アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

MIX(アニメ)8話のあらすじ・感想ネタバレ!強豪・東秀高校と兄対決?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

MIX8話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第8話「うちのお兄ちゃん」

前回の第7話では、立花兄弟が高等部へ進学し、大山春夏や南郷四郎も投馬と同じクラスになりました。そして、音美は三田亜里沙にライバル視されて、新たな1年がスタート!

今回の第8話では、音美に何をやっても敵わない亜里沙が、兄であるポイント稼ぎで超高校級エース・三田浩樹に頼んで兄貴対決を仕掛けます。

では、ここから「MIX(アニメ)8話のあらすじ・感想ネタバレ!強豪・東秀高校と兄対決?」についてまとめます。

スポンサーリンク

MIX(アニメ)8話 あらすじ

突然雨に降られてしまった走一郎は、ファミレスに避難します。そこで会ったのは、音美に敵対心を燃やす三田亜里沙と、彼の兄である三田浩樹。

強豪校・東秀高校のエースで超高校級の三田浩樹は取材を受けている最中で、なぜか現在実績もなくしかも中等部だった走一郎の名前を知っていました。

そしてしばらくしてから、東秀高校が明青学園に練習試合を申し込んできた!!
亜里沙が兄に頼んで、兄貴対決を仕掛けてきたからです。

昨年の甲子園ベスト8の東秀高校との戦いで、立花兄弟は高校野球デビュー。音美のためにも勝つことはできるのか!?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

MIX(アニメ)8話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻17話~19話までのお話です。

MIX 4

MIX 4

MIX 4

[著]あだち充

まずは、原作コミック通りほのぼのしたシーンからスタート。
大山春夏のスカートがめくれそう~とか、南郷四郎が監督に言われて立花家でご飯を食べるつもりでおしかけてきたとか…

そして、三田浩樹の登場です。
走一郎はファンの女子たちとファミレスで雨宿りしている時に、バッタリ会うわけですが、妹の亜里沙とは違って兄はいい人ですよね。

甲子園で有名になって雑誌や新聞などの取材も多いというのに、偉ぶらない人。
なのに妹は兄の野球の試合を見たこともなく、まったく野球を知らないというのだからかわいそう…

なのに、音美へのライバル心のために兄をダシに使って練習試合をしてもらうのだから、どれだけ我がままなんでしょう。というか、兄貴がいい人すぎるでしょう。

初めて三田浩樹を漫画で見た時は、二階堂ほどではないものの、また次の問題人物登場か?とか思ったんですよ。でも違った!!

練習試合の最中も、決してバカにしませんね。
冷静に立花兄弟の実力を見ています。

相手の監督は1年だからと甘く見ていましたが、甲子園に出たチームでありながら点数が取れずに抑えられていることにだんだんあれ?って感じで、それを見ているのが気分がいい(笑)

東秀レギュラーの2・3・4番を三者三振させますからね。

当初監督が打者一巡したらピッチャーを変えていくって話だったのに、先輩ふたりはあっという間に打たれまくって一巡させちゃったため、投馬は下がるに下がれなくなりました。

最後は、打者二巡目に入り、東秀の監督が二巡目は抑えられないだろうとたかをくくった矢先に、しっかり投馬に抑えられてしまってびっくりというシーンで終了でした。

スポンサーリンク

ただ、最後のココがちょっと残念だったんですよね。
原作のセリフよりもカットされて短くなっているために、スカッと感が少ないような気がして…

アニメでは、こう言っています。

たまたま抑えられるのは一巡目まで
同じ打線でも二巡目は至難の業
それが全国レベルのチーム

そして抑えられてびっくり…という流れ。

原作ではこうですね。

たたまで抑えられるのは一巡目まで
同じ打線でも二巡目は至難の業
そこが全国レベルとそうでないチームとの大きな差なんだよ

1年生にはいい勉強だねェ
立花くん

そして、ニヤリとしたあとにすぐ投馬に抑えられてびっくりはするんだけど、びっくりというより目を見張るって感じでしょうか。

最後に、立花くんって名前を言うのがなんだか嫌味ですよね…
そして、原作だとさらにこの後にセリフがあるんですよ。

監督:慢心させて成長を止めるって手もあるよな?
三田:その程度のピッチャーだといいですね…

いいわ~このセリフ。
思ったよりもやるなって監督も思ったから、慢心させるだけさせてギャフンと折っちゃうのも一つの手だよねって言いながら実力を認めざるを得ないわけで、三田はそんなことで慢心するような投手じゃないよねって言ってるわけですよ、結局は。

全国レベルの高校の監督とエースにそんなことを言わせる立花兄弟はすごい!!

だからこそ、アニメでこの部分がカットされていたのは残念でした。
最後のシーンだったので、次回の出だしでやってくれるといいですけどね。

カットと言えば、他にも原作からカットされている部分があります。
それは、一巡したのに投手の変更指示がなくて、投馬がグローブを投げて起こっているところ。

原作コミックでは、父・立花英介が帰宅しようとする時に練習試合をしていることに気づき、ちょろっと覗くんですよ。そうしたら、5-0で負けてるわけじゃないですか。

先輩たちが取られた5点なんだけど、英介はそんなこと知らないので、タイミングよく投馬が打たれてグローブを投げたところを見て、投馬が取られた点だと勘違いしてしまいます。
本当は、一巡したのにまだ投げるのかよって投馬は怒っていたんだけど…

そして、監督がすごい投手だと言っていたのはただのお世辞だったのかってがっかりしてました。

母校で同じ野球をしている自分の息子のことを何も知らんのかよ!ってつっこみながらも、まぁこの人ならそんなもんかと思ったりしてましたけど。いつか、自分の息子達がすごい選手なんだってびっくりしてほしいですね~。

次回の内容となる原作コミックの第20話では、このシーンの続きで家に帰ったあとの英介の話から始まりますから、そこでまとめて描かれるかもしれませんね。

MIX(アニメ)8話 感想まとめ

野球のアニメは色々と見ますが、試合シーンってハラハラドキドキとか緊張するとかあるじゃないですか。

でもMIXは、どこかしらに余裕というかホッと息のぬけるところがあって、ほのぼのしたりしつつ楽しめますね。それでも、投馬と走一郎は冷静に試合を見ているし、のほほんとしながらも闘志があるのがいいところ。今回もほのぼのしつつ、あっという間に面白くて終わってしまいました。

ここからさらに試合は面白くなりそうです。

次回「大ニュースでしょ」
すごいのって、相手チームよりこっちの立花兄弟じゃない?って夏野が思うお話ですね。

あらすじ・感想の各話一覧はこちら
MIXの動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第9話の感想はこちら

以上、「MIX(アニメ)8話のあらすじ・感想ネタバレ!強豪・東秀高校と兄対決?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら