アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

MIX(アニメ)21話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)まさかの大逆転劇!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

MIX21話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第21話「もしも…」

前回の第20話は、東秀高校との準決勝に向けて、連投で疲労している投馬を試合で休ませるというお話でした。

今回の21話は、準々決勝はまさかの大逆転劇!とうとう東秀高校との公式戦での対戦が決定しました。

では、ここから「MIX(アニメ)21話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)まさかの大逆転劇!」についてまとめます。

スポンサーリンク

MIX(アニメ)21話 あらすじ

東東京大会準々決勝、明青学園は海旺西と対戦し、厳しい状況に追い込まれています。それは、エースの投馬を休ませているから。

そしてとうとう9回の裏。
3点差を追いかける明青学園。

誰もがもう準決勝に進むのは海旺西だと思ったでしょう。

しかし、野球の神様も明青学園の試合を観たかったのか!?
海旺西にピッチャーにアクシデントがあり、明青学園は奇跡の大逆転!

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるVOD動画配信サービスをご紹介します。

MIX(アニメ)21話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、9巻の46話の途中~48話の途中までのお話です。

MIX 9

MIX 9

MIX 9

[著]あだち充

勢南高校の三田たちが、テレビで明青学園と海旺西に試合を見ているシーンが始まります。

今回のストーリーは、準々決勝で大逆転劇によって海旺西に勝利した後、健丈高校の赤井智仁とのシーンが間に入り、これから準決勝・東秀高校との戦いが始まる!というところまでです。

海旺西との試合は、結局は最後に相手投手のトラブルがあったから勝てたという、まさに神頼みのおかげで勝てたという結果でしたが、内容的にグッとくるものがありました。

それは、3年生投手たちの言葉ですね。

今回は、東秀との戦いに向けて投手としての投馬は完全休業でした。そのために、順番に継投していた3年生の先輩たちは、立花兄弟に言うんです。頼りにならなくてすまないって。

おまえがいてくれたおかげで
こんな試合で投げさせてもらったのに、
なさけねえよ
本当に…

この投げさせてもらったのにって言葉がね…(泣)
泣かせてくれますよ、先輩!!

この3人の先輩たちは、立花兄弟が入部した当初、大山監督が1年だからと投馬をブルペンで投げさせず走らせていた時に、自ら投馬をエースにしようと監督に言ったんですよ。

自分たちは投手以外の守備でいいからって。
最後の夏に1日でも長く野球をやりたいから…
そして、20年以上三回戦止まりの不名誉な記録を破りたいから…

原作コミックなら4巻に掲載、アニメだと7話で出てくるシーンです。

そのシーンを覚えている状態で、「投げさせてもらったのに」と聞くと、ジーンときませんか?
やっぱり投げたかったんじゃん!みたいな。

本心では投手として投げたいのに、チームのことを考えて、勝ち上がるために投馬に託していた先輩たち。

だからこそ、投馬に頼りっきりという自覚もあって、いざ次の試合のために休んでもらおうと頑張った結果、今にも負けそうな状態…

落ち込んでしまうのも当然だとは思うけど、立花兄弟にはまだ2年もチャンスがあって、自分たちには最後のチャンスですからね。そんなに落ち込むこともないのに…いい先輩たちですよね。

もちろん、走一郎も投馬も先輩たちが悪いなんてまったく思っていません。逆に、もっと胸を張っていいのにって思ってますから、明青学園は本当に良いチームです。

スポンサーリンク

そしてそのすぐあと、相手ピッチャーのトラブル発生。
足をつったことから、逆転できた明青学園…

なんだか色々考えちゃいました。

東秀の三田が言っていたように、明青学園の試合をもっと神様も見たかったのかな~とか、思い切って投馬を休めた明青学園に対して海旺西はエースに頼りすぎていたのかな~とか…

試合が終わってからは、騒がれることにうんざりした投馬が練習を抜け出し、ロードワーク中に音美と会ったことから、健丈高校に行くシーンになります。
これも良かった!!

健丈高校に行くことになったのは、パンチが逃げ込んでしまったから。
そこでの赤井智仁と投馬の会話が、今回のタイトルになっています。

赤井智仁は、東秀高校の三田のおっかけをするぐらい憧れていて、そんな三田と対戦することが彼の目標でした。

だから、当然投馬が三田浩樹に勝てっこないって思っているんだけど、投馬の言葉でちょっと考えがぐらつくんですよね。

投馬はこんなことを言うんです。

自分が対戦するのは三田浩樹ではなく東秀打線であり、今までの対戦で投馬から点を取ったのは赤井だけで、赤井ほどのバッターは東秀にだってそうそういないのだろうと…

そこで赤井が発した言葉が、今回のタイトルの「もしも…」です。

何が言いたかったんでしょうかね。
もしも東秀に勝ったら…とか?そうだとしても、そのあとが気になる…

そして最後は東秀との試合が始まるぞ~~と盛り上がるところで終わりでした。

表裏の激しい解説者が、投馬のことをさんざんな言い方をしているなど、あとから驚いてギャフンとしそうな展開も仕込まれていて、ウキウキです、私としては(笑)

次回からはさらに盛り上がりますね!!

MIX(アニメ)21話感想まとめ

ところどころで登場してくる西村拓味が笑える…

自分たちの試合もあったのに、投馬たちばかりが注目されていて怒っているシーンが数度。

彼もすごい投手なのに、もうストーカーにしか見えないよね(笑)
水着のシーンとか出てくると、また西村?とか思うのは私だけでしょうか?

次回「妹思いなんですよ」

あらすじ・感想の各話一覧はこちら
MIXのあらすじ・感想ネタバレまとめ!各話・各巻一覧&登場人物他

↓次の第22話の感想はこちら

以上、「MIX(アニメ)21話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)まさかの大逆転劇!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら