アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ラディアン(アニメ)16話の感想ネタバレ!ランブル・タウン崩落の危機

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ラディアン16話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

ラディアン第16話「嵐穿(うが)ち舞い上がれ」

まずは、前回15話の復習から。

ネメシスを解き放ち、コンラッドを裏切ったハーメリーヌは、過去の話を始めます。防衛部隊として幽閉され、コンラッドの罠にかかって仲間が殺されてしまったこと・・・

そして、コンラッドが移民や魔法使いのせいにして幽閉区画を島から崩落させたことを・・・

では、ここから「ラディアン(アニメ)16話の感想ネタバレ!ランブル・タウン崩落の危機」についてまとめます。

スポンサーリンク

ラディアン(アニメ) 16話 あらすじ

セトは、強敵コンラッドをやっと倒しました。しかし、ハーメリーヌとネメシスによって街が崩落してしまいそうな状況は変わりません。

戦いのあとセトのそばに来たドラグノフは逮捕状が出ていると言うのですが、まずは住民を助けることが優先だとして、それぞれが街と人を守るために行動するのでした。

メリは次々と現れるネメシスと戦っていて、そこにセトが合流します。ドクのことを話そうと泣き出すメリでしたが、セトがドクはここにいると言い出して・・・

その後、グリムもそばにいることがわかり、ドクとミスター・ボブリーを置いて、セト・メリ・グリムはハーメリーヌとネメシスと戦うことに!

ところが、数多いネメシスに攻撃されて、セトは吹き飛ばされて意識を失ってしまいます。セトが目覚めると、そこにはピオドンと名乗る謎の男がいました。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

ラディアン(アニメ) 16話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレにご注意くださいね)

この内容は、3巻の18章の途中~4巻の23章までのお話です。

今回のお話では、メインストーリーとなるハーメリーヌとネメシスとの戦いの他にも、注目すべきポイントがいくつもありました。

まず、アニメではドラグノフがちょっと迷っているようですね。
本当にラディアンに行ってネメシスを倒すというセトの言葉について、本当に信じているのかと聞いていましたし。

それに、セトから何のために戦っているんだって言われて、ちょっと考えているようにも思いました。彼は、この差別の世界をおかしいとは思っているのでは?

今回の事件だって過去の事件だって、移民や魔法使いではなくコンラッドの方が悪くて多くの人の命を奪っているわけです。そして目の前でメリを逃した彼は、自分は逃げることだってできるはずの魔法使いが、人々のためにネメシスと戦っていることを見ています。

それに、トルク将軍から指示されているドラグノフは、セトが特別な魔法使いであることを知っているはずなので、正しいことを言っているセトを捕まえるということも含めて色々と思うところがあるのでしょう。

スポンサーリンク

しかし、原作の漫画では、今のこの状況では特に考えている様子もなく、あっさりと事態が収拾したら捕まえるからな!と言って、住民を助けることを優先したというだけの話で、ラディアンを探す話を聞き直したりはしていませんでした。まだここでは、指示に従ってシンプルに動いているというのが漫画でのドラグノフ。

メリは、チラッと過去のことを思い出すシーンがあって、何やら大切な人を過去に亡くしているらしい・・・

グリムも、探している相手がハーメリーヌではなかったようで、何のために誰を探しているのかも気になります。

グリムも謎のある人ですが、悪い人ではなかったですね。
最終的には、セトとメリに協力して、一緒にハーメリーヌと戦ってくれました。

そしてもう大きな注目ポイントは、セトの秘密について。
奇跡の人修道会の面々も動き出しているので、セトの正体に関する謎は、ここから注目しておきたいですね。

兄のピオドンも登場しました。

でも、最後に家族だと独り言を言う程度で、セトにあれこれ言うことはそれほどありませんでしたね。顔の絆創膏は封印をしているもので、セトはファンタジアのことをよくわかっていないと指摘した程度でした。

ところが原作の漫画では、自ら兄貴だと最初に名乗っています。そして、かなり色々とピオドンは話しているし、やっているんですよね。絆創膏にさわってみたら、遠く離れているアルマにも影響が出るほどセトの体に異変が起きたり・・・

どちらにしても、原作漫画・アニメ両方で、ピオドンの存在は謎がまだまだ多いということです。

そして、笑ってしまったのはドク。
脱皮した赤ちゃんドクはめっちゃかわいいですが・・・(笑)
誰が面倒みるの?って感じで、困った呪いですね。

本人もこの呪いのことを知らなかったようなので、かなりびっくりしたでしょう。しばらくは、中身は大人だけど外見は赤ちゃんのドクを世話しながら一緒にいるようになりますね。

メインストーリーは、ハーメリーヌとの戦いに苦戦中。
メリの魔法でハーメリーヌのファンタジアを使えないようにしたりしたものの、それであっさり諦める相手ではありません。

正直言って、ハーメリーヌの気持ちもわかるからこそ切なくて、なんでセトと彼女が戦わなくちゃならないのか?なんて思っちゃうんですよね。当然ながらセトは殺すつもりはないから、なんとか気持ちをわかってもらおうとするんだけど・・・

次回は、ハーメリーヌの気持ちもわかってしまうセトがどうするのかってことが観れるはずですよ。

ラディアン(アニメ) 16話感想ネタバレ まとめ

奇跡の人修道会の面々も登場しましたが、かなり個性的な人ばかり。
この人達が、いったい何をするのかも気になりますね。

あらすじや感想の各話一覧はこちらから
ラディアン(アニメ・漫画)あらすじ・感想ネタバレまとめ!

↓次の第17話の感想はこちら

以上、「ラディアン(アニメ)16話の感想ネタバレ!ランブル・タウン崩落の危機」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら