アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪



ラディアン(アニメ2期)19話のあらすじ・感想ネタバレ!ミルの怒り

 
ラディアン2期19話
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ラディアン 19話のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめています。

ラディアン 第19話「君の声が聞こえない」

前回18話は、各地で繰り広げられる激しい戦い!差別され人間未満に見下されているセトたちが憤りを爆発させるお話しでした。

今回の19話は、戦いが続きミルが怒りを爆発!そしてセトもまた暴走してしまうお話しです。

では、ここから「ラディアン(アニメ2期)19話のあらすじ・感想ネタバレ!ミルの怒り」についてまとめます。

スポンサーリンク

ラディアン(アニメ2期) 19話 あらすじ

セト・オコホ・メリ・ドクは、それぞれの場所で敵対する相手と戦っていました。そして、勝利によって戦いは終わるかと思われたものの、奇跡の人・ウルミナが黙っていはいなかった!!

彼女は、サントーリがセトに倒されてしまったことへの報復に、さらなるファンタジア無効化装置・ハーモニジウムを時の森に投下してしまったのです。

どんどん失われていくファンタジア。
魔法使い騎士団の騎士たちは、魔法を使うことができず、逆に異端審問所の兵士たちは、ウルミナの奇跡によって死んだものたちまで復活し…

形成逆転で厳しい状況の中、セトはミルとジルの身を案じて森へ急ぎます。
そして到着すると…

そこには絶望したミルが!!

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

ラディアン(アニメ2期) 19話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、9巻67話の途中~10巻71話までの一部のお話です。

今回のお話しは、かなり原作と違って、どこがどう違うのかを書くのも大変なぐらいです。大筋の土台は同じではあるんですけどね。

まず前回からの続きで、セト・メリ・オコホそれぞれの場所での戦いシーンから始まります。

まぁ、見事に相手が感染者を差別して見下した目線で偉そうなことを言ってますからね…

ドゥーサン男爵は人として根っからの悪人ですよ。

サントーリは、結局はただのバトルジャンキーなのでは?

リゼロッテは、悪い人ではないとは思うのだけど、正しいことやっていると真剣に思っているからこそやっかいですよね。

そしてついに、セトとメリの勝負は決着がつきます。
ふたりの勝利です。

だけど、ドゥーサン男爵は息子のモルドレッドも部下たちも見捨てて逃げましたよ。どこまで卑怯なんだか…

残されたモルドレッドのシーンは、なんとも言えませんでした。

感情がなかった彼が、ジゾニをかけられていることで感情に苦しめられるという…
だけど、オコホが言っていたように、ジゾニが解かれれば忘れてしまうわけで、もう少し苦しんでいてくださいって感じですよ。
彼もある意味被害者ですね。

あんな父親の息子として生まれなければ、違った運命だったかもしれません。
感情がないから、好き勝手に親に利用されても、それが当然だと生きてきたのでしょうから。

あ~~~!ドゥーサン男爵がギャフンと後悔するところを見たい~~

オタク主婦

そしてこのあとは、戦士になっているドクと奇跡の人・ヴェローヌとの戦い。
石化したファンタジアを上から落として一応ドクたちが勝利しますが、ヴェローヌは逃げてしまいます。

スポンサーリンク

後半は泣ける!!

異端審問所側は、サントーリもやられて危ない状況になってきたため、ファンタジア無効化装置・ハーモニジウムを時の森の中に投下してしまいます。
ウルミナの報復ってところです。

さらなる装置によって、魔法使い騎士団たちは魔法を使うことが出来ず、それに対して異端審問所側は奇跡の人・ウルミナの力によって死者を復活させたために、形勢逆転!

そして、ファンタジアがキレたことで森で何かあったと気づいたセトが到着すると…

ジルは干からびているし、子どもたちの姿もなく…
ミルは、優しかったジルの言葉のとおりにしてきたけれど、人間なんてすべて殺してしまえばよかったと後悔しています。

セトも、子どもたちを兄弟だと思っていたので、呆然とした顔で涙を流すんだけど、その顔がめちゃくちゃ切ない顔なんですよ。

そして、その場にいた女王はミルが本当は何者なのかを知り…
セト・ミルそろって我を失ってしまいます。


最後は、暴走したセトがウルミナに引き寄せられたシーンで終了でした。

残りが2話ですから、かなりカットされてますけど、大きな違いはグリムとドラグノフの登場シーンです。

今回のストーリーでは、ふたりとも登場していませんが、原作では登場しています。

グリムは、巨大な幽霊船に乗ってセトたちを助ける行動をしており、ドラグノフはメリに謝って一緒に行動しています。時の森に来た時も、メリはオコホとではなくドラグノフと一緒に来ていて、その後はグリムと合流して3人で行動することになります。

この3人が協力するシーンは、次回見ることができるようですが、アニメだとドラグノフは部下たちと戦っている設定になっていましたから、どう描かれるのかちょっと楽しみ♪

グリムはどうなんだろう…
まったく登場していなかったところから、どんな風に登場するのか…
要チェックです。

ラディアン(アニメ2期) 19話感想ネタバレ まとめ

もうひとつ気になるシーンがありました。
それは、地下でセトを助けようと動いていたディアバルのシーン。

スペクトルネメシスを出してサポートしていたために、ピオドンに居場所を突き止められてしまい、目の前に現れたところまで描かれていました。

ピオドンは、ディアバルをどうするつもりなのか…
気になります!!

次回「この大地に花束を」

あらすじや感想の各話一覧はこちらから
ラディアン(アニメ1期・2期)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第20話の感想はこちら
ラディアン2期20話

以上、「ラディアン(アニメ2期)19話のあらすじ・感想ネタバレ!ミルの怒り」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら