アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

ラディアン(アニメ)19話のあらすじ感想ネタバレ!気乗りしないパーティー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ラディアン19話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

ラディアン第19話「君が変えた世界」

まずは、前回18話の復習から。

ハーメリーヌがトルク将軍に斬られてしまい、セトは助けようとして異端審問官フォン・ツェペシュに返り討ちにされてしまいます。

死んでしまいそうになったセトは、彼自身に秘められた力が暴走してしまい・・・

では、ここから「ラディアン(アニメ)19話のあらすじ感想ネタバレ!気乗りしないパーティー」についてまとめます。

スポンサーリンク

ラディアン(アニメ) 19話 あらすじ

アルテミス学院に帰還したセトたちは、カフェで自分たちがヒーロー扱いされているということを知ります。そして、マスター・ロード・マジェスティに歓迎パーティーに呼ばれることに・・・

しかしセトは、ハーメリーヌのことや自分が暴走してしまったことを考えると、気がのりません。
そして、事実を知りもせずにハーメリーヌのことを悪く言われて怒ってしまいます。

会場から出た悲しみの晴れないセトのそばに来たのは、アルマ。
セトのことを心配していたメリが連絡をとっていたのです。

セトは、アルマから一通の手紙を受け取ります。
それは、タジからの手紙でした。

ラディアン(アニメ) 19話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレにご注意くださいね)

この内容は、4巻の28章途中~最後までのお話です。

今回のストーリーは・・・
セトが落ち込んでいて、マスター・ロード・マジェスティにパーティーに呼ばれ、アルマに慰められて元気になる・・・というざっくりとした大枠は原作と同じです。

でも、その内容はかなり原作コミックとは違っていました。

原作の漫画が好きでアニメを観ている方はどう思ったんでしょうかね・・・
私個人としては、がっかりと思う部分が多かったので、今回の感想はかなり辛口です。
原作コミック通りだったら良かったのに。

まず原作コミックでは、セトが目を覚ましてところから始まります。
その時にメリは呪いが発動中で、ベッドをずっと占領していたセトに文句を言ったりしています。

そこにグリムも登場。
そして、ランブル・タウンでの行動で謎だった部分を、なぜあんな行動したのかって話をしています。

セトは、ハーメリーヌから預かったネメシスの様子など、一通りの説明を聞いたあとに、ホッとしてサンキュってメリの手を握ります。そこでちょっと恥ずかしそうにしたメリは、いつものメリに戻ってました。

そしてそこにマスター・ロード・マジェスティがパーティーの連絡をしてきます。

ここまでは、ランブル・タウンでなんで?と思った部分の謎がわかりつつ、戦いの様子が再度わかったり、セトが落ち込んでいる様子などが描かれていて、気乗りしないままパーティーへ。

ところがアニメはここまでのストーリーが全然違います。
ミス・メルバのカフェで食事をするシーンから始まるんですよね。

そして、赤ちゃんになったドクが、ミス・メルバにこんな姿を見られたくないとか、メルバ・パパにおむつを変えられるとか、ワーワーやっているシーン。

その後、ミス・メルバと赤ちゃんのままだとダンスができないと言い、大人になる薬を飲んだりしていました。結局中途半端な子どもにしかなりませんでしたけど。

う~~~~ん・・・
これっている?
なんで中途半端に子どもになる必要があるのかわからない・・・
原作のように、赤ちゃんのままの方が良かったのに。

そもそも漫画ではこれっぽっちもミス・メルバは出てきません。
なんだかアニメでは、やたらとミス・メルバとドクのシーンが多く登場してくるんだけど、誰得???

大人なら、もっとランブル・タウンで登場した人物のこととか、グリムの謎などを見れた方が面白いし、子どもだって大人の恋愛話より、漫画のようにセトの頭の上に乗ったドクがギャーギャー騒いでいる方が面白いと思うんだけど。

スポンサーリンク

それに、気分が悪かったのは、ハーメリーヌのことを悪しき魔女扱いしたり、ドミトールは魔法使いの底辺だと言うところ。

カフェで新聞に自分たちが掲載されていることを知ったセトたちが、その新聞を読むわけですが、そこに悪しき魔法使いドミトールという書き方をしていたわけです。それを聞いたセトはショックを受けたような顔をしていました。

そして、パーティーで登場してくる箒レースで戦った男・ニックも、ドミトールなんて所詮魔法使いの底辺とか言うわけですよ。

これは、あとからセトがパーティー会場に来ている魔法使いたちに対してハーメリーヌのことをかばう発言をすることにつなげていると思うんですけどね・・・

原作コミックでは、「ドミトールのネメシス軍団と戦った」という言い方はしていますが、その魔法使い・ハーメリーヌ自身のことを何か悪く言うようなセリフはありません。

ニックも、人気者扱いされているセトにやきもちをやいて本人に文句を言っており、それに対してセトは、最強だとか言って騒がれること自体を怒っています。

オレが気に入らないなら・・・
どうしてオレにまとわりつく!?

誰が強いとかそんなことは勝手にやってくれ!
人ならいくらでもいるじゃねえか!!
(中略)

こっちは遊びじゃねえんだ!!
ネメシスの襲来に怯えている人たちが・・・
“奇跡の人”に殺される魔法使いたちがいるんだ!!

ラディアンについて知ってるなら教えてくれ
どんなことでもいい。話を聞くよ。情報交換しよう!!

だが、誰が最強か知りたいならおまえらだけでやれよ!

セトからすれば、誰が強いなんてどうでもいい話で、そんなことばかり大騒ぎして何も行動しようとしない魔法使いたちに対する怒りもあったのだと思いますよ。

アニメでは、この部分がハーメリーヌのことをかばうようなセリフになっています。

私だって原作コミックは、このあとの話につながる魔法騎士団の名前があがってきますから、内容がアニメとは違ってくるのは当然だとはわかっているんですよ。

でも、原作でまったく出てこない”同じ魔法使いを差別する発言”は、やっぱり嫌だな~~。

もともとココにいる魔法使いは、他の村や街で迫害・差別されて来た人も多いわけですよ。
なのに、このアルテミス学院でもこんな公の場で差別発言があるわけ?って思いました。

気に入らない相手本人に、嫌味を言ったり意地悪を直接するのとは違いますからね・・・
存在自体を否定したり見下したりするのは、このアルテミスではやってほしくなかった!!!

つーか、ハーメリーヌを悪しき魔法使い扱いした新聞記事のシーンとかいらなくない?
原作では、会場に行って初めて騒がれているのを知って、急にワーワー勝手なことを言われたからこそ、セトはより怒っちゃうわけで、それだけで十分だと思うんだけど。

ドクの恋愛話を含むカフェのシーンとかいらないから、ランブル・タウンでの戦いを振り返るシーンがあったほうが良かったと思いました。

ラディアン(アニメ) 19話感想ネタバレ まとめ

ランブル・タウンへ行くまでのストーリーも、なんで???って思うような内容の回がありました。めちゃくちゃ子ども向けになっているストーリーだったり。

今回も、半分はドクの話だったわけで、さらに原作にはない差別発言もあったことで、がっかりでした。

残りはあと2回。
オリジナルストーリーですね、きっと。
気持ちよく終わるといいなとひたすら思っています。

次回「予兆」

あらすじや感想の各話一覧はこちらから
ラディアン(アニメ・漫画)あらすじ・感想ネタバレまとめ!

↓次の第20話の感想はこちら

おすすめ動画配信サービス

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「ラディアン(アニメ)19話のあらすじ感想ネタバレ!気乗りしないパーティー」でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら