アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

紺田照の合法レシピ感想まとめ(ネタバレ注意)キャスト紹介~EDダンス情報まで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

Amazonプライム・ビデオにて独占配信されるドラマ「紺田照の合法レシピ」

飯テロの破壊力ハンパないですよね!!
お腹がすいている夜中になんて見たらヤバイかもしれません(笑)

私は原作コミックも読んでいるのですが、とても面白い視点で描かれている作品です。
グルメ漫画でもあり、極道・ヤクザ漫画、ギャグ漫画でもあります。

基本はグルメなんですけど、ただの美味しいものを食べる…というスタイルではないので、かなり楽しめる作品です。

そして、ドラマのエンディングのダンスも必見!
超かっこいいです。

では、ここから「紺田照の合法レシピ感想まとめ(ネタバレ注意)キャスト紹介~EDダンス情報まで」についてご紹介します。

スポンサーリンク

紺田照の合法レシピ 基本情報

【原作】
馬田イスケ「紺田照の合法レシピ」
講談社少年マガジンR掲載

【監督】
宝来忠昭

【脚本】
井上聖司、神田優

【出演】
竜星涼、山本舞香 ほか

【製作】
永山雅也、由里敬三

【エグゼクティブプロデューサー】
千葉善紀

【プロデューサー】
谷戸豊、竹内一成

【企画製作】
日活株式会社

紺田照の合法レシピのキャスト紹介

紺田照:竜星涼
春真希:山本舞香
狼須武蔵(若頭):青柳翔
美濃:カトウシンスケ
丸長英治:内山信二
鬼灯小次郎(桃嘉十組若頭):木村了
御手洗団吾(体育教師):ほんこん
回鍋婁:坪倉由幸
筑根先生:平井”ファラオ“光
春雨太郎:稲葉友
寿司田沙織:久保遥
鰭中幻一郎:六平直政
もやし野郎:YOUNG DAIS
霜降美月(組長):篠田麻里子
霜降牟助:林田悠作
千代子礼三:中野英雄
鮎美:小宮有紗
万壕熟雄(桃嘉十組組長):小沢仁志

紺田照の合法レシピの紹介&メイキングムービー

紺田照の合法レシピのあらすじ

指定暴力団である霜降肉組の新人組員の紺田照。
彼が今、心血注いで夢中になっているのが料理です。

ある時は料理のことを考えながら新人組員としての仕事をこなし、またある時は、料理の力で問題を解決します。

そんな紺田照は、実は18歳の高校生でもあります。
彼は極道ということを誰にも話していないにも関わらず、なぜか教師も生徒もおびえて近寄ってきません。

そんな彼に唯一気軽に話しかけてくるのが、春真希です。ミスフレンドリーと呼ばれる彼女は明るくて誰とでも仲良くなれるタイプ。

暴力団組員、そして高校生として、紺田照は料理を武器にトラブルを乗り越えるのです。

スポンサーリンク

紺田照の合法レシピの感想(ネタバレ注意)

原作の漫画を初めて読んだ時は、まず登場人物の名前に笑いましたね。
紺田照→献立
春真希→春巻き
そして、組の名前が霜降り肉ですからね(笑)

敵対する組の名前が桃嘉十(桃果汁)って、可愛すぎない?(笑)

誰もが料理や食材をもじっている名前なので、これ誰?何の料理?と確認するのも楽しい!!

それから、紺田照のあの目つきが悪くて無表情な感じがナイス(笑)
自分で完成させた料理を食べる時だけ、何とも言えない表情をするんです。この微妙な表情が笑える・・・

そんな彼を演じる竜星涼さんは、超かっこいい♪
私の中では、最もインパクトが強く残っているのは、桜蘭高校ホスト部で猫澤先輩をやっていらしたので、そのイメージ。あとはライアーゲーム -再生-でしょうか。

他には、内山くんとか久しぶりなんだけど、全然変わってないからすごい!!
敵対する組の若頭役の木村了さんは、今回の中で一番作品を多く見ている俳優さんかもしれません。

よく知っている俳優さんからお初の俳優さんまで勢揃いなので、楽しみです。

原作コミックと実写ドラマの違い

紺田照の合法レシピ 1巻

紺田照の合法レシピ 1巻

紺田照の合法レシピ 1巻

[著]馬田イスケ

やっぱり漫画とドラマでは、料理の美味しさ表現は全く違いますね。リアルに再現された調理シーンと、美味しそうに湯気を立てている料理は、実写ならではです。

この原作の漫画は1つの献立で1話というように短編がいくつも入っているような漫画です。

ずっとストーリーが時系列で進んでいくものの場合、どうしてもドラマの時間という制限ではしょられている部分もあったりして、えっ?っと思うこともありますが、それとはちょっと逆ですね。

漫画の方があっさり短く終わってしまうので、他の回のエピソードが入ってきたり、レシピが2種類入ってきたりします。

はしょられてしまうと、なんであそこがカットされてるの?って不満を感じるものですが、プラスアルファされると気にならないものですね。それって私だけ?

また、そのために原作にはない展開も入ってきますが、私は違和感を全く感じていません。普通に面白くて、上手いな~~なんて思っています。

現在放送されているepisodeは、1巻から3巻までに収録されています。
最終回あたりに、4巻に突入するかも?という感じでしょうか。

気になる!エンディングのダンスについて

エンディングは、紺田照に扮した女性を中心にダンサーたちが踊っているのですが、すっごくカッコよくて好きです。

これは、株式会社Vintomが制作しているんですね。

株式会社Vintomとは、日本唯一のダンサー専門のプロダクションで、数多くの人気ダンサーが所属しているそうです。約1万人もの学生ダンサーも所属しているとか・・・

ダンスに関係するイベント企画や制作、動画作成など様々な事業を展開しています。

この紺田照の合法レシピでは、ダンスプロデュース愛甲隼ってなっていますが、この方は株式会社Vintomの代表取締役です。

紺田照の合法レシピ 各話 一覧

 

紺田照の合法レシピは、Amazonプライムビデオの独占配信のため、他で見ることができません。この機会にプライム会員になるのもいいですね。私もずっとプライム会員です!

Amazonプライム・ビデオのメリット・デメリット/動画配信サービス比較【6】

以上、「紺田照の合法レシピ感想まとめ(ネタバレ注意)キャスト紹介~EDダンス情報まで」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら