アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

風が強く吹いている(アニメ)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

実写化もされていた三浦しをん先生の小説「風が強く吹いている」が、アニメ化されることになりました。

テーマは箱根駅伝。
無名の寛政大学陸上部が箱根駅伝出場を目指してがんばります!

スポンサーリンク

アニメ:風が強く吹いている各話一覧

風が強く吹いている 基本情報

動画・見逃し配信情報

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

スタッフ

  • 原作:三浦しをん「風が強く吹いている」
  • 監督:野村和也
  • シリーズ構成・脚本:喜安浩平
  • キャラクターデザイン:千葉崇洋
  • キーアニメーター:高橋英樹 向田 隆
  • 音響監督:菊田浩巳
  • 音楽:林ゆうき
  • アニメーション制作:Production I.G
  • 企画協力:新潮社

1クール目:オープニングテーマ:

UNISON SQUARE GARDEN「Catch up, latency」

1クール目:エンディングテーマ:

向井太一「リセット」

2クール目:オープニングテーマ:

Q-MHz feat. 日高光啓 a.k.a. SKY-HI「風強く、君熱く。」

登場人物・キャスト

蔵原 走(カケル):大塚剛央
寛政大学社会学部1年。
走るのが得意で、お金もなくむ家もなくて困っていた時に、その走りを見たハイジに声をかけられて竹青荘に入居します。


 
清瀬 灰二(ハイジ):豊永利行
寛政大学文学部4年。
竹青荘で炊事はもちろん母親のように他の学生の面倒を見ていましたが、彼には壮大な計画があり、みんなを巻き込んでいきます。


 
杉山 高志(神童):内山昂輝
寛政大学商学部3年。
竹青荘の中で唯一彼女もち。神童というあだ名は、子どもの頃に神童と呼ばれていたため。


 
柏崎 茜(王子):入野自由
寛政大学文学部2年。
見た目はまるで王子様のような漫画オタク。床が抜けてしまいそうな漫画に埋もれて暮らしています。


 
城 太郎(ジョータ):榎木淳弥
寛政大学政治経済学部1年。
双子の城兄弟の兄。高校時代はサッカーばっかりだったので、大学では女の子とたくさん遊びたいと夢見ています。弟よりしっかりしていたいと考えています。


 
城 次郎(ジョージ):上村祐翔
寛政大学政治経済学部1年。
双子の城兄弟の弟。高校時代はサッカーばっかりだったので、大学では女の子とたくさん遊びたいと夢見ています。兄は自分がいないとダメだと思っています。


 
岩倉 雪彦(ユキ):興津和幸
寛政大学法学部4年。
司法試験に一発で合格した秀才ですが、それでホッとしたのかクラブに通って遊びまくっています。


 
ムサ・カマラ(ムサ):株元英彰
寛政大学理工学部2年。
タンザニア出身の国費留学生で、穏やかな性格。争うのが苦手で、スポーツもあまり得意ではないものの、体はしっかりできています。


 
坂口 洋平(キング):北沢 力
寛政大学社会学部4年。
雑学が得意な自称クイズ王。就活が大変で苦労しています。


 
平田 彰宏(ニコチャン):星野貴紀
寛政大学理工学部3年。
超ヘビースモーカーの最年長。IT関連の在宅ワーカーをしているので、卒業しなくても生活はできるほど。

勝田葉菜子:木村珠莉
竹青荘の近所の商店街にある「八百勝」の娘

田崎源一郎:中村浩太郎
竹青荘の大家であり、寛政大学陸上部の監督。
実は陸上界の名コーチでもあります。

ニラ
田崎源一郎が飼っている犬。ハイジに懐いています。


 
榊浩介:河西健吾(下記画像左)
東体大長距離陸上部の1年生。
高校時代にカケルと同じチームで、彼に執着して敵対心を持っています。

藤岡一真:日野聡(下記画像右)
箱根駅伝三連覇中の六道大学の主将でエース。ハイジのことをよく知っています。

風が強く吹いているのあらすじ

清瀬灰二(ハイジ)は、銭湯の帰りに万引きをして追いかけられている男・蔵原走(カケル)を見かけます。その走りを見たハイジは彼をおいかけ、声をかけます。

「なあ、走るの好きか!」

そして、お金も住むところもなくて困っていたカケルは、ハイジに誘われて竹青荘という寛政大学の学生寮に入りました。

個性的な面々が揃っている竹青荘。
カケルの歓迎会が行われている中、突然ハイジが驚くことを言い出します。

みんなで箱根駅伝に出場するのだと・・・

風が強く吹いているの感想

小説が原作の作品ですね。

私は文字が苦手なので小説は読まないのですが、実写化された映画は過去に見ていて、面白いな~って思っていたんですよね。ちょっと地味な映画にも思えましたけど・・・

ストーリー的には、駅伝の経験なんてまったくなくて、自分が陸上部に入れられていたことさえ知らなかったメンバーたちが、お互いに励まし合いながら予選を勝ち抜き、本戦でがんばるというお話。

メンバーの中で経験者はハイジとカケルだけ。
ふたりとも過去に辛い思い出を持っています。ハイジは怪我・カケルは暴力事件。

明るく前向きなハイジは、怪我を乗り越えて最後のチャンスの年に、箱根駅伝に出ることを目標にずっと計画を練っていたわけです。

アニメの第1話を見ても思ったんだけど、ハイジのキャラはいいですね~~。
あっけらかんと明るくしているようで、しっかりものでもあり、心の中にはすっごく熱い闘志を持っています。

カケルは、心を開くまではなんだこいつって感じもあるかもしれません。だって、万引きしても平気な顔してましたよ?やけっぱちだったのかもしれませんね。

ちなみに映画では、カケルの万引きではなくて、ハイジがカケルを食事をおごると誘って、無銭飲食するって内容でした。まぁ、これは最初から本気で走るカケルを見たいから、こっそり店の娘に協力依頼をしてあったんですけど。

その他のキャラもかなり個性的で、彼らがこれからどのように真剣に駅伝に向き合っていくのか・・・

ライバル校も登場してくるでしょうし、メンバーそれぞれの悩みと頑張り、そして夢をつかんでいく様子が見れるかと思うとワクワクします。

以上「風が強く吹いている(アニメ)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら