アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

MIX(漫画) 3巻のあらすじ感想ネタバレ!二階堂&監督の真実

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

MIX(漫画)3巻のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

前回の第2巻は、ブロック代表決定戦で二階堂がまさかの完封をして、都大会に出場した明青学園中等部野球部。ところが、二階堂は練習に参加しなかったり、当日にも遅れてきたりとわがまま放題。

投馬と走一郎も、今後の高等部への進学について真剣に考えるほどでした。

第3巻では、二階堂と父・そして監督が、なぜあんな行動をとっていたのか?という真実がわかります。

ここから「MIX(漫画) 3巻のあらすじ感想ネタバレ!二階堂&監督の真実」についてまとめます。

スポンサーリンク

MIX(漫画)3巻 あらすじ

MIX 3

MIX 3

MIX 3

[著]あだち充

第11話:ピッチャーだろ?
第12話:よかったですね
第13話:もちろんだよ
第14話:春が来れば
第15話:心配?

都大会で水神中学校に敗退した明青学園。
投馬と走一郎は、二階堂と監督の行動に我慢ができず、練習には不参加。

そんなところにやってきたのが、水神中学校のエース・西村拓味でした。

ずっとキャッチャーに恵まれていなかった西村は、父親が監督をしている勢南高校で一緒に野球をやろう・一度見学にいかないかどうかと誘ってきたのです。

勢南高校は、春のセンバツに出場した高校。
西村勇監督は、投馬が本当は投手であったことを知っていて、それを彼に教えたのは明青学園の監督!?

その後、西村親子に投馬の投手としての実力を見せつけた立花兄弟は、キャプテンから二階堂親子と監督に関する真実を聞くことに…

MIX(漫画)3巻 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この巻の見どころは、ここまでずっとクズだな~と思ってきた二階堂と父・そして監督が、なぜあんな行動をとっていたのか?という真実がわかるところです。

そして、その感想も人によって色々かと…

まず二階堂の父は、あのいかつい顔の割に、彼を知る人は誰も彼のことを悪く言わないというぐらいいい人です。明青学園時代でも、エースにはなれなかったものの、仲間とたくさんの思い出を残したそうです。

二階堂は遅くにできた一人息子なので、自分の息子が野球を始めてからの親バカぶりはすごかったとか。

ところが、二階堂に心臓の異常が見つかります。

残された時間に、少しでも多く背番号1番の自分の姿を見せてあげたいと思った二階堂は、監督に無理を頼んで野球を続けます。

黒柳監督は、二階堂の父親と一番仲の良かった級友だったため、二階堂がエースだと信じ込んでいる父親の夢を壊したくないし、親孝行のために頑張ろうとしている二階堂の我がままも聞いてあげたかったということですね。

二階堂の手術は成功しましたが、これは奇跡的な結果だというので、彼が中学生でありながら自分は死ぬんだと自覚して、そうとうな強い覚悟を持っていたことがわかります。

だからなのか、キャプテンに連れて行かれて立花兄弟が病院に行った時に、こんなことを言っています。

おれもイチイチ謝らねえぞ
本当に助からねぇと思ってたんだからな。

死ぬ前のわがままくらい大目に見ろ。

この言葉で立花兄弟も、自分たちの悪口も撤回しないと言いつつ、お互いに許しあってとりあえずは問題解決。

スポンサーリンク

う~~~ん…
どうですか?これって…

二階堂や監督があんなにワガママ&えこひいきしていたのは、そんな真実があったからなのか!と感動したり、それなら仕方ないなって思ったりする人が多いでしょう。

確かに、ただの嫌な奴という印象から、死を目の前にしながらも生きている間は親孝行しつづけたいという健気な人という印象になりますからね。

中学生なんてまだまだ子供ですから、自分の死を意識するのはすごい恐怖でもあったでしょう。

でもな~~…
私は単純に感動はできなかったんですよ。

どんな理由があろうが、中学時代の時間って取り戻せないでしょう?
彼のおかげで貴重な中学時代を無駄にしてしまった人もいたかもしれませんし。

投手希望だったのに夢が叶えられなかった選手がいたかもしれないし、あのやり方に納得ができずに野球を嫌になった人もいるかもしれない…ビクビクと二階堂の顔色を伺いながら我慢し続けた人もいたはず。

実際に、監督が辞任したのもあって、野球部を何人もやめていると描かれています。

それに、園芸部の植えた植物を後輩にめちゃめちゃにさせようとしたことだってあったじゃないですか。そういう行為はもちろん最低だったし、そもそもそれを命令された後輩は、ずっと色々とこき使われていましたよね。

そりゃぁ、残りの命が短いと自覚して、残り時間で少しでも親孝行したいっていう二階堂は立派だと思うけど、他の人を巻き込んで自分勝手な行動をするというのは話は別。他の人だって、充実した中学時代を過ごしたいのだから。

なのに、「死ぬ前のわがままくらい大目に見ろ。」とか言っちゃう二階堂を見て、コイツ何言ってんの!?ちゃんと謝れよ!と思ってしまったんだけど。

病気だからと言い訳をして、自分を肯定しようとしている二階堂には疑問を感じるから、やっぱりこの人は嫌い。

ただ、父親はただの親バカなので、本気で息子はエースだと思っていたし、えこひいきだとは思っていなかったんでしょうね。つまり、監督が彼の代わりに悪役になったということでしょう。

投馬に手術が成功して良かったですねと言われた時に、涙を流していたのはジーンときました。

このシーンのあと、野球部に嫌気が差して去ってしまった部員の多くは結局戻ってこなかったため、中等部野球部はギリギリの人数になってしまいます。

それでも立花バッテリーの実力はは中学生レベルではないので、ふたりの名前は知られていくことになります。

後半は、春になって投馬がエース、走一郎がキャプテンとなった野球部が描かれていきます。

この1年の間に、走一郎は大山春夏とバッタリ出会ったり、音美が兄ふたりのエース争いの話をしながら投馬と歩いた雪道を思い出したりするなど、ほのぼのエピソードが続きます。

大山吾郎と大山春夏親子が九州から引っ越して来て、吾郎が、明青学園高等部の野球部新監督になることもわかりますね。

そして一周りしてまた春の到来!
春夏も引っ越してきて、明青学園に入学。
さらに、吾郎に指導してほしいからと、南郷四郎も上京して入学してきます。

吾郎を追ってきたのか…それとも春夏を追ってきたのか…

走一郎も春夏が気になるようだし、音美が春夏にどっちが好み?と聞いて、「心配?」と聞き返すシーンもあったりして、何やら恋の話もこれから進展しそうですね。

MIX(漫画)3巻 感想ネタバレまとめ

中等部の野球部での問題は、二階堂の真実がわかったことで、一段落。

私は二階堂のやってきたことは、理由が何であれ許されることではないという考えなのですが、そんな理由があったのかと感動する人もいるでしょう。まぁ、そう思う気持もよくわかります。

そして、そこからは一気に春に向けてのストーリーになりました。

新監督に大山吾郎が就任して野球部はどうなるのか?
モテ女の大山春夏の登場で、恋のお話はどう展開するのか?

これから楽しみがいっぱいですね。

あらすじ・感想の各巻一覧はこちら
MIXのあらすじ・感想ネタバレまとめ!各話・各巻一覧&登場人物他

↓次の第4巻の感想はこちら

以上、「MIX(漫画) 3巻のあらすじ感想ネタバレ!二階堂&監督の真実」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら