アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

はたらく細胞のあらすじ・感想ネタバレ総集編!各話・各巻一覧他

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

あの大人気漫画「はたらく細胞」がアニメ化されて以降話題沸騰がおさまりません!
2期も制作決定!!

はたらく細胞は、清水茜先生の細胞擬人化漫画です。

最近は、勉強するための本が漫画になっていることも多いですが、文章だと難しいことでも、漫画で表現されるとわかりやすくなりますよね。

まさにこの「はたらく細胞」も、笑いながら勉強できちゃうような漫画です。

スポンサーリンク

アニメ:はたらく細胞あらすじ・感想各話一覧

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

原作漫画:はたらく細胞あらすじ・感想各巻一覧

はたらく細胞基本情報

身体の仕組みがわかる漫画が待望のアニメ化!

2018年7月7日(土)放送開始!
TOKYO MX 毎週土曜24:00~

その他放送局:とちぎテレビ・群馬テレビ・BS11・MBS・テレビ愛知・北海道放送・RKB毎日放送

2期も制作決定!!

スタッフ

  • 原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
  • 監督:鈴木健一
  • シリーズ構成:柿原優子
  • 脚本:柿原優子・鈴木健一
  • キャラクターデザイン:吉田隆彦
  • 細菌キャラクターデザイン・プロップデザイン・アクション作画監督:三室健太
  • サブキャラクターデザイン:玉置敬子
  • 総作画監督:吉田隆彦・玉置敬子
  • 美術監督:若林里紗 (アトリエPlatz)
  • 美術設定:曽野由大・橋口コウジ
  • 色彩設計:水野愛子
  • 撮影監督:大島由貴
  • 3DCG監督:中島 豊
  • 編集:廣瀬清志 (editz)
  • 音響監督:明田川仁
  • 音響制作:マジックカプセル
  • 音楽:末廣健一郎・MAYUKO
  • プロデュース:高橋祐馬
  • アニメーションプロデューサー:若松 剛
  • アニメーション制作:david production
  • 製作:アニプレックス・講談社・david production

オープニングテーマ:「ミッション!健・康・第・イチ」

エンディングテーマ:「CheerS」/ClariS

キャスト

赤血球:花澤香菜


 
白血球(好中球):前野智昭


 
血小板:長縄まりあ


 
好酸球:M・A・O


 
好塩基球:杉田智和


 
マクロファージ:井上喜久子


 
樹状細胞:岡本信彦


 
ヘルパーT細胞:櫻井孝宏


 
制御性T細胞:早見沙織


 
キラーT細胞:小野大輔


 
ナイーブT細胞:田村睦心


 
B細胞:千葉翔也


 
記憶細胞:中村悠一


 
マスト細胞(肥満細胞):川澄綾子


 
NK細胞(ナチュラルキラー細胞):行成とあ

  • エフェクターT細胞:乃村健次
  • 白血球(2048):佐藤健輔
  • 白血球(2626):柳田淳一
  • 白血球(4989):熊谷健太郎
  • 先輩赤血球:遠藤綾
  • 肺炎球菌:吉野裕行
  • 黄色ブドウ球菌:中原麻衣
  • カンピロバクター:小林大紀
  • 化膿レンサ球菌:松風雅也
  • 緑膿菌:北沢 力
  • 細菌:福島 潤
  • 腸炎ビブリオ:山本 格
  • 一般細胞:石田 彰
  • ナレーション:能登麻美子ほか

はたらく細胞について

はたらく細胞 1巻

はたらく細胞 1巻

はたらく細胞 1巻

[著]清水茜

この漫画は、人間の細胞が体の中でどんなことをしているのかをわかりやすく・面白く描いた漫画です。

毎回、病気やケガなどのテーマが変わるので、メインで紹介される細胞は変わっていきますね。
インフルエンザ・すり傷・花粉症など、誰もが一度は経験していそうな病気が出てくるので、非常に興味深いです。

毎回登場する主人公は赤血球と白血球(好中球)のふたり。

病気やケガの場合、体外から細菌やウイルスなどが侵入してくるので、敵(抗原)と白血球が戦います。そして新人で知識のない赤血球が、トラブルに巻き込まれたりしながら色々と知識を得ていくという感じ。

戦う白血球は、好中球だけではありません。
白血球って、マクロファージとかキラーT細胞とか、すごく種類があるんです。

作品の中で説明があるのでわかると言えばわかるんだけど・・・
正直言って、最初は雰囲気だけ面白さを楽しんで、実はよくわかっていない!なんてこともあるかも。

実際私も、このアンガは読んでいたしアニメ化が発表された時からすっごく楽しみにしていたんだけど、途中4話放送ぐらいまでは記事にしようとは思っていませんでした。

だって、専門用語が多くてね~~~。
ちゃんと正しい情報を記事に書こうと思うと多少は基礎知識を勉強しないと無理だし、毎回1記事に何時間も時間をかけてじっくり書く私にはキツくてダメだと思ってました。

でも、娘のひとことで当サイトでも記事に書くことに!!

娘に、同じように難しいと思っている人がわかりやすいように記事にしてみれば?って言われたので。それはそうか・・・と納得。

ということで、勉強しましたよ~~~!!
はたらく細胞の公式コミックガイドも買って読んでみました。

はたらく細胞 公式コミックガイド

はたらく細胞 公式コミックガイド

はたらく細胞 公式コミックガイド

[著]清水茜 : シリウス編集部 : 講談社

今のところ、免疫細胞についてまとめています。
白血球はまさに免疫細胞なので、この関係性や働きがわかれば、ぐっと作品を楽しむことができますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら