アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ゴールデンカムイ5巻のあらすじ・感想ネタバレ!重大事実発覚!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

漫画ゴールデンカムイ5巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)をご紹介いたします。

まずは前回4巻までの復習から。

白い狼レタㇻを撃ちたいと狙っている二瓶鉄造と谷垣源次郎。
アシㇼパを人質として捕まえた谷垣は、移動の途中で罠にハマって毒の矢が足に刺さってしまいます。

二瓶は彼をその場に置いたまま、アシㇼパを連れてレタㇻをおびき出すことに成功!
しかし、逆にレタㇻのつがいのメス狼に襲われてしまいます。

ではここから「ゴールデンカムイ 5巻のあらすじ・感想ネタバレ!重大事実発覚!」についてまとめます。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ5巻のあらすじ

第39話:ニシン漁と殺人鬼
第40話:ニシン御殿
第41話:煌めく
第42話:レプンカムイ
第43話:シンナキサラ
第44話:狙撃
第45話:マタギの谷垣
第46話:刑罰
第47話:イトウの花
第48話:キロランケ

土方歳三の居所を探しに来た白石由竹は、彼らに捕まった結果協力することにします。
そして、殺人鬼と言われている辺見和雄の刺青人皮をお使いさせられることに・・・

そんなことを知らない杉元とアシㇼパは、白石の情報を元にニシンの漁場に向かいます。アシㇼパの叔父がニシンを追ったクジラを捕まえるために海岸に行っていて、その囚人に狙われないか心配だったからです。

クジラ漁の最中、船から落ちた男を助けた杉元とアシㇼパは、彼からニシン御殿を案内されたり食事をごちそうになったりします。しかし、その男こそが辺見和雄だったのです。

ニシン御殿には第七師団も現れ、鶴見中尉と鉢合わせした杉元はその場から辺見と逃げ出すのですが、その様子を見ていた白石が杉元にその男が辺見だということを教えます。

今度は辺見との戦いになる杉元・・・

一方その頃、コタン村で静養していた谷垣源次郎は、無駄飯ばかり食ってられんと働きだしていました。

そしてひと仕事終えて村に帰ると、そこにいたのは第七師団の尾形百之助と二階堂。

一度谷垣と接触した尾形たちは村を離れ、遠くから谷垣の命を狙います。彼らは鶴見中尉を裏切っていて、真面目な谷垣の口からそのことがバレないように命を狙ってきたのです。

果たして谷垣の命は!?

最後に、新たな人物も登場!
彼はアシㇼパにとって重要でショックな出来事を伝えにきたのでした。

ゴールデンカムイ5巻の感想ネタバレ

(ここからネタバレにご注意ください)

この第5巻は、途中から今後に関わる重大なことが描かれています。

まずは、谷垣源次郎・尾形百之助・鶴見中尉の関係ですね。
谷垣はもともと真面目な兵士なので、鶴見中尉を裏切ろうというような考えはありません。でも、杉元たちと戦った時に一緒で死んだ玉井伍長たちは造反者でした。

尾形百之助と二階堂は、谷垣に鶴見中尉を出し抜こうという話をした玉井伍長が、返り討ちにあったのだと思っています。実際は、あの時谷垣はアシㇼパを追っていたため、玉井伍長の死とはまったく関係がないのですが・・・

そして、谷垣がケガが治れば鶴見中尉に報告してしまうだろうと思って、その前に口封じをしようとしたわけです。

しかし、そこに鶴見中尉も登場。
造反組をずっと追っていたのです。そして二階堂はつかまったわけだけど、彼はもう造反とかそういうのはどうでもよくて、ただただ双子の兄弟を殺した杉元を殺したいだけ。そのため、またすぐに鶴見中尉に寝返ります。

これで、谷垣源次郎・尾形百之助・鶴見中尉の関係がハッキリ決まりましたね。もう尾形が造反者だということは鶴見中尉にバレていることがお互いハッキリわかったので、もう谷垣と尾形は敵対する理由がありません。口封じの必要がないですからね。

そして谷垣は、尾形が彼を狙ってコタン村に行ったことを他の尾行兵士が報告に行っていることから、造反者ではなかったと鶴見中尉も知っているはずなので、今後は第七師団に命を狙われることはないということになります。

この関係性は、今後の流れに大きく関わってきます。
それは、谷垣はもちろん尾形も杉元陣営に加わってくるからです。

スポンサーリンク

そしてもう一つの重要なポイントは、キロランケの登場!
彼は、アシㇼパの父の昔の友人で、元第七師団の兵士でした。第七師団とは言っても、鶴見中尉の小隊ではありません。

そんな彼は、アシㇼパに伝えたいことがあって待っていたわけです。

キロランケがアシㇼパに伝えた内容が重大すぎる!!

今までアシㇼパが杉元と一緒に刺青人皮を探していたのは、父親の仇をとるような意味合いがあったのだけど、その目的がガラッと変わってしまうというほど大衝撃の事実です。

これをここで書いちゃうと面白さが半減してしまうので、是非この第5巻を読んでみてください。

そして、この衝撃事実のために、土方歳三もアシㇼパを探しているのです。

アシㇼパは、事実を知るためにのっぺらぼうに会うと言い出し、網走監獄に忍び込んで接触を試みるという話に・・・

実際に動き出すのは次の巻以降ですが、ここまでかなり内容が濃いのではないでしょうか?

なんだか中盤からこういうすごいネタが出てくると、前半の殺人鬼・辺見和雄の話をうっかり忘れてしまいそうですが、この事件もまた杉元陣営・土方陣営・鶴見陣営の関わりがちょっと垣間見えた感じでした。

杉元に殺されたがっていた辺見は、杉元に致命傷は与えられたものの、最後の最後にシャチに殺されます。そしてそのシャチを使って逃げるところを、追っていた鶴見はもちろん土方も見ています。

そして、杉元がアイヌとつるんでいることや不死身の杉元と言われる彼の存在を知ることになるわけです。

それにしても、辺見は変態でしたね・・・
う~~ん・・・どうも好きになれないタイプでした。

連続殺人犯でありながら、本当は自分が抗いながら強く激しく煌めいて死にたいという人。シャチに吹き飛ばされて死んでいった様子は、ここって笑うべき?と思うような描き方でしたね(笑)

ゴールデンカムイ5巻の感想ネタバレまとめ

網走は今いる小樽からは遠いため、しばらくは目的地に向けて色々な人達と出会いながら進んでいくことになりますね。

かなり個性的なキャラが登場してくるので、楽しみにしていましょう。

あらすじ・感想の各巻一覧
ゴールデンカムイの感想ネタバレ総集編!各話・各巻あらすじ一覧他

↓次の第6巻の感想はこちら

以上、「ゴールデンカムイ 5巻のあらすじ・感想ネタバレ!重大事実発覚!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら