アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

フルーツバスケット(アニメ)5話の感想ネタバレ!草摩家に帰りたい!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

フルーツバスケット5話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第5話「勘違いをしていました」

前回4話では楽羅が登場し、彼女が加わったことで草摩一族のまだ謎の部分が少しずつわかってくるというストーリーでした。

今回は、改築が済んで透が本田家の帰ってしまうお話です。

では、ここから「フルーツバスケット(アニメ)5話の感想ネタバレ!草摩家に帰りたい!」についてまとめます。

スポンサーリンク

フルーツバスケット(アニメ)5話 あらすじ

透は、祖父から家の改装が終ったという連絡をもらったために、新しい家の住所を残して草摩家から出ていくことになりました。

以外にもあっさりとした別れ。
他人がいる方がおかしいし、最初から改築までという話だった…そう思いながら納得しつつも、草摩家の空気は重くなっています。

そして透は、本田家で叔母とその長男であるいとこから、意外なことを言われてしまい…

動画・見逃し配信情報

フルーツバスケット動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

フルーツバスケット(アニメ)5話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、1巻の第6話のお話です。

フルーツバスケット 1

フルーツバスケット 1

フルーツバスケット 1

[著]高屋奈月

今回のストーリーは、原作コミックでもすっごく好きなところで、キタ~って感じで観ていました。

そして、アニメはさらに追加シーンがあって最高!!
もともと原作の内容だけでも感動ものだったけれど、オリジナルシーンが増えていることでわかりやすいし気分がスッキリします。

ストーリーでは、ただ新しい改装後の家に行く・草摩家の面々と離れ離れになるというだけではなく、この作品のタイトルがどうしてフルーツバスケットなのかということも描かれています。

あの明るい透の切ない思い出…
それが、この作品のタイトルにもなっているフルーツバスケットなわけです。

私の世代ではめっちゃメジャーな遊びだったんだけど、今でもそうなのでしょうかね?フルーツの名前を呼びながら、呼ばれたフルーツの人は移動しなくちゃいけないというイス取りゲームのようなものです。

そこで、男の子にからかわれた透はフルーツではなく「おにぎり」と指定されてしまって、結局最後まで誰も呼んでくれなくて仲間に入れなかったという思い出。

そして今回、改築が終わった家に戻る時に、わかっていたはずだったのにずっと草摩家にいられるような勘違いをしていたと思った透。

これはこのアニメのタイトル第5話「勘違いをしていました」にもなっていますが、その勘違いを過去のフルーツバスケットの時と同じだって思うんですよ。

あの時も、自分だけが仲間になれなかったから…
また勘違いしてしまった…って。

スポンサーリンク

透は真面目だから、本音を隠して素直に本田家に帰ります。
でも彼女を待っていたのは、叔母とその息子である従弟の冷たい態度…

娘も似たようなもんではあるのだけど、一人部屋になれなかったことに文句を言っているだけで、透に対することは文句を言っていませんから、さほど悪い子ではないようです。

しかし叔母は、興信所で透のことを調べていて、勝手なことを言ってくるんですよ。
息子が警察官を目指しているから、前科がつくような人間がいると困るとか、透の母の今日子は昔荒れててカエルの子はカエルと言うし…などと言いつつ、男と暮らしていたことを指摘します。

そしてその息子は、その家の男たちにいかがわしいことされなかった?とか聞いてくるし…

オイオイ…
ゲスだなお前…

まぁ、腹が立つんですよ。
このあと、祖父がこの息子をひっぱたいて透の本心を聞いてくれるのはいいけれど、この祖父も含めて私はどうも許せん!!(1巻の感想でも書いてます)

そして、ここからオリジナルシーンが複数入ってきます。

泣きながら透が草摩家にいたかったと本音を言ったあとに、由希が目の前に突如現れて「帰っておいでよ」って言うんだけど、ここまでは原作とずっと同じです。

このあとにアニメではオリジナルシーンが入っています。
まずは、透が出ていってしまってからお迎えに行くまでの間の草摩家の様子ですね。

これがまた最高にいいんですよ!!

夾は落ち着かなくてウロウロしていて、由希にうるさいから散歩に行けとか言われています。そんな由希もおとなしく本を読んでいるようですが、本音では気になってしょうがない様子…

結局ふたりとも落ち着かないんですよね(笑)

そしてこの時、夾がズバッと祖父も含めた本田家のことを指摘しているのがめっちゃ気分がいい!!

だいたいよ
改築するからって追い出しておいて
終わったから戻ってこいって勝手すぎんだろ

うんうん…
追い出すのはおかしいんだよ、やっぱり。引き取ることになった以上は、まだ高校年という未成年なんだから責任持つのが大人でしょう。

しかし由希は、ごく当たり前のことだろうって言っています。
すると夾は続いてこう言います。

全然当たり前じゃねえよ
もうちょっとアイツの都合ってもんも考えたっていいじゃねえか

うんうん、そうそう!!
行くところにあてがあるかどうかも、祖父は聞きもしませんでしたからね。学校に電話するのが唯一の方法とかありえないでしょう?どこに住んでいるのかをちゃんと確認して連絡取れるようにしておくのが普通でしょうに。

叔母たちは興信所を使っているとか…
さらにあり得ない!!

そして由希と夾は、お互いに言い合いながら喧嘩腰で、透がいないことでふたりがイラツイていることがわかります。ふたりの間で新聞を読みながらまいったね~という表情をしているのが紫呉。

そして、由希はさりげなく机の上に置いてあった透の家の住所が書いてあるメモを持って散歩に行くと言って出かけるのだけど、新聞で顔をかくしているようでありながら紫呉はちゃんと見ています。

由希がいなくなったあと、今度は夾がコソコソ何やら探している様子。
紫呉がメモを持って由希が出かけたことを教えてあげたら、速攻で追いかけましたね。

その時のニヤッとした紫呉の顔が笑える…
大人の余裕ですね。

由希と夾は、迷いながらも本田家に到着。
そしてこの後がまた良かったな~~。

ちゃんとドアをノックしてはいるものの、誰も出てこない…
そして家の中で話しているのが聞こえてくるんだけど、ちょうどあの透を小バカにしたかのような叔母とその息子の発言の時なんですよ。

そして、祖父があの息子をひっぱたいた時に連れて帰ろうって夾が動こうとするのだけど、由希は大切なのは透がどうしたいかだと言って、ふたりはもう少し様子を見ることに…

そして、透が帰りたいって言ったのをしっかり聞いてから家に突入しましたね。

原作コミックでは、ふたりが透の家に向かうことになった経緯などが描かれずに突然由希が目の前に現れます。そしてその後のセリフでそうだったんだ~って多少はわかってくるのですが…

アニメでは、それぞれの思いや行動が詳しく描かれたことで、よりわかりやすくなっているし、お互いがこんなに思い合っているんだ!もう家族だよね!って感じがしてめっちゃ良かったです。

このあと普通に原作と同じように話は進みますが、またオリジナルが追加されています。

それは、透が帰ったあとの本田家のその後の様子。
あの息子は、ずっと「男の子」って何度も繰り返してましたから、よほど美人だとドキッとした由希が男だったことにショックをうけたんでしょうね。

ざまぁ!って思った!!(笑)

フルーツバスケット(アニメ)5話感想ネタバレ まとめ

原作コミック1巻の中でも一番盛り上がって感動するストーリーが、さらにオリジナルシーン追加でパワーアップしてました。

すっごく良かったですよね。
特に、追加されたシーンで、原作を読んでいて思ったことを夾がセリフで言っていたのも気分が良かったし、透の気持ちを何も考えない親族たちとは違って、ギリギリまで透の気持ちを優先しようと待っていたふたりが良かった~~。

あらすじ・感想の各話一覧
フルーツバスケット(アニメ・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

↓次の第6話の感想はこちら

以上、「フルーツバスケット(アニメ)5話の感想ネタバレ!草摩家に帰りたい!」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら