アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

SAOアリシゼーション(アニメ)23話の感想ネタバレ!ユージオ死んじゃう!?(泣)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

ソードアート・オンライン3期アリシゼーション23話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

SAOアリシゼーション第23話「アドミニストレータ」

前回22話では、チュデルキンを倒した後、今度は剣の巨人・ソードゴーレムと戦うことになったキリトたち。

強すぎるソードゴーレムから助けようと一緒に戦ってくれたのがクモのシャーロットで、彼女のおかげでカーディナルが助けにきてくれましたね。

今回は、本格的な戦いに突入していきます。

では、ここから今回の「SAOアリシゼーション(アニメ)23話の感想ネタバレ!ユージオ死んじゃう!?(泣)」についてまとめます。

スポンサーリンク

SAOアリシゼーション(アニメ) 23話 あらすじ

シャーロットのおかげでセントラル・カセドラルの最上階に来ることができたカーディナル。
深い因縁のあるカーディナルとアドミニストレータが数百年という時間を経て再会したのです。

かつてカーディナルを始末しそこなったアドミニストレータは、もう隔離された大図書室へ逃げ出せないように、アドレスを切り離しカーディナルを閉じ込めてしまいます。

さらに、ソードゴーレムを復活させ、ソードゴーレムの秘密を話しだすアドミニストレータ。
その非道な事実に、カーディナルはもちろんキリトたちも驚きを隠せません。

SAOアリシゼーション(アニメ) 23話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

あああ~~~(号泣)

今回は、出だしからめちゃくちゃヤバかったです。

ストーリー的に、カーディナルとユージオが死んでしまう!?というだけでも、泣けるは悲しいわで大変です。さらに、ここまでか!!ってぐらいアドミニストレータが憎らしいやらムカつくやら…

最初は、アドミニストレータVSカーディナルって感じで話はスタートしました。

この回のアドミニストレータの表情とか、今まで見たことなかったかも?ってぐらいでしたね。

なんてうまく描かれているんでしょうか!!
あの口元とか、見下した時の目とか…
悪女?悪魔?鬼?

やることもえげつない…

アドミニストレータがやっていることは、ズバッとカーディナルがまとめて言ってくれていました。

シンセサイズの秘儀で抜き取った記憶ピースを精神原型に挿入すれば、それを擬似的な人間ユニットとして扱うことは可能じゃ。

しかし、その知性は極めて限定され、とても武装完全支配術などという高度なコマンドを行使することはできん。

じゃが、記憶ピースとリンクする武器の情報が重複する場合は別じゃ。
すなわち、整合騎士たちから奪った記憶に刻まれた愛する人間たちをリソースとして剣を作った…

そういうことじゃな、アドミニストレータよ。

つまり、ソードゴーレムは300人もの人々の記憶を利用して作り出したもので、そのまま使ってもやれることが限られてあまり強くならないから、被害者の家族や大切な人を想う気持ちを利用して最強の剣にしたってことですよね。

そして、ダークテリトリーの進行を妨げて向こう側に攻め込むために、この仮想世界の半分の人々を利用して量産すると言ってるわけですよ。

自分が本来なら守るべき人々をただのプログラムとしか思っていないアドミニストレータ…やばすぎる…

ソードゴーレムを動かしている愛する人への想いを「愛は支配・愛は欲望」って言いましたよ!?その実態は、フラクトライトから出力される信号にすぎないって!!

当然ながら、カーディナルは反論して激怒!

これって、前回のキリトと意見が合わなかったシーンと同じで、この仮想世界の人々はただのプログラムなのか、それとも人権のある人なのかっていう話の続きですね。

さらにアドミニストレータは、ソードゴーレムが人である以上、カーディナルは殺すことができないって言い出して、計算ずくのところがまた憎たらしい…

スポンサーリンク

このあとは、悲しくて切なくて、もう涙腺ゆるいおばさんには酷なシーンでしたよ。

カーディナルは、自分には実態が人間であるソードゴーレムを攻撃できないからと、キリトたちを助けるのを条件に自分の命を差し出したから。

この時のアドミニストレータの残酷なことと言ったら…
「いたぶる」って言葉がぴったりなのでは?

そして、さらに悲しいシーンに突入します。

ただただカーディナルがやられるのを見ているしかないキリトたち3人。
キリトとアリスは、泣きながらカーディナルの死が犬死にならないように、先のことを約束するしかできません。

しかしユージオは、自分に唯一できることに気付いて、残ったカーディナルの力で、自分をソードゴーレムのように剣にしてほしいと頼むんですよ。それが自分の使命だと…

このまま放っておいたら、人界の半分の人達はソードゴーレムにされちゃうわけで、それを防ぐための最後の可能性なのだと言って、自分を犠牲にするユージオ。

そのあと、ソードゴーレムを倒すことには成功したけれど、アドミニストレータから致命傷を受けてしまいます。

あ~~~~~
好きな人が二人も死んじゃう~~~(泣)

ずっとこのシーンが来るのだとわかってはいたんですけど、めっちゃ悲しかったですね。アニメがまたすごく良い出来だったので、おばさん泣かされました。

映像がね・・・
やっとユージオが会いたかったアリスと再会って感じなんですよね。

キリトは、呆然としてしまって、一時動けなくなっていましたが、今までそんな表情見たことないって想うぐらい憔悴しきった顔。

悲しい…(泣)

アリスが危ないって状況になった時に、アスナのことを思い出して、過去に経験した後悔はもうしたくないと正気に戻ったので、良かったけど…

このキリトが立ち直るシーンも泣かせてくれました。

カーディナルからのキリトの背中を押してくれる言葉。
愛する誰かを守るために命をかけて想いをキリトにつなげてくれた仲間たち。そしてキリトもまた、愛する誰かを守るために、その想いを引き継いで戦うんですね。

次回は、アドミニストレータとキリトの戦いになるわけだけど、今回号泣したぶん、スカッとした気分にさせてほしいな~~。

SAOアリシゼーション(アニメ) 23話感想ネタバレ まとめ

イラッとしたのは、アドミニストレータが全然3人を無傷で返してくれなかったことですね。

カーディナルと約束したのは何だったの?って話なんだけど、結局はカーディナルが死ぬ前に新たなことをやってきたから約束は無効ってことなんでしょうかね。

次回「ぼくの英雄」

アドミニストレータがギャフンとなるところを早く観たい!!

あらすじ・感想の各話一覧
ソードアート・オンライン(SAO3期)アリシゼーション感想ネタバレまとめ

↓次の第24話の感想はこちら

動画・見逃し配信情報

投稿・更新日時点での情報です。
配信有無・見放題・レンタルなどの最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

以上、「SAOアリシゼーション(アニメ)23話の感想ネタバレ!ユージオ死んじゃう!?(泣)」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら