アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

昭和元禄落語心中(ドラマ)6話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)悲しい別れ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

昭和元禄落語心中(アニメ)6話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第6話「心中」

まずは、前回5話の復習から。

菊比古(岡田将生)は、落語家としてどんどん人気があがっていきますが、それに対して破門された助六(山崎育三郎)はどんどん世の中から忘れ去られていきます。

そして数年、7代目八雲師匠(平田満)が亡くなり、菊比古は助六に会うために四国へ向かいます。
そこで出会ったのは、小夏という少女でした。

では、ここから「昭和元禄落語心中(アニメ)6話のあらすじ・感想ネタバレ!悲しい別れ」についてまとめます。

スポンサーリンク

昭和元禄落語心中(アニメ) 6話 あらすじ

助六たちが住んでいる四国へ行った菊比古は、助六に仕事を始めさせます。

一緒に温泉宿の風呂掃除をしたりしつつ、菊比古は落語を披露して仕事をする毎日。

そんなある日、みよ吉は働いたお金を渡すために助六と会いますが、彼はこんな田舎に菊比古が来るわけがないと嘘をつきます。しかし、仕事仲間に見せてもらったチラシから、菊比古はこの地に来ており、助六とともに二人会を開催するのだと知るのです。

その頃、何も聞かされていなかった助六は、二人会には出ないと言いはりますが、小夏に言われてしかたなく出ることに・・・

久しぶりの高座。
予想以上の良い落語を披露して、とても満足した面々。

菊比古は、一緒に師匠の家で暮らそうと助六に話します。
ずっとひとりが良いと言ってきた菊比古の考えが変わったことに助六も喜んだのですが・・・

みよ吉もまたその宿屋に宿泊していたのです。
中居に頼んで菊比古を呼び出したみよ吉は・・・

昭和元禄落語心中(アニメ) 6話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、4巻の其の八の途中から5巻の其の九までのお話です。

昭和元禄落語心中 4巻

昭和元禄落語心中 4巻

昭和元禄落語心中 4巻

[著]雲田はるこ

 

昭和元禄落語心中 5巻

昭和元禄落語心中 5巻

昭和元禄落語心中 5巻

[著]雲田はるこ

う~~~ん・・・ドラマとしては普通に面白かったんですが・・・
原作漫画のファンとしては、かなり残念なところがありました。

今回の内容は、落語心中すべての中で最も重要で切ない部分ですから、少し期待しすぎたかもしれません。

でも、小夏の演技はすごく良かったですね。
鼻水をたらしてまでもの迫真の演技。

残念だったと思ったのは、オリジナルのシーンが追加されていることで、ドロドロ感も心情の複雑さも欠けているし、ちょっと筋道がずれていると感じたからです。

私が気になったのは、追加されている下記のシーン。

  • 助六が菊比古に、みよ吉はお前しか見えていないと言っている
  • 菊比古が田舎に来てから助六とみよ吉が会っている
  • みよ吉は真面目に働いていて、そこで仕事仲間から菊比古が来ていることを知る
  • 二人会の参加を助六が嫌がって落語はもうしないと譲りませんが、小夏に説得されてやることにした

私がなんでこの追加シーンが嫌かというと、みよ吉が悪女ではないし、助六の思いが最初から落語よりもみよ吉に傾いて見えるからです。

わざわざ助六が菊比古に向かって、「お前しか見えてない」とか言ってほしくない!!
そんなのは状況からそれぞれで感じたい!

そもそも、助六はそんなことを言うキャラじゃないのでは?
菊比古が覚悟を決めて別れを切り出したことも知っている助六が、わざわざ彼を困らせるようなことを言うとは思えません。

それに、みよ吉の気持ちなんて最初からずっとお互いわかっていたはず。
だから、ひとりで呼び出された時もさほど驚かず、流されてキスしたり抱き合ったりしちゃうんですよ。

人の気持なんて複雑ですから、そうは簡単にあきらめきれないし、もともと7代目のお妾さんだった時から菊比古にべったりでしたからね。

こんなふうに、菊比古のことしか考えていないと思わせるほどの悪女っぷりを示していたみよ吉が、実は助六や小夏のことも大切に思っていたのでは?と想像できるシーンがあるからこそ、感動できると思うんだけど・・・

助六だって同様です。
みよ吉のことは大切・・・でも、落語のことも忘れられない・・・
落語をキッパリ選べた菊比古と比較して、助六はキッパリ選ぶことができないんですよ。

だから、いつまでも落語のことが頭から離れずに、違う仕事をすることもしないでぐーたらしているわけです。

だけど、ドラマだと落語をやりたくないって言ってるでしょ。
結局、小夏に言われてやってますが、もうこの時点で助六の中では、みよ吉の方が落語よりも比重が高いのでは?と思わせてしまいます。

やはり、原作のように、落語がやりたいんだよね、きっと・・・と思わせておいて、最後にみよ吉を選んだ!というのが良かったんだけど。

今回は特に、みよ吉が悪女じゃないんですよね。
真面目に働いて、生活費を助六に渡すシーンすらあったじゃないですか。
しかも、仕事の合間に菊比古がこの地に来ていることを知りましたよね。

これだけ見てたら、働かないクズの旦那を支えているいい妻でしょ?
この時点で、最後に一緒に死にたいっていうシーンが弱く感じます。

それに、いくら男相手の仕事って言ったって、この時代に芸者さんをやっているのは別におかしいわけでもなく・・・
小夏が、落語を嫌がる以外で母親のことを毛嫌いしている理由がめっちゃ弱い!

家族のために働いて家にお金をいれている状態で、別の男のことをずっと待っていたとか言われても、えっ!?って思いません?そんなに家族を大切にしていて、本当に捨てられるの?とか思いません?

原作の漫画では、みよ吉は助六も小夏もほったらかしで出ていったままだし、菊比古が来ていることを知ったのも、一緒に夜を過ごした男にチラシを見せられたからです。

妻も母の立場も捨てて、まるっきり女に戻っているんですよね。
ダメな女に落ちていっている悪女の方が、菊比古に執着する気持ちの重みが伝わってくるし、落語を捨ててまでもそんな女を選ぶという助六の気持ちもストレートに強く感じることができるはず!

あと残念だったのは、ふたつ。
ひとつは、危ないって時に助六が「ユリエ」と本名を言い、それはドラマでも言っていました。でもその説明はなかった・・・

菊比古は、あれだけ愛し愛されていたのに、彼女の本名は知らなかったんです。これは過去にも、本名すら知らないくせにってみよ吉に責められたシーンがありました。あんただって自分の本名知らないだろうと言い返して、相手の名前を聞こうともせず、自分の名前を教えようともしませんでした。

そしてこのシーンで、助六は知っていたということが表現されています。まさに、助六と菊比古のみよ吉への思いの違いが表現されている重要なシーンだったと思うんだけど。

菊比古が、初めて知りましたと言わない限りは、ただ名前を呼んだだけって感じで終わってしまうから、とても残念でした。

あとは、会長に八雲を襲名するように言われたシーンですね。

ずっとひとりがいいと思っていた菊比古が、ひとりはやめて一緒に暮らそうと助六と話した後だったのに、正真正銘ひとりになってしまったと思うシーン。ドラマでも確かに菊比古は泣いてはいたけど、サラッと見終わってしまって残念でした。

原作漫画では、めちゃくちゃ号泣しちゃったんだけどな~~。

昭和元禄落語心中(アニメ) 6話 感想まとめ

期待していた分だけ、文句の多い感想になりましたが、落語シーンはやはりすごかったですね。

特に、助六の家で菊比古と一緒に落語をして小夏に見せるところは、ふたりの掛け合いもよくて最高でした。

次回からは、思い出から現実に戻って、与太郎が再登場。
また違った意味で泣かせてくれるはずですね。

あらすじ・感想の各話一覧
昭和元禄落語心中の感想まとめ!登場人物紹介~実写ドラマ主題歌はゆず♪

↓次の第7話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

U-NEXT

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「昭和元禄落語心中(アニメ)6話のあらすじ・感想ネタバレ!悲しい別れ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら