アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

昭和元禄落語心中(ドラマ)5話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)7代目八雲の死

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

昭和元禄落語心中5話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

昭和元禄落語心中第5話「決別」

まずは、前回4話の復習から。

若手落語家として人気急上昇の菊比古(岡田将生)と助六(山崎育三郎)。

菊比古は、真打になるためにも廓噺以外の落語もやるようにと七代目八雲師匠に言われます。そんな時、偶然落語協会を除名された木村家彦兵衛師匠の落語を見ることに・・・

彼の「死神」の凄さに驚いた菊比古は、頼み込んで稽古をつけてもらいます。

一方助六は、態度が悪くて師匠にも怒られてばかり。
その後菊比古とともに真打になりますが、師匠を本気で怒らせてしまい、破門されてしまいます。

では、ここから「昭和元禄落語心中(ドラマ)5話のあらすじ・感想ネタバレ!7代目八雲の死」についてまとめます。

スポンサーリンク

昭和元禄落語心中(ドラマ)5話 あらすじ

真打に昇進した菊比古(岡田将生)は、さらに人気があがっていきます。その一方で破門された助六(山崎育三郎)は、どんどん落語界から離れていくことに・・・

そして数年後、7代目八雲師匠(平田満)が倒れてしまい、菊比古は師匠と助六(現助六を育てた人)との過去の因縁を聞かされます。

一方助六は、菊比古が落語界に戻って来いと言っても、それを聞こうとはせずに、みよ吉とともに姿を消します。子供が出たから田舎で育てるために・・・

7代目八雲師匠が亡くなった後、菊比古は助六に会いに四国へ。そこで見かけたのは、落語を披露していた少女・小夏でした。

昭和元禄落語心中(ドラマ)5話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻の最初の其の六~八の途中までのお話です。

昭和元禄落語心中 4巻

昭和元禄落語心中 4巻

昭和元禄落語心中 4巻

[著]雲田はるこ

昭和元禄落語心中(漫画) 4巻のあらすじ・感想ネタバレ!小夏登場

菊比古と助六の運命が大きく別れていき、落語界でどんどん菊比古がひとりぼっちになっていくお話でした。

ところどころ細かい部分は原作とは違ったりはしますが、違和感は全くなかったですね。
ただ、7代目八雲との親子会の時に、弟子入り志願をした学生とのシーンは、漫画の方が好きかも。

原作漫画の菊比古の方が、学生に対して冷たい顔をしてました。でも、その反面で儚いあぶくみてぇな商売なんてやるもんじゃないと言うシーンでは、寂しい目をしているんですよ。

このあたりの菊比古は、自分の身近な人とそうでない人との心の開き方が全然変わっています。助六がいなくなって、自分の落語ができればそれでもういいや・・・と思っているところがあるので、それがちょっとドラマではわかりにくかったかもしれません。

でも、助六が実は菊比古を羨ましいと本音を語ったシーンは良かった~。
言った本人の助六も言われてショックを受けた菊比古も、迫力ありました。

あと、7代目八雲師匠の平田満さんはめちゃくちゃ良かった!!

助六がみよ吉と四国へ行ってしまったとか、小夏が登場するとか、色々なことがあった中で、今回のドラマで一番印象が強かったのは、7代目八雲の平田満さんでした。

タイトルの「決別」って、助六と菊比古とか、助六と落語とか、そういう意味合いのタイトルだろうって思ってたんですけど、平田満さんの演技のせいなのか、私には一番7代目八雲師匠に関わるシーンの方が、インパクト強かったです。

登場する時間が多かったというのもありますけどね。
でも、その中での細かい違いや感情などが見事に演じられていてすごい!!

途中で7年後って設定になってましたが、その年月を感じさせてくれました。あの菊比古への弟子入り志願のシーンの時には、老けたな・・・と思ったし。

そして、その親子会で落語をしている途中から体調が悪くなり、原作漫画では冷や汗を出しながら我慢して最後までやっています。それを表情を見ただけでここから様子がおかしいとわかるような演技。

さすがベテランですね。

ちょうどこの内容は、7代目八雲の登場が多いところなので、平田満さんの演技でかなり締まった印象がありました。

スポンサーリンク

終わりは小夏が登場!
う~~~ん・・・私の思っていた小夏とはちょっと雰囲気が違いましたけど。

小夏って、大人になっても菊比古(八雲)を憎んでひねくれているけれど、初めて会った時からかなり個性が強いんですよ。子供らしくないところがあって。

そして、菊比古と出会った時に話している様子だけからも、母親のことを毛嫌いしていることがすごくわかりました。

でも、ドラマの小夏は人懐っこかったですね。
母親があまり帰ってこないなどの状況はわかるけれど、それほど嫌いって感じには思えませんでした。

小夏が父親の落語が大好きで、その落語をやらすことなく男の機嫌をとる仕事ばっかりしている母親が大嫌い・・・というのがすごくわかる漫画の方がいいな~。

その方が、大人になっても助六の落語に執着している理由がわかりやすいですからね。それに、母親であるみよ吉が母親というより女でいたってこともわかりやすい・・・

女でいることから逃げられなかったからこそ、死んでしまうような事件になってしまうわけだから。

次回は、とうとうあの大事件が起こります。

昭和元禄落語心中(ドラマ)5話 感想まとめ

原作漫画でいうところの「八雲と助六篇」がそろそろ終わりです。

次回は「心中」

この第6話が、小夏の両親・助六とみよ吉の死の真相がわかるところなので、残りの4話で八雲と与太郎の話になっていくんですね。

あらすじ・感想の各話一覧
昭和元禄落語心中の感想まとめ!登場人物紹介~実写ドラマ主題歌はゆず♪

↓次の第6話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

U-NEXT

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「昭和元禄落語心中(ドラマ)5話のあらすじ・感想ネタバレ!7代目八雲の死」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら