アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ラディアン(アニメ2期)18話のあらすじ・感想ネタバレ!人間未満じゃない!!

 
ラディアン2期18話
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ラディアン 18話のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめています。

ラディアン 第18話「輝くは人の意思」

前回17話は、戦争を止めたいというお互い共通の想いから、ドラグノフとともに出頭しようとしたセトでしたが、ドラグノフでさえ知らなかったことがあったというお話しでした。

今回の18話は、各地で繰り広げられる激しい戦い!差別され人間未満に見下されているセトたちが憤りを爆発させるお話しです。

では、ここから「ラディアン(アニメ2期)18話のあらすじ・感想ネタバレ!人間未満じゃない!!」についてまとめます。

スポンサーリンク

ラディアン(アニメ2期) 18話 あらすじ

セトのところに謎の戦士がやってきて、その中身は記憶の石とともに鎧に取り組まれたドクでした。

ドクは早くここから逃げたいと大騒ぎ!
しかし、記憶の石たちが言うことを聞いてくれるわけでもなく、危機的な状況になている女王の元へ向かいます。

そしてセトは、残ったサントーリとの決戦に!!

一方その頃、オコホやメリたちも戦っていました。
オコホはドゥーサン男爵、メリはリゼロッテに怒りをぶつけ戦います。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

ラディアン(アニメ2期) 18話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、9巻65話~67話の途中までのお話です。

黒い謎の戦士が登場し、セトに事情を話したりサントーリを敵だと認識して攻撃をしようとするシーンからスタート。

この出だしは、原作コミックとほぼ同じではありますが、セリフが追加されていたりしてわかりやすくなっています。

漫画でも複数の記憶の石が主導権争いをしてしゃべっている様子が描かれているものの、文字だけではどう違うのかいくつの声なのかわかりにくいです。
その点アニメだと、ハッキリ声の違いでわかるのがいいですね。

その後、サントーリに攻撃を仕掛けた戦士でしたが、女王の危機を知ってクイーン・ブーディカを助けるために走り去っていきます。

そこから中盤までは、セトvsサントーリのお話しになります。

セトは、自分を捕まえたら戦争を辞めるとドラグノフが言っていたのに、爆撃を続けていることを怒ります。そして、自分が標的なら自分だけ狙えばいいのにって言うんですよ。

すると、それに対してサントーリが答えるわけですが、その言葉がアニメと原作コミックでは違います。

アニメではこう言っていますね。

吾輩が聞かされていることは
そなたたち全員を保護することです

それに対して原作コミックのセリフはこうです。

簡単に言えば
そなたたちを一般人に怪物だと思い込ませる…
すると物事が簡単に進む…
感染者たちを奴隷にしやすくなる…

そなたは言い訳のひとつでしかない!

全然印象が違いますよね!?
前後のセリフからすれば、言っている意味合いはほぼ同じだと思えるんだけど…

アニメでは曖昧な言い方をしているのに対し、原作コミックではハッキリとドラグノフもまた騙されていたのだということを示しているということでしょう。

サントーリもよくわかっていなくて、今までトルク将軍に言われたことから考えられることを言っているわけですから、このセリフの通りだとは限りませんし、トルク将軍が本当はどう思っているのかなどはわかりません。

だけどこのシーン時点では、ドラグノフ以外はみな戦いを辞める様子がないことからして、トルク将軍が

スポンサーリンク

後半は、それ以外のそれぞれの場所での戦いも描かれます。

まず1つ目は、謎の戦士vsコンヴィクティスの王子・ヴェローヌ

どんな攻撃をしてもファンタジアまで石化されてしまうので、打つ手なしの戦士。個人的にヴェローヌって可愛い!とか思っているのだけど、敵という点で言えばかなりやっかいな相手ですね。

ゲームをやっていてもおもうけど、石化されちゃったらどうにもできないし。
しかも、彼を囲っている円の範囲内は、攻撃すら石化しちゃうのだから、普通に考えればどうしようもないです。

ドクは、記憶の石を飲み込むぞと口に頬張って脅し、思いついた案を実行させようとするのだけど、お~~~そういえば~~~と思えるナイスなアイデアです。

それがわかるのは、次回ですね。

次にドゥーサン男爵vsオコホ

ドゥーサン男爵は、モルドレッドがオコホを殺して後始末するって思ってましたけど、ジゾニによってオコホに操られ、逆に味方を攻撃しまくっていることを知ります。

まぁ~~~この男の発言にはムカつきますよ。
船の木が地で汚れることをマジで怒り、モルドレッドのことを人形や物扱いですよ。本当に利用するだけで、息子としてこれっぽっちも愛していなかったんですね。

3つ目は、メリvsリゼロッテ

お前たちのその汚れた力が
どれほど人々の脅威になっているのかわからないのか

お前たちは管理されるべき存在だ!

リゼロッテはそんなことを戦いながら言っています。
正直言って、まぁこんなもんだよねってがっかりしちゃいました。

他の奇跡の人とは違ってドラグノフのことをよく知り理解していた人だから、多少は融通が聞くのかな?とか思っていたのに…
結局、感染者というひとくくりでしか見られない差別する人なんだ…がっかり…

このあとから最後までは最高に良かった!!
再度セトとサントーリの戦いシーンになり、そこからそれぞれの場所での戦いも順次出てきます。

共通しているのが、セト・メリ・オコホたちに対し、敵対している相手は差別発言をしていること…

そして、セトたちは勝負に勝って戦いを終わらせようとする瞬間に言ってやるんです。自分たちは決して人間未満ではないと…

次回の最初に、勝利するシーンもじっくり見れるでしょうから、楽しみですね。

ラディアン(アニメ2期) 18話感想ネタバレ まとめ

複数箇所で行われている戦いも終盤を迎えてきました。

敵はみな感染者である魔法使いを人間未満だと見下したり、管理してやる存在だなどと言っていて、この作品のテーマである「差別」が強調されていましたね。

次回は、戦いに勝利してスッキリ気分を味わえそうとは思いますが、まだまだこれだけではすみません。

さらに悲しいことが待っている!?

次回「君の声が聞こえない」

あらすじや感想の各話一覧はこちらから
ラディアン(アニメ1期・2期)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第19話の感想はこちら
ラディアン2期19話

以上、「ラディアン(アニメ2期)18話のあらすじ・感想ネタバレ!人間未満じゃない!!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら