アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

フルーツバスケット(アニメ)6話の感想ネタバレ!家族みたいな花島と魚谷

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

フルーツバスケット6話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第6話「お邪魔させてもらおうかしら」

前回5話は、改装が終わった本田家に透が帰るお話でした。叔母とその息子の態度にあきれましたよね!

そして、無事に草摩家に戻ってきた今回の第6話では、文化祭での様子が描かれています。とうとう花島と魚谷に草摩家に居候していることがバレた!!

では、ここから「フルーツバスケット(アニメ)6話の感想ネタバレ!家族みたいな花島と魚谷」についてまとめます。

スポンサーリンク

フルーツバスケット(アニメ)6話 あらすじ

文化祭が始まりました。

由希は、女装することになってしまい、とても不機嫌。
由希の女装を見ようとする人だけではなく、草摩一族の草摩紅葉と草摩はとりも訪れてきて、透たちのクラスは大騒ぎです。

そんな中、花島と魚谷は、透が由希と親しくしているのが気になります。そして、つきあってたりとか…と花島に言われた透は焦ってしまい、「一緒に住まわせていただいているだけで全然そんなんじゃ…」とうっかりしゃべってしまいます。

それを聞いた花島と魚谷は、同居するに相応しい環境かどうかこの目で確かめたいと、草摩家にお泊りに来ることに…

動画・見逃し配信情報

フルーツバスケット動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

フルーツバスケット(アニメ)6話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、2巻の7話と9話のお話です。

フルーツバスケット 2

フルーツバスケット 2

フルーツバスケット 2

[著]高屋奈月

まずは、原作コミックとの違いから書いてみますね。

今回のストーリーは、飛び飛びで7話と9話がミックスされて描かれていました。個別の内容はほぼ原作どおりなんですけど、1つ大きく違う部分があって、それに連動して他も変更になっています。

大きく原作と違ったというシーンは、花島と魚谷に草摩家に住んでいることを伝えるシーンです。

原作コミックでは、二人にだけは話しておきたいと透が事前に紫呉たちに相談し、透の方から話を切り出しています。しかも時期は文化祭よりも前で、当然ながら自宅を訪問するのも文化祭前です。

ところがアニメでは、文化祭当日に透たちの様子を見て疑問に思った花島と魚谷が透に質問して、うっかり応えてしまったという設定になっています。

そのため、文化祭の振替休日があるから大丈夫だと言いながら、すぐに草摩家を訪問してお泊りということに…

その結果、はとりから呼び出されるシーンも、原作では学校の放送で呼び出されて直接指示されるのに、アニメでは電話がかかってきて呼び出されています。

1つちょっとした違いがあるだけで、全体の流れも結構変わりますね。

漫画を読んでいても、おかしい!と強く思うような違和感はないのですが、ただ透の性格を考えると、うっかりバレたのではなくて、自分からふたりに話したいと切り出す漫画のようにしてもらいたかったな~~。

大好きな唯一の友達だからこそ、黙っておきたくないと考えるのが透だと思うので。

スポンサーリンク

今回のストーリー内容で注目したいのは、まずはタイトル「お邪魔させてもらおうかしら」にあるように、花島と魚谷が草摩家を訪れてお泊りするシーンでしょう。

このふたりって、友達の枠を超えてもう家族とか姉妹みたいなんですよ。心底透のことを大切に思っていて、草摩家に居候しているのを心配しています。

前回のストーリーは、親族に恵まれていないことがよくわかるストーリーでしたから、草摩家の人たちだけではなく、花島と魚谷もまた、透の味方だよってことがわかって良かった!!

ふたりは、透の母・今日子の変わりも兼ねていると言っていいほど、彼女を見守っていきたいと思っているようですから。

そしてもうひとつの注目ポイントは、草摩はとりと慊人の登場ですね。

はとりは草摩家専属の主治医であり、草摩家の秘密を知った時に記憶を消すのもこの人です。この記憶を消すという行為は、一族のためには仕方がないことだったりするわけだけど、過去にも涙なくしては見れないストーリーがあったりします。

これから描かれていくと思いますから、要チェックですね。
個人的に、はとりと紅葉の過去話しに号泣するのは間違いないと思ってます。漫画読むだけで号泣もんですから。

そしてそれ以外にも、はとりは今後幾度となく登場しますし、頼りになる人ですよね。

そして慊人は、チラッと話をしている様子でしか登場しませんが、危険な人物!!色々と訳ありだと思うのだけど、とりあえず由希が紫呉と暮らしているのは慊人が絡んでいるからで、注意すべき人なわけです。

草摩家の面々が登場していくに連れ、ストーリーも複雑化してきますね。誰もが何らかの問題や悩みを持っているので、より面白くなっていきますよ。

そうそう…
紅葉がうさぎに変身しちゃったのは、可愛かったですね!!

フルーツバスケット(アニメ)6話感想ネタバレ まとめ

友達っていいな~~って思えるお話でした。

透はとっても大切にしている帽子があって、花島と魚谷にその話をしている時に夾もその話を聞いていました。

その帽子をくれた人が初恋だと思っている透。
このことが詳しくわかってくるのは、まだ先ですね。

あらすじ・感想の各話一覧
フルーツバスケット(アニメ・漫画)あらすじ&感想まとめ!各話・各巻一覧他

↓次の第7話の感想はこちら

以上、「フルーツバスケット(アニメ)6話の感想ネタバレ!家族みたいな花島と魚谷」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら