アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

SAOアリシゼーション(アニメ)18話のあらすじ・感想(ネタバレ注意)英雄ベルクーリ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ソードアート・オンライン3期アリシゼーション18話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

SAOアリシゼーション第18話「伝説の英雄」

まずは、前回17話の復習から。

セントラル・カセドラルの壁が壊れて外に飛ばされたキリトは、外壁の隙間に剣をさしてなんとか助かります。そして彼に助けられたアリスは、キリトの提案に従い、一時休戦することに・・・

その頃ユージオは、キリトとアリスが生きていることを信じて上階へ進んでいました。そして90階に到着すると、そこは大浴場。
最強の整合騎士・ベルクーリ・シンセシス・ワンがいました。

では、ここから今回の「SAOアリシゼーション(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!英雄ベルクーリ」についてまとめます。

スポンサーリンク

SAOアリシゼーション(アニメ) 18話 あらすじ

90階にたどり着いたユージオは、大浴場で長旅の疲れを癒やしていた最強の整合騎士ベルクーリ・シンセシス・ワンと戦うことに!落ち着いた大人の迫力をかもし出すベルクーリに圧倒されるユージオ。

ベルクーリは、副騎士長のファナティオ・シンセシス・ツーのことを聞いてきて、ユージオが治療中だと言うと、それならユージオの命までは取らないと言い出します。

そして、セントラル・カセドラルの壁にあった「時計」の針で作られた未来を斬ることができる剣「時穿剣」の圧倒的な力でユージオを攻撃してきます。

しかし、年齢差から天命勝負なら勝てるかもしれないと思ったユージオは、相打ち覚悟で攻撃をしかけます。そしてギリギリ勝てました。

しかし、そこに元老長チュデルキンが現れて・・・

その頃キリトとアリスは、セントラル・カセドラルの壁の途中で明るくなるまで休憩中。そして何気ない会話の中で出てきた名前にアリスが反応します。

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

SAOアリシゼーション(アニメ) 18話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

ベルクーリ・シンセシス・ワンがめっちゃカッコいい!!
イケオジだって思いましたよ。

個人的に、諏訪部順一さんはめっちゃ大好きな声優さんなので、もうテンションあがりまくりです。
そして今回のユージオもすっごくカッコよかった!!

先週から、こんなに強い人にユージオひとりでどう戦うんだろうってすごくドキドキしていたんですけど、相打ち覚悟で天命を減らそうとしたっていうのには驚きました。
確かに、若さだけは勝ててますよね(笑)

ユージオは、こんなことを言っていましたね。

僕はあなた達のそういうところが許せないんだ!
自分が何者なのかも忘れ、剣を捧げた公理協会の真の姿も知らずに、自分たちだけが正義の、法の守護者だという顔をする!

あなたは最高司祭が天界から召喚した神の騎士なんかじゃない!

母親から生まれてベルクーリっていう名前を与えられた僕と同じ人間なんだ!
ベルクーリ・・・
あなたはぼくの村に伝わるおとぎ話の主人公です。

そして、このあとベルクーリが果ての山脈の白竜を斬ったことがわかります。
第1話で、果ての山脈の洞窟で、おとぎ話の白竜を人間が斬ったとキリト・アリス・ユージオが驚いたあのシーンですよ!!

あの時アリスはこんなことを言っていました。

でも、英雄ベルクーリでさえ、逃げることしかできなかったのよ!?
・・・整合騎士・・・
まさか、公理教会の整合騎士が人界の守護者である白竜を殺したの?

まさか、本当に整合騎士が殺していて、それがおとぎ話の張本人のベルクーリだったとは・・・

そして、おとぎ話ではベルクーリが盗み出そうとして盗めなかった青薔薇の剣。
今、その青薔薇の剣で、倒されてしまったベルクーリ。なんだか因縁を感じますね。

ずっと長いこと伝えられてきたおとぎ話でしかもベルクーリは英雄扱いですから、きっとそのおとぎ話も危ないから果ての山脈に行ってはダメとか、何らかの教えがあったと思うんですよ。白竜は、ダークテリトリーから人界を守ってくれているんだっていうのもね。

それを信じてずっと育ってきたユージオにとって、英雄のベルクーリが白竜を殺していたという事実は衝撃的だったはず。かなりショックを受けて涙声で話してました。
本当にこんなに大切なことを忘れてしまったのかって・・・

そのまま簡単に信じることはできないものの、ずっと違和感を感じていたと言うベルクーリ。やっぱりこの人はすごい良くできた人だな~~と思った途端、なんだコイツ!?というのが出てきましたよ。

スポンサーリンク

元老長チュデルキン!!
醜い・・・顔でかっ!!
最高に嫌なヤツ・・・

お前みたいなジジイとか言ってんじゃねえぞ、コラっ!!とつっこみたい!!40代のベルクーリがジジイだったら、私はどうなるんだい!!

突如登場したチュデルキンは、ベルクーリを石像にしてしまいます。そして、彼の代わりにユージオを利用しようとするのでしょう。なかなか使えそうなコマも見つかったとか言ってましたからね。

ただ、石像になる前のベルクーリは、チュデルキンよりもユージオの方を信用するような口ぶりだったので、彼がまた復活できれば、強い味方になってくれそうです。

一方で、最後にはキリトとアリスのほのぼのシーンも入りました。
ふたりの間の空気もだいぶ変わってきたような感じだし、さすがのアリスも妹・セルカの名前に反応していましたね。

そしてキリトの話を聞くと言っていましたから、彼女もまた自分が記憶を奪われていることに気づくのでしょう。楽しみですね。

SAOアリシゼーション(アニメ) 18話 感想まとめ

キリトとアリスが肉まんを食べて休憩中なので、早く~~ユージオやばいよ~~と思って見ていましたが、ここからユージオは色々と厳しい状態にさせられるのかと・・・

今後は、ユージオは整合騎士にさせられてしまうのだと思います。

次回「リコレクション」
これまでのキリトの冒険をピックアップしてまとめた18.5話となりますので感想はお休みにして、その次の19話の感想を書こうと思います。

あらすじ・感想の各話一覧
SAOアリシゼーション(アニメ)の動画配信情報&ネタバレ感想まとめ

↓次の第19話の感想はこちら

以上、「SAOアリシゼーション(アニメ)18話のあらすじ・感想ネタバレ!英雄ベルクーリ」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら