アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

メジャーセカンド(アニメ)18話感想ネタバレ!道塁と渉のプライド

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

【アニメ】メジャーセカンド18話のあらすじ・感想をまとめています。

第18話「眉村姉弟」

まずは前回の17話の復習から。

虹ヶ丘ビートルズに勝利した三船ドルフィンズは、午後から本郷シャークスと戦いました。

前回スタメンからはずされ、結局出番がなかった永井は、監督に出れなかったことを言いに行きますが、今度はスタメン出場だと言われて安心します。

両親も応援に来て、いいところを見せたい永井。
しかし、なかなかうまく打つことができず・・・

そして、また佐藤睦子と交代させられてしまいます。

では、ここから「メジャーセカンド(アニメ)18話感想ネタバレ!道塁と渉のプライド」についてまとめます。

スポンサーリンク

メジャーセカンド 18話のあらすじ

準々決勝に進出することになった三船ドルフィンズ。
今度の対戦相手は、卜部やアンディがずっと戦いたいと目標にしていた強豪名門チーム・東斗ボーイズです。

念願の東斗ボーイズとの戦いを前に、卜部は光を先発投手に起用すると監督に言われ、試合への熱意をなくしてしまいます。

その頃大吾は、バッティングセンターで東斗ボーイズの双子の姉弟・ピッチャーの道塁(みちる)とキャッチャーの渉(わたる)とバッタリ会います。

大吾の父・吾郎の大ファンの道塁は、吾郎を紹介してほしいという思惑もあって、大吾に球を見せてくれるというのですが・・・

道塁の実力を知った大吾は、卜部に練習に付き合ってもらおうと学校に行くのですが、卜部は退団を決意していたのでした。

メジャーセカンド 18話の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回の18話は、原作コミック6巻53話~7巻56話の途中までのお話です。

メジャーセカンド(漫画)6巻感想ネタバレ!小森監督の誤算!?
メジャーセカンド(漫画)7巻感想ネタバレ!東斗ボーイズ戦開始

今回のお話は、東斗ボーイズとの対戦が決まって、それぞれが次の試合に備えている間のお話です。何があっても前向きにがんばろうと思う大吾に対して、やる気を失っていく卜部ですね。

原作とココが違った

ほんのちょっとのことなんだけど、道塁が筋トレしているのを渉が注意している時のこと。

原作の漫画では、「わたしもワタルが立っておしっこしてるの、ママに言っちゃお」って言ってるんですよ。ところがアニメでは、「ワタルがママの高いシャンプー使っていることしゃべっちゃおう」に変わってました。

別にどっちでもいいけど・・・(笑)
ただ、子供向けだから細かいこと配慮して作っているだろうな~って思いました。

今どきは、男の子でも座って用を足す子も多いらしいから、それが当たり前だと思っている子には意味が通じないとか?でも、学校では立ってするからそんなことはないか・・・

などなど色々考えてしまいましたが、単純に「おしっこ」というセリフが出てくるよりも良かったのかもしれませんね。

大吾が吾郎に電話をかけるシーンも追加されてました。
やるからには勝ちたいと思っている大吾の気持ちがすごく現れていると思いましたね。

吾郎に聞いていたのは、制球力アップのためのコツやアドバイスでした。

これもちょっとしたシーンではありましたが、大吾の成長ぶりがすごくわかるので良かったです。吾郎ファンなら、声が聞けただけでも嬉しかったのでは?

プライドが高い道塁(みちる)と渉(わたる)

本格的に道塁と渉が登場するお話でもありました。

それにしても、道塁はワガママというか自分勝手。
まぁにくめないキャラではありますが。

大吾が吾郎の息子だと気づいていないフリをして投球を見せてあげると家まで押しかけたのも、大吾と仲良くなって大ファンの吾郎と会わせてもらおうというミーハーな考えでした。

でも、それより根本的にあるのは、三船ドルフィンズも大吾もたいした敵ではないと見下しているということです。だから投球を見せようが見せなかろうが打てっこないと思っている・・・だから平気で見せようとできちゃうわけです。

この自分の実力への自信とプライドは弟のワタルも同じ。
姉弟そろって、そういう点では父親にそっくりです。母親もあの海堂学園高校の2軍監督だった早乙女静香だから、なんとなく納得です。

でも、ミーハーな理由で利用されているとわかっても平気な態度でプライドなんてどこへやら・・・という大吾はすっごくかっこよかった!!

勝つためなら何でもやるっていう意欲がすごい!
そして、まったく打てないことを悲観するでもなく、だったらどうすべきか・・・と考えるあたりが成長したなって思います。

1話の頃とはもう別人ですね。

それに対して、メンタル弱いのは卜部。
でもこれはしかたがないか・・・って思います。

ずっと東斗ボーイズのワタルと戦うつもりでチームを変わってまでがんばってきたのに、ワタルはキャッチャーになってるし、スタメンはずされるし・・・では、やる気がなくなるのもしかたないです。まだ小学生ですからね。

しっかり納得できているアンディがすごすぎるんですよ。

監督もさ・・・
どれだけ落ち込むか想像できるんだから、電話で済ますのやめようよ・・・
そんなことを原作読んだ時から思ってましたが、アニメを見てやっぱり田代って何かが足りないと思ってしまいました。

メジャーセカンド 18話の感想ネタバレ まとめ

次回第19話は「決戦を前に」

東斗ボーイズとの決戦を前に、卜部がやる気を出すというお話だと思いますね。
原作だと大吾の姉・泉の言葉が後押しすると思うのだけど、アニメだったらどうでしょうかね?

楽しみです!

あらすじ・感想の各話一覧
MAJOR2nd(メジャーセカンド)感想ネタバレまとめ!各話一覧他

↓次の第19話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス
この作品は下記の動画配信サービスで配信中!

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「メジャーセカンド(アニメ)18話感想ネタバレ!道塁と渉のプライド」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら