アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

はたらく細胞(漫画) 1巻のあらすじ感想ネタバレ!赤血球と白血球

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

はたらく細胞(漫画) 1巻のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

お話の舞台は、なんと人の体内!
清水茜先生の細胞擬人化漫画です。

私たちがよく知っている病気の時に、身体の中はどうなっている?
いつもなら難しくてよく知らない細胞の働きを、楽しく理解できる漫画です。

では、ここから「はたらく細胞(漫画) 1巻のあらすじ感想ネタバレ!赤血球と白血球」についてまとめます。

スポンサーリンク

はたらく細胞(漫画) 1巻 あらすじ

はたらく細胞 1巻

はたらく細胞 1巻

はたらく細胞 1巻

[著]清水茜

第1話:肺炎球菌
第2話:スギ花粉アレルギー
第3話:インフルエンザ
第4話:すり傷

肺炎球菌・スギ花粉症・インフルエンザにすり傷!
誰もが知っているこれらの病気の時、体の中ではどんな戦いが起きているのか?

赤血球・白血球・血小板・B細胞・T細胞などなど、24時間365日働き続ける細胞たちのお話です。

第1話:肺炎球菌
突如体内に侵入してきた肺炎球菌。
新人の赤血球は、迷子になっている時に、肺炎球菌と会ってしまって、白血球に助けてもらいました。

しかし、逃げていた肺炎球菌とまたバッタリ会ってしまい・・・

第2話:スギ花粉アレルギー
今年もきたスギ花粉!
病気の原因になるわけではないから無害なのですが、記憶細胞は代々伝わる言い伝えがあるとパニックしてます。

それは、大噴火・地殻変動・大洪水が一気に起こるという大災害に見舞われるという言い伝え。

そして記憶細胞が言ったとおりのことが起こり始めて!?

第3話:インフルエンザ
ナイーブT細胞は、インフルエンザウイルスに感染してしまった一般細胞と会いますが、弱い彼は何もできません。

何もできずに逃げ出したナイーブT細胞は、樹状細胞に出会うのですが、そのことが彼を大きく変えることになります!

第4話:すり傷
すり傷ができて、赤血球たちは体外へ流され出てしまう!!
そして、黄色ブドウ球菌など大量の細菌も侵入してきます。細菌たちは免疫システムのことを理解していて、他の白血球が到着する前に好中球さえ早く始末してしまえば、こっちのもんだと思っています。

しかし、細菌が見落としていた強力な助っ人がいたのです。

スポンサーリンク

はたらく細胞(漫画) 1巻 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

最初から最後まで面白い~~~。
やはりこの巻は最初の巻なので、赤血球と白血球をまず知ろうって感じです。

出だしの肺炎球菌のお話は、この漫画のことがわかるような説明から、基本的な細菌の話がわかるような内容でした。
シンプルに抗原を白血球がやっつけるって話でしたよね。
赤血球と白血球(好中球)がメインのお話。

2話目の花粉症は、リアルで言えば、ヘルパーT細胞・B細胞・マスト細胞が過剰反応しちゃったよって話なんですが、体内の中ではみんな真面目に働いているのに、どうすりゃよかったんだって感じ。

それを記憶細胞が予言してパニックしている形で面白おかしく描かれています。

3話目は、樹状細胞ってすごいわ~!ナイーブT細胞を活性化させてエフェクター細胞にしちゃうのねって話。

そして、強い戦士たちがみんな登場してくる回でもあります。
マクロファージは、あの見た目に反してあの殺傷能力すごすぎ!!

でも、最後はインフルエンザ恐るべしって感じで終わっていて笑えます。

4話目のすり傷は、血小板がかわいすぎる・・・
ひたすら可愛いと言いつつ読んでました。

身近な誰でも知っている病気に関するお話だから、違和感なく受け入れられますね。
というか、めっちゃ夢中になっちゃう!!

どのお話もすごく面白かったんだけど、一番好きなのは花粉症かな。

この作品だけは、敵をやっつけるというよりは、自分たちでドタバタしているような感じだから、細胞が面白おかしくやたらと可愛く見えます。

あの記憶細胞の顔が最高ですよね。
言い伝えってことは、自分では経験したことがないことなわけで、恐怖でパニックしているのを笑いつつ読んでました。

この作品は、読む人によって何が一番面白いのかっていうのは本当に変わってくると思うので、ぜひ読んでみてくださいね。

はたらく細胞(漫画) 1巻 感想ネタバレまとめ

個人的に清水茜先生の絵がめっちゃ好きです。

白血球はすごくかっこよくて私の好みにピッタリ!
血小板はめっちゃかわいいし・・・

以上、「はたらく細胞(漫画) 1巻のあらすじ感想ネタバレ!赤血球と白血球」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら