アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ヲタクに恋は難しい4巻の感想ネタバレ!樺倉太郎と小柳花子の出会い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ヲタ恋4巻の表紙は、樺倉と小柳。
表紙もこだわっているようで好きだな~~。

1巻と3巻は成海と宏嵩、2巻と4巻は樺倉と小柳で、それぞれが仕事とプライベートの時の違いを表していると思うのだけど、心理描写も何気人出てますよね。

成海は、相手を指差す位置もほぼ変化なし。だけど、3巻では宏嵩にほっぺをさわられてびっくりした表情をしています。宏嵩は、唯一発売されている全5巻の中で唯一、相手の顔を見ているんです。そして、しっかり成海の頬をつんつんさわっています。

樺倉と小柳もいい感じなんですよ。
お互い2巻では、相手に対してコイツがさ~みたいな顔をして距離があるのに、4巻では部屋着で何もなさそうな顔をしながら、お互いわかりあっている親しげな雰囲気。

では、表紙だけで感動していないで、ヲタクに恋は難しい4巻の感想(ネタバレ注意)いきますね~~。

スポンサーリンク

ヲタクに恋は難しい 4巻 あらすじ

毎度ながら、会社や自宅での生活の中、徐々に恋が深まっていく様子が描かれています。

成海は休みの日に約束をしていないものの、宏嵩の家にドキドキしながら訪ねていったりします。しかし、実際に行ったら・・・宏嵩の行動に対してまるでオカン状態(笑)

小柳は、樺倉にBLを読んで欲しいのだけど、なかなか受け入れてくれないためにケンカ。彼女は、宏嵩が自分の趣味以外のものも成海のために読んでふたりで笑っている姿を見ると羨ましいのです。そんな小柳の姿を見て、樺倉も読んでくれたりしています。やさしい・・・

そして、この巻でメインになるのは、そんな樺倉と小柳の出会いでしょう。
男子バレー部のキャプテンと、2年でキャプテンになった女子バレー部の小柳。
高校時代の思い出話がしっかり描かれています。

あとは、尚哉と光も忘れてはいけません。

光は尚哉に誘われて一緒に食事をしたりするのですが、友達がいたことがないのでパニック状態。そのままゲーセンで遊ぼうと誘われたものの、断れません。

ゲームセンターということで、楽しめた光。しかし、未だ自分のことを男の子だと思っている尚哉に対して不安を感じ、早く本当のことを言って謝ろうと思います。しかし、トイレから出てきたところを尚哉に見られてしまって・・・

ヲタクに恋は難しい 4巻 感想ネタバレ

ざっくりあらすじに書いていますが、色々なお話が凝縮されているので、是非読んで下さいね。

今回は、樺倉太郎・小柳花子カップルが最高に良かったな~。
実は私、中学~高校までの6年間バレー部だったので、妙に親近感あります。

高校時代のふたりは、お互い面倒な相手だと思いつつも、同じキャプテンという責任を負っていることで最初から何かわかりあえる部分があったと思うんですよね。

そして、きっかけはヲタバレした写真ですが、だんだんそこからお互いの不器用だけど愛しい部分みたいなものをわかってくるわけです。

樺倉がお手本のジャンプサーブをした時の小柳の驚きと、教えてくれるって言われた時の顔はすごく良かったですね。
そして何と言っても!!樺倉が引退試合を負けた時に、小柳が自分のことのように涙をポロポロ流して泣いてしまい、その涙をゆびですくってくれる樺倉が超よかった!!

まだ彼氏でも彼女でもないけど、お互いを大切にする気持ちはそれ以上に思えてキュンとしました。卒業式も良かったね~~~。ラブラブですな!!

スポンサーリンク

他では、成海と小柳がお互いヲタクだとわかる所も面白かったですね。隠れヲタクの成海が、確信したものの、腐ってるのかどうかを知りたがっているところは可愛かったし(笑)

それと、尚哉がオンラインゲームをするところはめっちゃ可愛い!!
途中で、ゲームのキャラを宏嵩が勝手に操作しちゃうシーンがあるんだけど、尚哉のキャラがちゃんと宏嵩の目になってた・・・(笑)表情ひとつで、ちゃんと宏嵩に見えるのがすごい。

あのゲーム上でのちびキャラは、ダントツ尚哉が可愛いと思っているので、また見たいわ~~。

次回は、女の子だとバレてしまった光はどうしちゃうのか気になるところ。
5巻の感想も読んでくださいね!

ヲタクに恋は難しい4巻の感想ネタバレまとめ

ヲタクに恋は難しい4巻は、樺倉太郎と小柳花子の出会いや付き合い出した頃のお話がしっかり描かれています。不器用だけどまっすぐなふたりの初々しい高校生時代のお話は、単純に楽しい!!

そして、この頃のことを知ったからこそ、今のふたりの関係がすごくわかってきちゃいます。出だしと現在の間に、ふたりにどんなことがあったのかを想像すると、キューンとします。だって、誰も気づかないぐらいお腹が痛いのを我慢しているのに、樺倉は気づいてくれちゃうぐらいお互いを理解しているんだものね!

ツンデレのふたりだから、きっとなかなか素直に慣れなかっただろうに、大切に大切に愛情を育ててきたんだろうな~なんて思います。ヲタクだから、他に夢中になることもあっただろうし。

そして、尚哉と光の関係も少しずつ変化が出ています。今後も期待しちゃいますよ。

↓各巻のあらすじ・感想一覧はこちら
【ヲタ恋】アニメ&漫画の感想ネタバレまとめ総集編!キャスト情報も

↓次の第5巻の感想はこちら

以上、ヲタクに恋は難しい4巻の感想ネタバレの記事でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら