アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

盾の勇者の成り上がり(アニメ)24話の感想ネタバレ!異世界の勇者たち

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

盾の勇者の成り上がり24話のあらすじや感想(ネタバレ注意)・動画見逃し配信情報をまとめています。

第24話「異世界の守護者」

前回23話では、カルミラ島に向かった尚文たちは、ラルクベルクとテリス・アレキサンドライトに再会して仲良くなり、一緒に経験値稼ぎをしながら充実した日々を過ごしていました。

今回は、とうとう始まってしまった厄災の波のお話。ラルクとテリスは実は敵!?

では、ここから「盾の勇者の成り上がり(アニメ)24話の感想(ネタバレ注意)異世界の勇者たち」についてまとめます。

スポンサーリンク

盾の勇者の成り上がり(アニメ)24話 あらすじ

水中神殿に龍刻の砂時計を発見した盾の勇者・尚文は、転送スキルを使ってすぐに王都へ行き、女王に次の厄災の波が2日後に始まることを伝えます。

カルミラ島の海上で敵を迎え撃つことを考え、女王は大艦隊を編成して備えます。

女王自らが指揮を執って万全の準備の中戦いは始まりましたが、相変わらず3人の勇者たちは使い物にならず…

三勇者たちは、ボスと思われる「次元の勇魚」に攻撃をしても、たいしたダメージを与えることができません。ラフタリアの方がよっぽど敵にダメージを与えている状態。

尚文は、ラルクに戦うことを頼み、彼とテリスの協力を得て次元の勇魚を倒すことに成功しました。

しかし、それはまだ本当の敵ではなかった!?

次元の勇魚のドロップアイテムをもらおうと現れた三勇者たちに対し、ラルクは勇者だとは認められない発言をしつつ攻撃をしてきたのです。

ラルクとテリスの正体とは?

動画・見逃し配信情報(無料体験可)

この作品を視聴できるおすすめVOD動画配信サービスはこちら!

盾の勇者の成り上がり(アニメ)24話 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この内容は、コミカライズの漫画10巻38話の途中~11巻41話の出だしまでのお話です。

盾の勇者の成り上がり 10

盾の勇者の成り上がり 10

盾の勇者の成り上がり 10

[著]藍屋球 [原作]アネコユサギ

 

盾の勇者の成り上がり 11

盾の勇者の成り上がり 11

盾の勇者の成り上がり 11

[著]藍屋球 [原作]アネコユサギ

とうとう今回と次回の最終回で終わってしまいますね。

始まった頃は、まさか新章に突入するところまで放送するとは思ってもいませんでした。キリが良いと思うのは、マインや国王がギャフンとして尚文の冤罪が晴れるところだと思ったので。

新章も放送されるんだ!?と思ったのは、、途中からラルクたちや海上での戦いの描写のあるOP映像に変わったから。

そして今回は、ラルクたちが異世界の勇者で敵だったということがわかります。
尚文以外のまともな勇者は初めて見た…(笑)

ストーリーは、かなりコミカライズ漫画とは違っています。

  • 水中神殿に龍刻の砂時計があることを転送スキルで王都へ帰還し、女王に報告している
    →コミカライズ漫画では、島の案内人と他の勇者にまず話している相談している
     
  • 波の対策が間に合った時に、船で錬がおびえた様子でいる
    →コミカライズ漫画では、強がりを言っていた錬が溺れて実はカナヅチだとバレている。水中神殿から帰る時は着ぐるみ着用
     
  • 女王が短時間で兵力を揃えている
    →コミカライズでは、尚文が増援依頼をしているが、水平が少ないため、一般の冒険者から協力者を募集している。ラルクとテリスもその中のひとり。
     
  • メルティが戦いに参加している
    →コミカライズ漫画では、女王はいるがメルティはいない
     
  • メルティが魔物に海に引きずり込まれそうになったのをラルクが助け、船を襲ってきた魔物を一掃する
     
  • →コミカライズ漫画では、メルティはいないし、ラルクは波のボス「次元の勇魚」を倒して強さをアピールしている
     
  • 尚文が「次元の勇魚」を攻撃するようにラルクに頼み、協力して倒している
    →コミカライズ漫画では、オトリをやっている尚文の様子を見ていたラルクが、自ら手伝ってやると言って倒している
     
  • 「次元の勇魚」を倒すために攻撃していたのは、尚文&フィーロ・ラルク・テリス
    →コミカライズ漫画では、ラルクがひとりで簡単に倒している
     
  • メルティが、樹を助けたところで小舟に乗っていたリーシアに尚文のところへ向かうように言い、ラルクたちとの戦いに参加する
    →コミカライズ漫画では、メルティの力がなくても互角に戦えている
     

カットされている内容も多いですね。
特に大きく違うのは、メルティも女王と一緒に来ていて、戦いに参加するところでしょう。

個人的には、錬が実はカナヅチだったというシーンがカットされていたのは悲しい…(泣)

アニメでは、すぐに尚文は転送スキルで女王のところへ行って、サクサクと女王が準備を進めますが、コミカライズではまず勇者同士で情報交換して対応策を練ります。

コミカライズ漫画のこの時の錬は、めっちゃかわいいんですよ(笑)
いつも冷静沈着って顔してすましているのに…

勇者たちで話し合っている時、すでに錬の様子がおかしいんですよね。
砂時計の場所も知らないのに単独行動をすると言い出したり、今回の波からおりるとまで言ったり。

そして、ポロッと尚文が「海が怖いのか?」と聞いた時の反応を見て、他の勇者たちはズルズルと錬を引っ張って海へ行き、彼を突き落とします。

浅瀬だというのに溺れてしまう錬。
立てばいいのに…と言われている時の白目で溺れている錬が笑える…

尚文たちが潜るために来ていたペンギンの潜水服を見て、一定時間水中で息ができる魔法で潜ると言った錬ですが、結局神殿近くで溺れたために、帰りはペンギン潜水服を来て帰ります。

帰りの様子は漫画でもチョロっと1コマ程度なんだけど、すごい!泳げる!とか言いつつ、剣を片手にスイスイ泳いでいる錬がめっちゃ好きでした。

スポンサーリンク

さて、話は戻って…

ラルクはすっごく強い人ですが、アニメの方がコミカライズ漫画より弱いです。
漫画のラルクは、次元の勇魚をさっくり一撃?ってぐらいで倒していますからね。

それに対してアニメでは、フィーロ・テリスの攻撃も含めてみんなで倒しています。

これはちょっと残念でした。
尚文がラルクに頼んだっていうのは別にいいとしても、そこであっさりひとりで倒してほしかったですよ!!

なぜかというと、あとからグラスが登場してきた時に、尚文が本気でまだ戦っていないとラルクに言ったり、前に会った時より強くなったとか言うんだけど、その尚文の強さっていうのがさほど強調されないような気がするからです。

だって、他の勇者たちやラフタリアが攻撃してもあまりダメージを与えられなかったボスを一撃で倒しためっちゃ強いラルク…その彼と互角で戦っていながら、実は本気出してなかった!っていう方が、ずっと尚文の強さを感じません?

ラルクが強いっていうのはわかるんだけど、そこまで強いのか!?ってびっくりするほどでもないから、グラスに言われた時のスカっと感がなくて残念。漫画を読んだ時は、尚文がめっちゃ強くなっていることが証明されて妙に嬉しかったんですけどね。

アニメで良かったと思うのは、ラルクたちがまともな勇者だということがよく分かることでした。
まぁ、勇者って言っても異世界の勇者ですけど。

だから、余計な殺傷をしようとはせず、邪魔をさせないために攻撃はするものの、危ない状況に対してはしっかり助けようともしています。

これはコミカライズ漫画でも同じではありますが、アニメの方がわかりやすくて、ふたりが本当はいい人なのだということが理解できます。

それと、アニメでは正々堂々と戦おうとしているシーンが強調されていますね。
手の内を簡単に明かしていたりします。

男らしいというか、まさに勇者って感じでしょうか。

そして気になるのは、異世界の勇者って何?ってことですが・・
結局、最後はグラスも登場してきますが、この作品には様々な世界があるってことです。

四聖勇者である錬・元康・樹・尚文たちでさえ、言っていることがちぐはぐでしたから、実は尚文たち四聖勇者も別の世界から召喚されていたりします。

尚文たちが別の世界から召喚されてこの世界を守ろうとしているのと同じことを、グラス・ラルク・テリスもしているってことです。

ただ、目的が違うんですよね。
尚文たちは、厄災の波の被害を抑えて人々を守るために戦っているけど、彼らは、他の異世界の勇者たちを退治する必要があるんです。

だから、一般人には手を出さずに、勇者だけを狙っているわけです。
とは言え、ラルクたちからすれば、尚文以外の三勇者は勇者の風上にも置けないと思っているので、狙うのは尚文だけになっています。

戦う相手が違うとは言え、ともに自分たちの世界を守るために戦っているわけで…
この勝負がどうなるのかは、最終回のお楽しみ!!

盾の勇者の成り上がり(アニメ)24話 感想まとめ

漫画と比較するとざっくりカットされて残念ではありましたし、メルティの登場でかなりストーリーも変わっています。

でも、違和感はまったくありませんでした。
水中神殿を発見したところから一気に波になってしまったし、その中での戦いもサクサク進んでいるのでどうかと思ったんですけど、普通に面白かった!!

そしてとうとう最終回になります!
この波の結末はどうなるのか…

そして私としては、ここまで新章に突入してきて2期はないの?という期待もしちゃいます。

次回「盾の勇者の成り上がり」

あらすじ・感想の各話一覧
盾の勇者の成り上がり(アニメ)の動画配信情報~あらすじ・ネタバレ感想まとめ

↓次の第25話の感想はこちら

以上、「盾の勇者の成り上がり(アニメ)24話の感想(ネタバレ注意)異世界の勇者たち」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら