アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

風が強く吹いている(アニメ)10話の感想ネタバレ!灰二の過労で得たこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

風が強く吹いている10話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

風が強く吹いている第10話「僕たちの速度」

まずは、前回9話の復習から。

走(カケル)は王子に対して、記録が出せないなら辞めてほしいなどと厳しいことを言い、王子との関係は良くありません。また、ニコチャンは減量しようと食事を残していて、無理をしている様子。

灰二(ハイジ)は、監督・コーチ・マネージャー・寮長をこなしながら、3人のことも気を使ってフォローしていきます。

その後行われた記録会には5名だけが出場。
不満を持っていた走でしたが、初めて仲間たちが走る様子を見てハッとします。

では、ここから「風が強く吹いている(アニメ)10話の感想ネタバレ!灰二の過労で得たこと」についてまとめます。

スポンサーリンク

風が強く吹いている(アニメ) 10話 あらすじ

突然過労で倒れてしまった灰二。
竹青荘の面々は、いかに灰二に頼っていたのか、改めて実感させられます。

そして翌日、神童が代理キャプテンを選ぼうと提案します。
しかし、誰もが嫌がり・・・
そんな中、走だけがやってもいいと言い出します。

代理キャプテンになって、走は王子を理解しようと思い、漫画を借りることに・・・そして、王子の走る時のフォーム改善について、ある発見をします。
お互いを理解しようと、一緒に練習したり漫画を読んだりするふたり。

王子の走りは、徐々に変わっていき、とうとう記録会で・・・

風が強く吹いている(アニメ) 10話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

いや~~~!!待ってましたって感じですよ。
マジで、この回を待ってました。チームがひとつになる時が来ましたよ!!

きっかけは、やはり灰二が過労で倒れたこと。
監督・コーチ・マネージャー・寮長をひとりでやっていたわけだから、改めてメンバーたちは灰二の凄さを知り、その半面でまかせっきりにしていたことや心配かけていたことを反省します。

走と王子も、ニコチャンにお互い和解するように言われたのだけど、灰二が心配するほど不器用なふたりですから、そうそううまく和解することもできませんし、そもそも和解する気持ちになれません。

スポンサーリンク

そんな時に神童が言い出した代理キャプテンの話。
さすがに神童は良いこと言い出しますね~~。今まで灰二以外にリーダー的存在はいなかったし、いくらすぐに灰二が復活するとは言っても、不在の際にまとめられる人材はいた方がいいですからね。

そして、これをきっかけに、まずは走が変わっていきます。

最初はただ、王子をほっとくとどんどん遅れるし、タイムが上がってきている皆の足をひっぱってほしくないから、灰二のように一緒について走るんですよ。そこで初めて、ちゃんと王子の走りを見たんですよね。

そして、王子に言われます。

僕の速度で話してよ

そうそう、その通り!
走は、自分の目線でしか見てないんですよ。

体力があるとか運動が好きとか、人によって持って生まれたものは違うわけで、できる人がその立場であれこれ言ったって、できない人には伝わらないし同じようにできっこありません。

そして、その話を聞いた灰二もまたいい事を言いました。

王子だけじゃない。みんながお前の後ろを走ってるんだ。
カケルが振り向かない限り、その位置からみんなが見えることはない。
誰が、どこを、どんなふうに走っているのか…

そのセリフのあとに、走はこの間の記録会のことを思い出しますが、あの時灰二は、みんなの走りを見せてこのことを気づかせたかったんでしょうね。

これで走はまるで生まれ変わったかのように、王子を知ろうと思うわけです。

ここからは、めっちゃ良かったですね~~。
不器用なふたりが、一緒に練習して、一緒に漫画を読んで・・・
なんだか、もうここで泣きそうでしたよ(笑)

そして、もっとも感動したのは、記録会のシーンですね。
王子は、フォームを改善してかなり頑張って走っているんだけど、だんだんフォームが崩れちゃうんですよ。

一緒に走っている走は、逆に最高タイムを出しそうな勢いで走っています。

だけど、次に追い越すという時、走が王子のフォームを元に戻そうとして、減速して立ち止まって王子を励ますという・・・

あの速さにばかりこだわっていた走が、タイムを気にせず王子のために立ち止まったんですよ!すごい!!

そして、それに王子も答えようとして、最後までフォームを維持して初めて30分というタイムを切ります。29分26秒という記録は全然早くもないけど、彼らにとってはすごい記録でした。

周りの人たちが、何がすごいのか理解できない中、王子を胴上げして終わったシーンは最高でしたね。

風が強く吹いている(アニメ) 10話感想ネタバレ まとめ

葉菜子ちゃんの料理シーンには笑わされましたね。
あのドロドロとした料理・・・臭そう・・・

彼女はあまりにも可愛いし良い子だから、誰も料理がひどいって言えないんでしょうね(笑)
父親も泣いて食べてるらしいですし。

でもここで、妙に走と王子は気が合う…というか、すごく似ていることもわかりました。
ふたりして味オンチ。そして、最後には漫画をめくるスピードも同じでした。

もともと、好きなことに一生懸命で周りが見えなくなっちゃうところなども似ているんですよね。片や漫画オタクで片や陸上バカですから。

次回は「こぼれる雫」
チームがまとまったから、今までとは違った楽しみ方ができそうです。

あらすじ・感想の各話一覧
風が強く吹いている(アニメ)のあらすじ・感想ネタバレまとめ!

↓次の第11話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「風が強く吹いている(アニメ)10話の感想ネタバレ!灰二の過労で得たこと」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら