アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

声ガールの9話のあらすじ感想ネタバレ!まさかのオーディション結果

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ドラマ声ガール!のあらすじと感動(ネタバレ注意)をご紹介します。
第9話「声ガールズ解散危機」

まずは、前回第8話の復習から。

注目の新人として人気があがっている栗山麻美(中村ゆりか)は、イハラオフィスから声優を連れて移籍した小笠原久美(青木さやか)に声をかけられます。

イハラオフィスにいるのはもったいない、来年にはあそこの声優部はなくなると言うのです。

良い条件を提示され、声優としてトップを目指したい麻美は移籍することに決めるのですが・・・

ここから「声ガールの9話のあらすじ感想ネタバレ!まさかのオーディション結果」についてまとめます。

スポンサーリンク

声ガール 9話 あらすじ

イハラオフィス声優部は、売上が目標額に届かない場合、声優部が閉鎖されてしまうという厳しい状況におかれています。

その期限が迫る中、真琴(福原遥)と麻美(中村ゆりか)は超人気漫画が原作のアニメ「君といちについて。」のオーディションに挑戦し、1次審査に合格します。

2次審査のライバルは、鶴岡優(仁村紗和)。
彼女は、小笠原久美(青木さやか)が「べリーファインエージェンシー」に引き抜いて連れて行ってしまった声優です。

真琴と麻美は、2次審査のダンス審査のため、人気声優の戸松遥に厳しいレッスンをしてもらうことに・・・

しかし、麻美は自主練の最中に転倒して足を痛めてしまいます。

声ガール 9話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

声優部の存続がかかっているオーディションだから、誰もが麻美に期待しているんですよね。一緒に1次審査に合格した真琴でさえも、自分は無理だけど麻美ならきっと大丈夫ってマジで信じてます。

しかし、麻美が2次審査で落ちてしまったことで、一気にプレッシャーが真琴に・・・
これ、きっついな~~~。

真琴は決していい加減な気持ちでやっているわけでもないし、常に全力でがんばっているわけだけど、やっぱりずっと声優目指してやってきた麻美や鶴岡優から比べれば、技術もメンタルの強さもまだまだ弱いですよね。

ネットでは、真琴がCVなんてあり得ないとか、そもそも誰?もうあのアニメは見ないなど、言いたいことを勝手に書かれてます。

そうでなくても大人気作品の主人公担当となればプレッシャーはかかるというのに、事務所の声優部存続がかかっているとなればそのプレッシャーの強さと言ったらすごいものでしょう。

最後には声も出なくなっていたようなので、精神的ダメージが相当強いことを表していますね。

麻美もかわいそうだったな~~。
彼女からしたら、移籍問題が落ち着いたところだったから、どうしても手に入れたい役柄だったでしょうし。

スポンサーリンク

ただ、見ている側からすると、めっちゃ盛り上がってきましたね!
最初の回で、事務所がこんな状況になった原因は、誰のせいなのか?って気になっていましたが、それが前回で小笠原だとわかりました。

そして再度人気声優を引き抜こうとしたものを失敗して多少はふふん!って思えたけど、まだスッキリしないですよね。

そして、今回はその当人と一緒に事務所から出ていった声優とのからみ。
私からすれば、いかにギャフン!となってくれるのか!ってところが楽しみでもありますよね。

前回小笠原は、イハラオフィスやあんなマネージャーでは、トップ声優になれるはずないって言い切ってましたから、勝って見せつけてやりたいものです。

まぁ、本音をバラせば、「ざまぁ!!」って言ってやりたかったりしますが(笑)

次回が待ちきれないほどワクワクしてきますね。
気持ち良い気分で観て終われるといいな~~~!

声ガール9話の感想ネタバレ まとめ

次回はとうとう最終回です。

声が出なくなった真琴は実家に戻っていますが、どれだけの覚悟で寮に戻ってくるのか・・・

そして、オーディションの結果がどうなるのか、とっても気になります。

声ガールの情報・各話の感想一覧は、こちらから
声ガールの情報まとめ!キャスト・あらすじ・各話の感想一覧他

この作品は下記の動画配信サービスで配信中!
dTV
U-NEXT

Amazonビデオ
投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「声ガールの9話のあらすじ感想ネタバレ!まさかのオーディション結果」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら