたところで終わりました。
これは、原作コミックの1巻4話の終わりですから、次もほぼ原作に忠実に5話からスタートでしょう。

次回「なにどしの方なのですか?」

あらすじ・感想の各話一覧
フルーツバスケット(アニメ・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

↓次の第4話の感想はこちら

以上、「フルーツバスケット(アニメ)3話の感想ネタバレ!草摩君も夾君も素敵です!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら