アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ピアノの森(漫画)5巻のあらすじ・感想(ネタバレ注意)予選の結果は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

漫画ピアノの森 第5巻のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

まずは、前回の第4巻の復習から。

子犬のワルツが弾けるようになったカイは、取り引きを成立させるために、阿字野の希望を聞いたのですが、それはコンクールに出場することでした。

コンクールはプロを目指す人が出るもので、自分が出ても恥をかくだけだと言ったのですが、他に阿字野がしてほしいことがないというのだから仕方がありません。カイはピアノコンクールに出場することを了承します。

コンクール当日、色々あって母親の玲子も一緒にコンクール会場へ行くことに。
ピリピリするムードの中、カイが出会ったのが丸山誉子でした。

では、ここから「ピアノの森(漫画)5巻のあらすじ・感想ネタバレ!予選の結果は?」についてまとめます。

スポンサーリンク

ピアノの森(漫画) 5巻 あらすじ

ピアノの森 5巻

ピアノの森 5巻

ピアノの森 5巻

[著]一色まこと

第33話:ウェンディ(11歳 オス)
第34話:31番雨宮修平
第35話:33番丸山誉子
第36話:37番一ノ瀬海
第37話:37番一ノ瀬海②
第38話:37番一ノ瀬海③
第39話:ピアノ弾きの幸せ
第40話:一番のピアノ

姿を隠していた丸山誉子は、こっそり隠れて泣いていました。悔し泣きです。

修平が参加したことで勝てないと思ったというのもありますが、そうではない悩みが彼女にはあったのです。

彼女は、大事な本番でいつもあがって失敗してしまうのです。
そのために、今回は倍の量の練習をしてデータも集め、実力ならトップなのだと自分に言い聞かせて来たのに・・・修平が出場することでそれが台無しになると思ってしまったのでした。

カイは、「いいか、おまえの敵はそうやって集中できない自分・・・」
そう言いながら、カイ自身も阿字野に指摘されてきたことを理解するのでした。

そこでカイは、指の練習曲の時に自分が行ったように、誉子にも一番好きな場所をイメージするよう教えてあげます。

彼女の大切な場所とは、愛犬のウェンディとふたりだけの時間を持つトイレ。髪の色が似ていると、カイはウェンディの代わりになることに・・・

そして本番。

雨宮修平は、完璧な演奏をします。
ミスのない機械のように安定したピアノ・・・

丸山誉子もまた、素晴らしい演奏でした。初めて人前でちゃんと弾けたのです。

そしてカイは・・・
モーツアルトのオバケが見えてしまい、ミスはないものの阿字野のマネをしたピアノになってしまい・・・

カイは演奏を止めてしまいます。
そして靴を脱ぎ、ちょうどいたアリ一匹を観客のつもりで再度弾き出すのです。

誰もが驚く素晴らしい音色。

阿字野は思います。
これがおまえの・・・おまえのピアノだ・・・

スポンサーリンク

ピアノの森(漫画) 5巻 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

カイのピアノの才能が、ハッキリと形に現れて見れたお話でした。
素晴らしい演奏でしたよね。
漫画なので音が聞こえないのが残念でした。

完璧にノーミスで演奏した修平も負けたとすぐ思ったほどの出来。
観客の誰もが感動し、客席はコンクールだというのにスタンディングオベーション!
アンコールの声が止まらないほどでした。

人々の歓声と拍手。
カイにとって初めての体験。

ずっと森のピアノで、玲子や動物たちを相手にしか弾いてこなかったカイにとっては、何とも言えない体験だったでしょう。

しかし、予選通過の結果は・・・
まぁ、当然ながら落ちちゃいますよね。カイは自分ならではのピアノを自由に弾いていたし、マナーは完全無視でしたから。

でも、発表がある前に、本選での曲が子犬のワルツだと聞いてしまったカイは、みんなの前で子犬のワルツを弾きたいと思ってしまったので落ち込みます。

でも、これがあったからこそ、世界に行くんですよね。
本選の課題曲が子犬のワルツって、もう運命としか言いようがないですよ。

もしも違う曲だったら、予選通過して弾きたいとも思わなかっただろうし、落選してがっかりすることもなかったかもしれませんから。

あと私が好きだったのは、丸山誉子の家族が登場したところ。
4巻で白石がカイに話していましたが、誉子の両親は忙しくてあまり接してくれなかったし、優秀な兄や姉たちがいて、1度ピアノを褒められただけで愛情に飢えているとのこと。

それを読んでいたので、冷たい家族のイメージを持っていたんですよ。
でも・・・

家族みんなで見に来ていて、めっちゃ喜んでましたよね。
愛されてるじゃん!!
良かった、良かった。

ピアノの森(漫画) 5巻 感想ネタバレまとめ

ここまで読んできて、最もスカッとした巻ですね~~。

コンクールのシーンというのもあるけれど、多くの人にカイがすごいことを認められたわけですから。

そしてカイも観客の前で弾きたいと強く思い、この日大きく変わります。

そして、阿字野もまたカイを世界へ出してみないかと玲子に言いました。

最後はがっかりしたカイが雨に濡れているシーンで終わりますが、今後を考えるとワクワクしますね。

あらすじ・感想の各巻一覧はこちらから
ピアノの森あらすじ・感想ネタバレ!ココがすごい!総集編

↓次の第6巻の感想はこちら

以上、「ピアノの森(漫画)5巻のあらすじ・感想ネタバレ!予選の結果は?」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら