アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

メジャーセカンド(アニメ)19話感想ネタバレ!卜部が退団!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

【アニメ】メジャーセカンド19話のあらすじ・感想をまとめています。

第19話「決戦を前に」

まずは前回の18話の復習から。

準々決勝に進出することになった三船ドルフィンズの次の対戦相手は、強豪名門チーム・東斗ボーイズ。

ずっと東斗ボーイズとの戦いを夢見ていた卜部は喜びましたが、監督は佐藤光を先発にすると電話してきます。一気にやる気を失ってしまった卜部。

その頃茂野大吾と佐倉睦子は、東斗ボーイズのエース眉村姉弟とバッタリ出会っていました。彼らの実力を知った大吾は、卜部に練習に付き合ってほしいと頼みにいくのですが、卜部は退団を決意していて・・・

では、ここから「メジャーセカンド(アニメ)19話感想ネタバレ!卜部が退団!?」についてまとめます。

スポンサーリンク

メジャーセカンド 19話のあらすじ

退団を決意した三船ドルフィンズのエース・卜部。
大吾は、なんとか退団を阻止しようと卜部の家を訪れますが、失敗してしまいます。

しかし、アンディに頼まれたことで、卜部はバッティングピッチャーをやってくれることになりました。

そんなふたりの練習を見てアドバイスをしてくれたのは、大吾の姉・泉。
そして卜部は泉の言葉に救われて・・・

その頃、大吾から卜部が退団すると聞いていた他のメンバーたちは、バッティングセンターで南陽ライオンズの5年生と出くわしていました。

眼の前で自分たちとは全く違う実力を見せつけられたメンバーが思ったこととは・・・

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

メジャーセカンド 19話の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回の19話は、原作コミック7巻56~58話の内容です。

東斗ボーイズとの戦いを目の前に、チームメンバーそれぞれの思いが描かれたお話でした。

今回もかなり原作漫画とは違うシーンが入ってましたね。

原作では、バッティングピッチャーぐらいやってやれとアンディに頼まれた卜部が、大吾の家に来てくれるのですが、アニメではその前にワンシーン追加されています。

大吾は、睦子からも塾があるからと練習を断られてしまったため、もうひとりの投手・松原のところに頼みに行きます。そこには同じチームメイトの勝俣と永井もいて、大吾は卜部が退団するって話をしながら代わりに練習に付き合ってほしいと頼みます。

しかし、3人は他のチームメンバー有吉・岸本・木村たちとゲームの約束をしているからと大吾の頼みを断ります。でも、卜部が本当に辞めるならゲームで遊んでいる場合ではない!と言い出す松原と勝俣。

そりゃ~そうですよね。
投手としてだけではなく、打者としてもチームを引っ張っていたのが卜部なんだから。

ところが永井だけは、あとから来たやつにポジションを取られた卜部の気持ちはわかるし、彼がぬけたところで外野が空くわけでもないからと言って、練習を断ってました。

う~~~ん・・・
試合に出られなければ練習しないっていう考えが、そもそも試合に出れない原因のひとつだと思うけどね。

卜部と永井を一緒にしていたら、努力している卜部がかわいそう。

ちょっと練習しただけで上達しちゃう才能がある人って確かにいるけど、それで文句を言いたいなら、まずは努力をしてから言えって話です。勝負の世界なんだから。

原作にないこのシーンっている?
東斗ボーイズとの試合で永井のシーンがあるから伏線のつもりかもしれないけど・・・

なんだか永井がどんどんダメな子の代表って感じになっているような気がしてしまいます。

スポンサーリンク

その後、原作と同じように大吾の姉・泉が登場した後に、また追加シーンが入ります。

大吾の話を聞いたうち、永井を除くメンバーがバッティングセンターに集まっています。

するとそこに彼らのことを「下手くそだな~」と言いながら登場したのは、強豪南陽ライオンズの5年生。松原たちがまったく手が出せなかった高速球をバンバン打ってしまいます。

帰り道にバッタリ卜部に会った彼らは、卜部が退団しないということを聞いてホッとする反面、今までの自分たちの不甲斐なさを実感します。南陽ライオンズのすごさを目の前で見たというのも大きかったのでしょう。

このままじゃダメだ!
少しでもチームの力にならなくちゃ

この後半の追加は、良かったと思うんですよ。
永井を除くみんながやる気になったとハッキリわかるので。

でもその代わりに、卜部が退団すると聞いて慌てて会いに来た監督のシーンがカット。

原作を読んだ時も、選手の気持ちを配慮すべき連絡は電話ですませたくせに、退団っするて言われたら慌てて来たのかよってイラついたんだけど、それすら描かれてないというのもまたイラっとするもんですね(笑)

結局、監督は電話で簡単にすませて、何も気づきませんでした~ってことでしょ。

ずっと努力して野球をがんばってきた卜部を救ったのは、泉でした。
彼女だけが卜部の一番欲しかった言葉をくれたんですよね。

まぁ、好きなアイドルに似てたから・・・っていうのもあるでしょうが、原作漫画とは違って少し涙ぐんで描かれていましたから、単純に言葉に救われたのでしょう。

アンディも当然卜部の気持ちは一番わかっているけど、彼は近すぎる存在なので、外部の泉の言葉はより心に響いたのだと思います。

メジャーセカンド 19話の感想ネタバレ まとめ

今回登場した南陽ライオンズの5年生は、後々大吾の後輩として中学に入学してきて、大吾たち野球部の先輩たちとモメることになります。

彼らは漫画の10巻で登場しますよ。

漫画を読んでいる人にとっては、ここで登場する!?って驚くとともに、面白かったのではないでしょうか?

私も、この子達って5年生の頃からこんなに生意気なんだ~って笑ってしまいました。

あらすじ・感想の各話一覧
MAJOR2nd(メジャーセカンド)感想ネタバレまとめ!各話一覧他

↓次の第20話の感想はこちら

以上、「メジャーセカンド(アニメ)19話感想ネタバレ!卜部が退団!?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら