アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ラディアン(アニメ)15話のあらすじ感想ネタバレ!15年前の真相が発覚

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ラディアン15話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

ラディアン第15話「その拳は流星のように」

まずは、前回14話の復習から。

ドクが人質として捕まっていて、メリもまた捕まってしまいました。
その頃セトは、タジと一緒に住民たちの前に吊るし上げられて・・・

コンラッドは、すべてをセトたちや移民たちのせいだと嘘をつき、住民たちを煽ります。そして、その住民たちも一緒に門の中に閉じ込めて、砲撃を始めるのです。

では、ここから「ラディアン(アニメ)15話のあらすじ感想ネタバレ!15年前の真相が発覚」についてまとめます。

スポンサーリンク

ラディアン(アニメ) 15話 あらすじ

ネメシスを解き放ち、鐘を中央通りに落としたハーメリーヌは、過去の話を始めます。

15年前に、感染者の子どもたちは、ネメシスを退治する防衛部隊として幽閉されていました。その中のひとりがハーメリーヌ。

彼女たち防衛部隊の子どもたちはひどい扱いを受けていましたが、オクシュマレ准尉だけは、彼女たちの境遇を理解して優しく同じ人間だと対応してくれていました。

そんなある日、オクシュマレ准尉も防衛部隊の子どもたちも気に入らないコンラッドが罠をしかけます。

防衛部隊の子どもたちを善人のふりして逃して住民たちに襲わせようと仕組み、その後オクシュマレ准尉を殺して、すべてを移民や魔法使いのせいにしてしまいます。そして、幽閉区画を島から崩落させたのです。

唯一の生き残りだったハーメリーヌは、今まさに復讐のために街を崩壊させようとするのです。

ラディアン(アニメ) 15話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレにご注意くださいね)

この内容は、3巻の16章~18章途中までのお話です。

内容はほぼ原作と同じで、今回のこのストーリーはアニメの方がぐっとわかりやすかったです。

原作漫画は、過去のお話を細かく描かれているのだけど、文字も多くてちょっとわかりづらいんですね。ところが、アニメでは、シンプルにいかにコンラッドが悪どいのかが描かれていました。

これだけシンプルでもわかりやすかったのは、ここぞってシーンだけに絞って強調して描いているからでしょうね。

例えば、原作の漫画では、コンラッドが子どもたちのことが普段から気に入らなくてひどいことをしているシーンなども描かれています。

オクシュマレ准尉がうんぬん・・・という前に、彼女たちが気に入らなくてちょっかいかけて意地悪しているんですよ。

オクシュマレ准尉もまた、防衛部隊の子どもたちだけではなく、移民たちにも優しくしているシーンなども描かれています。

それ以外には、牢獄担当のコンラッドが本部に出向いて嘘を言いながら攻撃するように忠告したり、若かりし頃のドラグノフがコンラッドの言い分をあまり信じていない様子なども描かれています。

そういう細かい状況をすべてカットして、重要なポイント部分だけをピックアップしているので、わかりやすいということです。

スポンサーリンク

ハーメリーヌのセリフで、いかに人間たちが差別をして勝手な言い分で行動していたのかがわかります。

自分は15年前にはいなかったとか、自分には関係ないなどと言ってのける住民たち・・・

関係ない?
感染者の子供の魔法使いを処刑しようとしていたあんたたちとコンラッド、いったい何が違うと言うの!

ひとりでは何もできないくせに、善良な市民とまとめられた途端、どんな残酷なことでもできる

今回も同じ。
あんたたちは何の疑問も抱かずににコンラッドに従って、人を死に追いやろうとした

うんうん・・・
まさにこのことが、この作品のメインテーマと言えるのでは?ないかと思うぐらいのセリフです。

そして後半には、コンラッドもまた本音を言っています。

移民やきさまら感染者は存在自体が罪。
害虫でありバケモノなのだ。駆除することの何が悪い

なんと自分勝手な・・・(汗)

原作の漫画によると、移民が多い理由は、産業の街で仕事を求めて人が集まってきたというだけではなく、巨大な2匹のネメシスが極南に落ちたことで、移住をせざる負えなかった人々が多く集まってきたとしています。

だからオクシュマレ准尉は、もしも自分がネメシスに襲われて移住せざるをえなかったとして、それで犯罪者扱いされたらどうするんだって言うんですけどね。コンラッドはまったく耳を貸しません。

この人って、自分はすごいとか、絶対そんなことになるわけないとか思ってるんでしょうね。自信過剰というか。だから、もしもって想像もできずに平気で人を見下すことができるのかと・・・

今まで色々な作品を見てきて色々な敵がいたけど、ここまで同情の余地がない人っていうのも珍しいと言うか・・・

このコンラッドが本音のセリフを言った時のセトは強いですね。
なんだかONE PIECEのルフィーを思い出します。

普段から強いんだけど、仲間たちを見下したりハメたりされると、より力を発揮する感じ。この時のセトも、ただコンラッドと戦っていた時よりも強い!

すべての元凶がコンラッドだとわかって、彼が魔法使いたちを罠にはめて落とし入れてきたことを知って、今までないほどの戦い方をしています。

自分よりも人のことを思う気持ちが、差別描写の多いこの作品の中では特に心を温かくしてくれます。

ラディアン(アニメ) 15話感想ネタバレ まとめ

次回「嵐穿(うが)ち舞い上がれ」
謎のが登場しますね。

セトに関係しているその謎の男とは!?

また、ランブル・タウンが崩壊するかどうかというギリギリのところなので、セト・メリ・グリムがどう戦っていくのかも見ものだと思います。

あらすじや感想の各話一覧はこちらから
ラディアン(アニメ・漫画)あらすじ・感想ネタバレまとめ!

↓次の第16話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「ラディアン(アニメ)15話のあらすじ感想ネタバレ!15年前の真相が発覚」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら