アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

はたらく細胞(アニメ)13話の感想ネタバレ!最終回!一生懸命な細胞たち

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

とうとう最終回!!
はたらく細胞13話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

はたらく細胞第13話「出血性ショック(後編)」

まずは、前回12話の復習から。

迷子ばかりの赤血球もとうとう先輩になりました。
そして新人赤血球の教育係をすることに!!

しかし、赤血球の前に現れた新人はとっても優秀で、何を教えればいいのかわからないような状況。そして、失敗ばかりしてしまいます。

そんな時に、急に大事故が発生!!
体が生命に関わるような傷を負ったのです。

では、ここから「はたらく細胞(アニメ)13話の感想ネタバレ!最終回!一生懸命な細胞たち」についてまとめます。

スポンサーリンク

はたらく細胞(アニメ) 13話 あらすじ

体が大ダメージを受け、多くの赤血球が体外へ飛ばされてしまいました。
酸素を運ぶ赤血球が足りず、体中のあちこちが酸欠状態になっていきます。

必死で酸素を運ぶ赤血球を助けようと血圧を上げたものの、それがさらに赤血球を減らしてしまうことに・・・

いつも迷子になるあの赤血球は、細胞が死なないようにと新人を連れて必死で酸素を運び続けます。

しかし、大量出血のために体温低下となり、ひどい吹雪状態。
新人赤血球は、出血性ショックでこの体はもうダメなのだとあきらめてしまうのですが、それでも赤血球は酸素を運ぶと言い、さらに進もうとします。

もうこれ以上歩けないと倒れた時に現れたのは・・・

はたらく細胞(アニメ) 13話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻の第18話のお話です。

はたらく細胞(漫画) 4巻の感想ネタバレ!あの赤血球が新人教育!?

悲しいな~~~。
とうとう最終回になってしまいました。

出だしは、前回の出血性ショック前編で緊急事態が発生したシーンと、白血球が走り回っているシーンから始まっています。
そのあとから、原作漫画の18話出血性ショック後編のストーリーになっていきますね。

今回のお話は、基本的に原作の漫画と同じ。
ただ、少々アレンジされています。

アレンジされているというのは・・・

まずは赤血球と新人さんが必死で何度も往復して血液を運んでいる様子が描かれています。大変な思いをしてがんばっているんだってことがすっごくわかります。

そしてあとは、原作の漫画では描かれていない細胞が描かれていることです。
新人が、赤血球に向かってもう無駄だと言った後、赤血球は細胞を死なせないために歩き続け、他の細胞たちもがんばっている様子を思い出してるんだけど、そこで漫画にはない細胞たちが出てきます。

最終回なので、今まで登場してきた細胞たちが勢揃いって感じです。

そして、最後には漫画にはない細胞たちが元気に働いているシーンが追加され、そこにも細胞たちが登場。どのキャラも愛嬌があるので嬉しいですね、やっぱり。豪華な感じもするし。

とにかく赤血球が熱いハートでがんばったというお話ですごく良い内容なんだけど、正直言うともっと白血球がたくさん登場してくるようなお話が最終回だったら良かったのに・・・とも思ってしまいます。ここまで赤血球と白血球のペアみたいなイメージもありましたから。

ただ、今までどちらかというと失敗が可愛いってイメージだった赤血球が頼りになると思えるほどがんばっていたのが最終回というのも、ありかな。それに、全員のキャラを登場させやすいお話だったので良かったのかもしれませんし。

新人赤血球もいい子で良かったですね。
めっちゃ頭が良さそうな子だったけど、ハプニングには慣れていないから、頭が良い分現状を把握しちゃってもうダメだとあきらめます。

その時に、「後輩にカッコイイところを見せようと思って意地はってガンバってるだけなんでしょ!?」なんて八つ当たり発言もするんだけど、まぁそれは普通ですよね。こんな状況なら。

それどころか、ここまで文句も言わずによくがんばったとか思いますよ。
最後には、謝罪&お礼を言って、赤血球の良いところを認めていましたし。

そして、メインの赤血球は最高に良かった!!
彼女らしさがより出ていたというか、この漫画の良さが出ていたというか・・・

いつもはハラハラ心配しちゃうような彼女が、凛として職務を全うする姿は感動もの♪

赤血球が倒れるシーンは、ホロッとするほどちょっとシリアスなんだけど、そのあとは急に雰囲気がガラッと変わります。輸血されたことで体内に来た赤血球たちと会ったわけだけど、かなりなまっていてなんだかほのぼのしてます。

はたらく細胞(アニメ) 13話感想ネタバレ まとめ

はたらく細胞は、アニメがスタートしたと同時に、かなり話題になりました。

もともと漫画を読んだ時から、こういう漫画は子どもの授業にいいんじゃない?とか思っていたんだけど、そういう意味でもこれからさらに広まっていきそうです。そして、漫画はもちろん舞台などさまざまなところでこれからも見ることができますよ。

アニメはと言うと、今回のお話が4巻の内容でしたが、原作漫画は現在最新巻が5巻ということで在庫不足で終了したのでは?

ここまで話題になっていれば、また原作の在庫がたまれば2期も期待できそうだと思いませんか?

実際、アニメ終了後には、こんなメッセージがイラストとともに放送されていました。

「細胞たちは、あなたのために一生懸命。いつかまた会う日まで、ばいばい菌だ!」

私も、2期のアニメ化決定を期待して待っています。

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「はたらく細胞(アニメ)13話の感想ネタバレ!最終回!一生懸命な細胞たち」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら