アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

メジャーセカンド(アニメ)25話感想ネタバレ!最終回!ふたりの約束

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

【アニメ】メジャーセカンド25話のあらすじ・感想をまとめています。
とうとう最終回です!!
第25話「約束」

まずは前回の24話の復習から。

夏の大会の準々決勝で、茂野大吾と衝突してしまった佐藤光。

たいしたことはないと聞いていた大吾でしたが、試合が終了してから会っていなかったため、サプライズで驚かそうと佐藤睦子とともに群馬に向かいます。

しかしそこであった光の父・寿也の話では、意識は戻ったものの首から下が動かず寝たきりということ。その事実を知って責任を感じた大吾は、二度と野球はやらないと思うほど自分を追い詰めてしまいます。

では、ここから「メジャーセカンド(アニメ)25話感想ネタバレ!最終回!ふたりの約束」についてまとめます。

スポンサーリンク

メジャーセカンド 25話のあらすじ

光が寝たきりになってしまったのは自分のせいだと思っている大吾は、2ヶ月たっても元気を出すこともできず、野球はもう二度とやらないと思っていました。

そんな時に現れたのが台湾リーグが終わって帰国してきた父・吾郎。

大吾を心配している吾郎は、大吾に元気になってもらおうとあれこれしてみますが、うまくいきません。そして、こっそりあることを計画し、大吾を連れ出します。

行った先にいたのは、光。
大吾が想像していた光とは違い、思ったよりもずっと元気でした。

完全復活した姿を見せられるまで内緒にしておきたかったという光。そのため、父・寿也も連絡することをしなかったとのこと。

そして、驚く大吾に言ったこととは・・・!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

メジャーセカンド 25話の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

今回の25話は、原作コミック10巻89話~90話の内容です。

とうとう最終回!

メジャーファンには嬉しいことが盛りだくさんの内容でした。
それに、光と大吾が約束するシーンもちょっと工夫されていて感動はさらに増してました。

まず、メジャーファンが喜ぶのは、父・吾郎が、大吾の父親らしくなんとかしようとがんばっている様子がたくさん追加されていることでしょう。

母・薫とふたりで話していて、薫自身もかなり心配しているセリフがありましたし、それに対して吾郎が自分にまかせてほしいというようなことを言っています。

そして、大吾のご機嫌をうかがうようについて回ったり、一緒に遊ぼうとしたり・・・
三船ドルフィンズの監督やコーチと久しぶりに会って大吾の話を聞いたり、大吾と一緒に遊ぼうとしたり・・・

バッティングセンターに行った時は、光のことを思い出した大吾がよけいに落ち込んじゃって失敗のようでしたね。

吾郎が息子のために一生懸命な様子が描かれたあと、原作漫画のシーンに入るのですが、だから寿也に連絡したのかな・・・と思わせるような自然な流れになっています。

原作を読んだ時は、大吾がこんな状態になるまで悩んでいたのに、2ヶ月も放置かよ!!って驚くやらイラッとするやらしましたが、まぁ漫画なんでしかたないかと・・・

アニメでは、オリジナルシーンがかなり追加しているので、印象はちょっと違いますね。
薫が悩んでいたことも描かれており、まるでキャラをフォローしているようでしたし(笑)、吾郎がハッキリ心配している様子が描かれてるのも心配していることがわかりやすいと思います。

どちらにしても、放置している感じはしないので良かったのでは?

でも、個人的には表向きは特に何もしようとはせずに自然にしている原作の吾郎が好きだったな~。実は心配して動いていたのね・・・さすが・・・っていうのが良かったんだけど。

オタク主婦

光と再会するシーンも追加シーンがありました。

原作の漫画では、実は光が立てるようになっていたとわかるシーンで、光がボールを投げると受け取った大吾は泣いています。

アニメだと、大吾も投げ返し、また光も投げて・・・と繰り返しながらキャッチボールをします。

このキャッチボールっていうのがいいですね~~。
このアニメって、キャッチボールが大切なポイントで必ず出てくるんですよ。

光が引っ越しをして一緒に野球ができなくなるって時も、大吾と光はキャッチボールをしましたね。

それに、引っ越し後に落ち込んでいた光に寿也が会いにきた時も、親子でキャッチボールをしました。

そうそう、終わりの方で野球を再度やろうと決意した大吾が、初めてボールをさわるのも吾郎とのキャッチボールでしたね!

スポンサーリンク

それから、もうひとつ追加されていたシーンは、大吾と光がキャッチボールをしていた時に、吾郎と寿也が子供時代を思い出すシーン。

吾郎は父親が亡くなっったので隣町に引っ越すことになり、それを報告に寿也の家に行きます。その時も、この子供たちのように野球をやめちゃだめだと寿也が言ってるんですよ。

その思い出にまるでリンクするかのように、光も言うんですよね。
友情と親子の絆を一気に見れたような感覚になりましたから、めっちゃ良かったです。

普段なら1話で完了するような原作の内容を、2回に分けるのでどうなるのかと期待していましたが、期待通り!!いやいや・・・期待以上だったかもしれません。

メジャーをご覧になった方なら、かなり満足できたのではないでしょうか?
観たことのないという方でも、父親同士が仲良しなことがよくわかって楽しめると思いますよ。

メジャーセカンド 25話の感想ネタバレ まとめ

とうとう最終回でした。
中学校に入学したところで終わっています。

原作の漫画では、このあと中学校編で女子ばかりの野球部のキャプテンをしている2年生になった大吾が監督もいないチームをうまくまとめていくような話しになっていきます。

小学校の頃の大吾とは全然違ってきますよ。

今現在発売されている巻では、ずっと大吾の中学と他の学校との対戦ですから、光は一切登場しません。卜部とアンディは試合で登場しましたけどね。

メジャーのように、2期もあるのか・・・

この先、光が登場するとなると、ずっと漫画は長く続いていくと思うので、ぜひともメジャーのようにシリーズ化してほしいものです。

以上、「メジャーセカンド(アニメ)25話感想ネタバレ!最終回!ふたりの約束」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら