アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

盾の勇者の成り上がり(アニメ)19話の感想ネタバレ!おまえ達はクズだ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

盾の勇者の成り上がり19話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画配信情報をまとめています。

第19話「四聖勇者」

前回18話では、フィトリアとの約束を守るために、他の勇者たちと協力しあおうと思っていた尚文に対して、勘違いした元康が本気で殺すつもりで攻撃してきました。

そして、今回の第19話では、錬と樹も無事だったことがわかり、協力して戦おうとするのですが…

では、ここから「盾の勇者の成り上がり(アニメ)19話の感想ネタバレ!おまえ達はクズだ!」についてまとめます。

スポンサーリンク

盾の勇者の成り上がり(アニメ)19話 あらすじ

偽勇者を浄化すると言う教皇は、四聖武器の力を備えた究極の武器を持って「裁き」という強大な魔法で攻撃をしてきます。

元康がいくら攻撃をしても防御され、為す術がありません。

そんな時、現れたのは…
尚文が殺したと元康が思っていた錬と樹でした。

錬と樹が知った真実とは?

動画配信情報

盾の勇者の成り上がり動画配信情報

配信終了する可能性もあります。
最新の配信状況の他、レンタルか見放題なのか等も各サイトにてご確認ください。
動画配信サービスの比較・詳細はこちら

盾の勇者の成り上がり(アニメ)19話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、コミカライズの漫画7巻28話の途中~最後までのお話です。

盾の勇者の成り上がり 7

盾の勇者の成り上がり 7

盾の勇者の成り上がり 7

[著]藍屋球 [原作]アネコユサギ

今回の19話は、コミカライズ漫画とアニメではかなり大きな違いが多々あります。

まず、教皇が伝説の四聖武器の力を備えた模倣品を使って攻撃してくるシーンから…

コミカライズでは、1回振るのに数百人の一月分の魔力が必要と描かれていますが、普通の魔術師数十人分の魔力が必要とか言ってましたけど…少なくない?私の聞き間違い?

そして、メルティがその武器のことを説明するのはアニメも漫画も同じなんだけど、漫画ではただメルティが説明してますって感じなのに対し、アニメでは王族なら知っていることをマインは全然知らないって設定になっています。

そして、教皇もマインのことを蔑むセリフを言ってますね。

さすが第一王位継承権を持つメルティ様
よく学ばれている

陰謀に夢中で王族としての教養を身につけてこなかった者とは違いますな

ふふふ…
アニメの方が、すでにマインの正体がどんどん暴かれて、王女どころか蔑まれるようになってますね。

そのあと、槍の勇者の元康と仲間たちがあれこれ騒いで攻撃をするんだけど、アニメではフィーロは元康をうるさいと言い、メルティは自分の姉・マインに呆れてました。

それも1度じゃなく何度か呆れてますから、それだけ元康たちはどうしようもない行動をしているってことです。
特に、正々堂々勝負しろとか教皇に言っているのが笑える…

でも、アニメの元康もマインもまだマシですよ。
コミカライズ漫画の元康とマインは、下衆の極みというぐらい最低レベルな行動をとっています。

例えば、アニメでは攻撃がきかずに教皇から多少の攻撃を受けたぐらいでは、元康も弱音を吐いてません。ところが漫画では、攻撃するだけして効果がないとわかると、助けてくれ~と尚文にすがっています。

一方でマインは、今までのことはなにかの間違いで私は悪くないと言いながら、他の仲間を置き去りに尚文のところに行こうとし、他の仲間もひとりだけズルいと引き止めて仲間割れ。

この現状では、尚文のそばにいて盾で攻撃を防いでもらわないと死んでしまうから、なんとかすがりたいってことなんだけど…
ぶざまに助けてくれと言う元康も、さんざん陥れておいて尚文にすがろうとするマインたちも、人間の欲深さとか汚さが現れていて、とにかく見苦しいです。

そして違うのは、尚文も同様です。
ハッキリ言えば、アニメの尚文は以前から書いているように優しい…

漫画の方が、もっとドロドロと根に持っていて卑屈です。
だから、ちょっとやそっとでは心を開かないし、それだけこの国に来てから裏切られたりひどい目にあったことを恨んで憎しみを持っています。

だから、元康が助けてくれと言った時もキツイ一言でキッパリ断っていますね。

俺がお前らに力を貸す義理はない
今までお前が俺にしてきたこと
忘れたとは言わせないぞ

お前らもあいつらも
俺にとっては大差ないんだよ
すでに四聖が欠けているとなれば約束を守る必要もない

お前らは勝手に死ね

表情もめちゃくちゃ怒ってましたよ。

ところが、これらのシーンはアニメではありません。
だから、良い意味ではフィトリアとの約束を守ってなんとか一緒に協力しようとしているようにも見えて、強い恨みや憎しみを表には出していないように思えます。

私はやっぱりコミカライズ漫画ぐらい、ドロドロ怒っている尚文の方が好きです。だって、それほどひどい目にあってきて、誰も信じなかった人ですから、それが普通の流れでしょう?

あれだけ勝手な都合で異世界に連れてこられたあげく、冤罪で犯罪者にされるわ、ことごとく冒険の邪魔をされて命も狙われるわしてきたら、いくらフィトリアと約束したからと言っても、冷静な態度で普通ではいられないと思うのだけど。

まぁ、好みの問題ですね。
私は漫画を読んでいるからそっちが好きってだけで、アニメ的に物足りないとか違和感があるとかはありません。普通に面白いです。

スポンサーリンク

そしてこのあと、教皇に向けて防壁を破る攻撃がしかけられ、その攻撃をしたのは錬と樹でした。生きていた!!

そしてここからも大きな違いがあります。

アニメでは、尚文が濡れ衣を着せられていたとハッキリ言っています。

そして、それを聞いた元康まで「濡れ衣とはついてないな~」と言っており、尚文は勝手に誤解して人の話も聞かず疑っていた樹や元康の言い分にあきれてますね。

どう見ても、これまで自分たちが尚文に対して行っってきたことの重さをわかっていない3人の勇者たちは、当たり前のように協力して三勇教と戦おうと言い出すのですが、尚文はつるむつもりはないと拒否。そして、ラフタリア・フィーロ・メルティと4人で準備を始めるわけです。

この状況で独自で動くのは身勝手だ・力を合わせないと勝てないという他の勇者たち。

ここからが気持ちよかった~~~!!
今までのことを色々とぶちまけて文句を言いましたから。

まず尚文は、三勇教をのさばらせたのはおまえ達だと、3人に厳しいことを言います。そして、今までの軽い行動や勇者というプライドだけでゲーム感覚で過ごしていたことなどを責めます。

樹が、だったら尚文は何をしていたんだという質問に、ラフタリアとフィーロが、ふたりのフォロー&尻拭いをしていたと答えたのは特に気持ちよかった!!そうそう、尻拭いばっかりだったもんね!!

勇者たちに尚文が言ったセリフも良かった♪

それぐらい勇者への信頼は絶大で重いんだ
それをもっと自覚すべきだ

おまえ達三人とも勇者とおだてられて好き勝手やり放題
(中略)

教皇の言う通り、こんな勇者じゃ愛想をつかされても当然だ

ここからは、見にくい言い争いですね。
槍・剣・弓の勇者たちは仲間割れかのように、お互いに都合の良いことを言い合ってました。

そして教皇からの攻撃を盾となって防いだ尚文が、最高のセリフを言います。

同じだ…

俺にとっては、お前らもあの教皇も
自分勝手な理由で人を利用し陥れる

正義を振りかざし、迷惑をかえりみず力を振るう
それを悪とも思わない

そして何より…
俺から大事なものを奪おうとする

おまえ達はクズだ

言った!!
そうだそうだ!!

そして、このセリフを言った尚文は、フィトリアとの約束を守るために、この戦いが終わるまでは協力してあげると言います。

これで、やっと全員の心がひとつになって、三勇教と戦おうとし、それに対して教皇が何やらすごい攻撃をしかけてこようとしたところで、今回の内容は終わりでした。

この後半は、これまでの尚文の不満をやっと他の勇者たちがまともに聞いてくれたわけですから、かなり気分がいいシーンでしたね。

ただ、ちょっと気になっていることはあります。

コミカライズ漫画とかなり違うのが、漫画ではこの時点ではまだ濡れ衣が晴れていないのです。

だからアニメのように、協力しよう!と堂々と他の勇者たちが言うのではなく、錬が防御を頼みたいと尚文にお願いをしています。

そして、虫のいい話をしているとは思わないのか?という尚文に対して、錬はこう答えています。

わかっている
こちらだってまだお前を完全に信用しているわけじゃない
だが今はこの場を乗り越えるために
力を合わせて奴を倒そう

まだ錬たちも尚文のことは信用していませんから、眼の前の敵・三勇教と戦うためだけに協力をしあおうと言っているわけです。

とは言え、三勇教がらみもあったり、今までのマインのやっていることはおかしいとは多少わかっているので、半分はわかっているのか?って感じですね。当然ながら元康は、マインが悪女で仕組んだことも、尚文が冤罪だということもまったくわかっていないどころか疑ってもいません。

この大きな違いは、女王が国王とマインを成敗する時にどうなるかによって印象が変わってくるでしょうね。

ただ個人的には、やっぱり女王が真実をズバッと言って尚文の冤罪を晴らし、そんなのは嘘だ!!って元康が騒ぎ、それからマインと王様がギャフンとなってほしかったかも。(漫画ではそうなります)

まとめてドカンと来た方が、スッキリ度が高いので。

アニメだと、どんな風にまとめられるのでしょうかね?
それでもまぁ、尚文の誤解がとけて今まで尻拭いしてあげてきたことを本人たちに言えたというのは気分が良いので、今回のストーリーはスッキリ気分で面白かった~。

盾の勇者の成り上がり(アニメ)19話感想ネタバレ まとめ

刻々と、盾の勇者の冤罪が晴れる日が近いと思っていましたが、まさかここで晴れるとは…

このあとの女王の対応も楽しみになってきますね。

次回「聖邪決戦」
教皇からの攻撃を防ぐことができるのか?
尚文はどんな形でみんなを守るのか?

あらすじ・感想の各話一覧
盾の勇者の成り上がりの登場人物&感想ネタバレまとめ!あらすじ一覧他

↓次の第20話の感想はこちら

以上、「盾の勇者の成り上がり(アニメ)19話の感想ネタバレ!おまえ達はクズだ!」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら