アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



メジャーセカンド(アニメ)7話感想ネタバレ!いつかバッテリーに!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

【アニメ】メジャーセカンド7話のあらすじ・感想をまとめています。

第7話「いつか必ず」

まずは前回の6話の復習から。

茂野大吾の父・吾郎に頼まれてコーチをしにきたという佐藤光の父・寿也。

元メジャーリーガーのキャッチャーにコーチしてもらって、大吾はキャッチャーの面白さだけではなく、色々な話を聞きます。

寿也がキャッチャーをやろうと思った理由や光にコーチをしていない理由など・・・

大吾もまた、寿也が父・吾郎のボールを捕りたいと思ったように、自分も光が投げるこのボールを捕りたいという思いが出てきます。

しかし、光は突然引っ越ししてしまいます。

では、ここから「メジャーセカンド(アニメ)7話感想(ネタバレ注意)いつかバッテリーに!」についてまとめます。

スポンサーリンク

メジャーセカンド 7話のあらすじ

光が引っ越してショックを受けた大吾。
1日も早く忘れてやる。
あいつなんて忘れてやる!!

やる気を失った大吾は、佐藤寿也寿也からコーチを受ける約束も断ってしまいます。
キャッチャーなんて目指しても光がいないんじゃ意味がないし・・・

そんな時、寿也が大吾の家を訪れます。
会いたくないという大吾に対し、練習を教養するわけではないと言いながらあるものを手渡します。

それは、光からの大吾宛の手紙。

手紙には、引っ越しすることをどうしても言えなかった理由の他、最後にはこう書いてありました。

いつか必ず、2人で最強のバッテリーを組もう!

この文章を読んで、大吾はまたキャッチャーを目指そうと練習を始めるのです。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

メジャーセカンド 7話の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回の7話は、原作コミック3巻18~20話の内容です。

原作の漫画だと3巻に突入しました。
今回は、もっと内容が進むかと思っていましたが、それほど進みませんでしたね。

光が引っ越したことを聞いた大吾はマンションに確認に行って、本当に引っ越ししたと聞くと野球のやる気もなくなってきちゃうんですよ。

そして、佐藤寿也の特訓も断ってしまうのですが、寿也が持ってきてくれた光からの手紙を読んでまたキャッチャーを目指します。

早速特訓を再開した大吾は、今度の大会でライトをやることになったので、自分の悩みを寿也に報告。寿也から励ましてもらって元気をもらいます。

その後、佐倉睦子もドルフィンズに入ってきます。

こんな流れですね。
原作とほぼ一緒ではあるんですけど、佐倉睦子がドルフィンズに入るまでの話が原作漫画より多く描かれています。

スポンサーリンク

原作だと、母親は別にどっちでもいいというスタンスで、パパを自分で説得しろと言うのだけど、父親も一緒にお風呂に入ろうと言われてあっさりと許してしまいます。娘にめっちゃ甘いって感じの父親です。

ところが、アニメだと両親がともに反対して、キッパリダメって言ってるんですよね。そして、その話を大吾にした時に、そんなことであきらめるならやめた方がいいというような事を言われて、がんばって説得してやっと入れたってことになっています。

佐倉睦子は確かにこのあとずっと大吾と一緒に野球をやっていくことになるのだけど、原作とわざわざ変えているのはなぜ?とは思いました。

この内容の中で私が好きなのは、やっぱり寿也に才能がないことを告白して、ズバッと指摘されたところですね。

ピッチャーになりたいと思っていた大吾は、もっとも致命的な欠点・肩が弱いことをずっと気にしていました。

当然ながらキャッチャーだろうがライトだろうが、送球の力は必要なわけで、その欠点を寿也に言っている大吾の様子は複雑な表情で、ここは原作よりもアニメの方が良かった!!

今まで投げやりになったりやる気がなくて、才能がないと投げ捨てるように言うことはありましたが、前向きに頑張ろうとして言うのはなかった大吾が自分から言い出したということ自体がすごいことだと思います。

茂野吾郎の息子なのにどう思われるんだろうとか色々考えてかなり勇気がいったはず。自分には才能がありませんって宣言するわけだし、佐藤寿也はもっとも父親のすごいところを知っている男ですから。

でも、そのあとの寿也のズバッと言った対応でスッキリ。

「今後二度と、才能がないとか自分で言うな。
そんなこと言うのは10年早いよ。」

そして実際に大吾の送球を見た後にはこう言います。

「そんなもの悩みでもなけりゃ、ハンデでもないよ。」

「もちろん君のパパのようなバケモノもいるけど、そんなのは一握りさ。」

この言葉に、どれだけ大吾は救われたんでしょうか。
そして、少し間が空いた後に、「ほ・・・ほんとに・・・?」と言った時の大吾の顔が嬉しそう。私は泣きそうだったよ・・・

そして、大吾がこれだけ前向きになって頑張ろうとしている背景には光の言葉があるっていうのがいいじゃないですか!彼といつかバッテリーを組むためにがんばろうっていうんだから。

光の引越し後の様子は今回は放送されませんでしたから、次回観れるかもしれませんね。

メジャーセカンド 7話の感想まとめ

次回第8話は、「寿也の個人レッスン」

佐倉睦子も無理やり合流してきて、佐藤寿也に個人レッスンをしてもらいながら、自分の弱点をフォローするように練習していくのだと思います。

肩の弱さをカバーする方法も出てきますね。

そして光の状況も描かれるのではないでしょうか?
期待しています!!

あらすじ・感想の各話一覧
MAJOR2nd(メジャーセカンド)の動画配信~登場人物・あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第8話の感想はこちら

以上、「メジャーセカンド(アニメ)7話感想(ネタバレ注意)いつかバッテリーに!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら