アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ゴールデンカムイ1巻あらすじ・感想(ネタバレ注意)埋蔵金の謎とアシㇼパ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

漫画「ゴールデンカムイ」
野田サトル先生の作品で、集英社の週刊ヤングジャンプで連載中の人気コミックです。

「マンガ大賞2016」を受賞!
また、「このマンガがすごい!2016」のオトコ部門2位も獲得しています。

ではここから「ゴールデンカムイ1巻あらすじ・感想ネタバレ!埋蔵金の謎とアシㇼパ」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ1巻のあらすじ

第1話:不死身の杉元
第2話:ウェンカムイ
第3話:罠
第4話:のっぺら坊
第5話:北鎮部隊
第6話:迫害
第7話:脱獄王

一攫千金を夢見て、東京から北海道の山奥に来た杉元佐一。
しかし、砂金・金粒・金塊など、何も見つかりません。

そんな時出会った後藤という中年の男。彼が面白い話をしだしたのです。
アイヌが集めていた金を、ある男がアイヌを皆殺しにして奪ったという話。

北海道のどこかにその金を隠した男は、網走監獄へ収監され、外の仲間に金塊のありかを伝えるために、埋蔵金の在り処を記した暗号を死刑囚たちの体に入れ墨を彫ったというのです。

そして、脱獄に成功したら金塊を半分もらうという約束をした死刑囚たちは、欲をかいた屯田兵のおかげもあって、無事に監獄から脱獄することに成功。
そして今もなお、誰も脱獄囚は捕まっておらず、金塊の行方もわからないと・・・

ホラかと思った杉元ですが、その後その話が真実だとわかるのです。
その中年男こそが、脱獄囚だったから。

ヒグマに襲われて死んでいたその男の入れ墨をみて確信した杉元ですが、そこでヒグマに襲われそうになった時に、アイヌの少女のアシㇼパと出会います。

皆殺しにされたアイヌの中に自分の父もいたというアシㇼパ。
父の仇をとるためにも、アシㇼパは杉元の手助けをして埋蔵金と入れ墨の囚人を探す旅に出ることにします。

そして、早速囚人のひとりと出会って・・・

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ1巻の感想ネタバレ

(ここからネタバレにご注意ください)

1巻は、杉元とアシㇼパの出会いと、一緒に旅に出る決意をし、お互いを信頼し始めるということがメインのストーリーになっています。

そのため、ふたりがどんな生活をしてきて、どんな性格なのかがよくわかります。
この1巻を読んだだけで、この先面白そうって匂いがぷんぷんですね(笑)

それは、キャラがとっても好感度高いんですよ。
杉元は、強いんだけど、戦っていない時はとても優しい男で、アシㇼパは少女なのに凛とした強さがあって頼りになる・・・でも幼さも残っていて可愛い・・・

戦い方とか食事の仕方がアイヌに伝わる方法になるので、そういう目新しさみたいな面白さもあります。

そしてふたりが埋蔵金を探す目的も、ただ金持ちになりたいなどという軽いものではなくて、大切な人のためにという根本がある立派な理由になっています。
だから、まだ始まりだというのに、結果がどうなるのか気になってしかたがない!

この巻で登場してくる他の人物は、第七師団の凄腕の狙撃手・尾形百之助、脱獄王の白石由竹、土方歳三、鶴見中尉でした。

白石は当然ながら逃げようとするわけだけど、杉元と一緒に死にそうになって分け前をもらう約束で協力することにし、色々と情報を提供してくれます。

尾形百之助は、杉元たちが発見した囚人を遠くから狙撃して殺し、杉元と戦った時に冬の川に落ちてしまいます。

土方歳三は話の中で出てきただけだし、鶴見中尉は最後に顔のアップだけでしたけど、今後この人達が重要人物として何かやるんだってことはすっごくわかったのでインパクとありますよ。

特に土方歳三と言えば、「鬼の副長」と言われた元新撰組副長で、実在する人物ですからね・・・何をやらかしていくのかはとっても興味があります。

個人的には、尾形百之助に注目でした。
というか、最初に読んだ時は第七師団のひとりってぐらいしか思っていなかったのだけど、あとからすごく絡んで仲間っぽく一緒に行動するようになるので、読み返した時にびっくりでした。えっ・・・ここで登場してたっけ?みたいな(笑)

そう思うと、この第1巻でも、単独行動をしていたとあるので、何かしらこの時から色々考えていたんですよね。

この巻で好きなシーンって言うと、やっぱりチタタㇷ゚のシーンかな・・・
今後何度も登場するチタタㇷ゚の説明があるシーンで、リスの脳みそを勧められて何とも言えない顔で食べる杉元と、それをすごい顔して見ているアシㇼパ。

そして、食事に感謝する言葉「ヒンナ」もここから毎回出てきます。
私もずっと一気に読んだ時は、時々食事食べながら「ヒンナ」とか言っちゃったもんな~~(笑)

ここから始まるっていう1巻でありながら、かなり中身の濃いお話でした。

ゴールデンカムイ1巻の感想ネタバレまとめ

壮大な北海道で、自然と賢く生きてきたアイヌの生活。
そこに埋蔵金の話が加わってくるので、なんとも壮大で、スケールが大きいって感じがする漫画です。

グルメありサバイバルあり・・・
読む前の印象とはだいぶ違って、読み出すとハマってしまう漫画です。

1巻では、メインとなる杉元・アシㇼパの他、これから大きく関わってくる白石・土方・尾形・鶴見中尉が登場。

今後を期待させてくれる流れで、面白いですよ。

あらすじ・感想の各巻一覧
ゴールデンカムイの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ中

↓次の第2巻の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ1巻あらすじ・感想ネタバレ!埋蔵金の謎とアシㇼパ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら