アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻の感想ネタバレ!盾の勇者の冤罪

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

原作は、アネコユサギ先生のライトノベルです。
コミカライズされているので、その漫画第1巻について書いています。

ではここから「盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻の感想ネタバレ!盾の勇者の冤罪」についてまとめます。

スポンサーリンク

盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻 あらすじ

盾の勇者の成り上がり 1

盾の勇者の成り上がり 1

盾の勇者の成り上がり 1

[著]藍屋球 [原作]アネコユサギ

第1話:王道的召喚
第2話:冤罪
第3話:お子様ランチ
第4話:双頭黒犬
盾の勇者の前日譚

20歳のオタク大学生の岩谷尚文は、ある日「四聖武器書」という本を呼んだ途端に異世界に召喚されてしまいます。

飛ばされた異世界はメルロマルクという国。
波という厄災からこの異世界を救う古の四聖のひとりとして召喚されたのでした。

岩谷尚文は、盾の勇者として召喚されましたが、他にも剣の勇者・天木錬、槍の勇者・北村元康、弓の勇者・川澄樹が召喚されていました。

レベル1から武器を育てなければならない状況の中、それぞれの勇者の武器瞳子が近くにあると反発して成長を妨げるため、別行動をとることになります。

そのため、勇者の旅の同行を志願した人たちが、各勇者の元に来るのですが、盾の勇者である尚文のもとには誰ひとり来ません。

その様子を見た王様の人望がないせいだろうという冷たい言葉・・・
他の勇者たちも、負け組の職業だと見下してきます。

そんな中、マイン・スフィアという女性が盾の勇者と同行してもいいと言い出します。

尚文は、同行者が少ない分援助金を多く銀貨800枚もらって旅立つことになりました。この銀貨をもとにしっかり装備を用意してスタートダッシュしようと思ったものの、盾以外の武器は装備できないことがわかります。

しかたなく、マインのお願いを聞いて彼女の装備を用意して、自分はくさりかたびらだけ用意しました。

尚文は、全然戦えない盾の勇者である自分についてきてくれたマインに感謝するのですが、それが大きな間違いであったことをすぐに気づくことに・・・

ある朝突然、尚文は強姦罪の容疑で連行されてしまうのです。
お金もくさりかたびらもすべて盗まれてしまったのですが、それはすべてマインの裏切り行為で、彼女は最初から尚文をカモにしていたのでした。

誰も信じれくれない・・・
王様も他の勇者も、みんな罪人扱いしてくるし、それを見たマインの態度は・・・

冒険を始めてたったの3日で人に裏切られてしまった尚文は、人間不信に陥り、誰も信じなくなってしまいます。

盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この作品は、結構前から知ってはいたのですが、裏切られて人間不信っていうのが気になってコミカライズコミックも読まなかったんですよね。

ところが、アニメ化されるということで読んでみたら・・・
めちゃくちゃ面白いではないですか!!

尚文が異世界に召喚されて、一緒に召喚された他の勇者たちは、まず盾の勇者だということでバカにしています。

まぁ、気持ちはわかりますよね。
盾は防具で攻撃できないわけだから。

でも、ここまでバカにする?ってぐらい、ひどい言い方ですよ!
もしも自分が盾の勇者だったら、どうしたんだろう・・・

それに、王様がなんだか器がちっちゃいのも気になる所・・・でも、これは後々理由がわかってきます。

そしてなんといっても、マインが最低最悪の女だわ!!
カモにして盗みをするまでは、裏切られたって前情報からまぁコイツだなってわかっていたからまだいいんだけど・・・強姦罪きせるのってひどすぎない!?

しかも盗んだものを槍の勇者にプレゼントして着せてるとか。
あざとい・・・カモに自分の装備を買わせた上にのこったお金も盗み、好きな男に貢ぐとか・・・あざとすぎる・・・

おいおい、槍の勇者もおかしいとは思わんのかい?って感じですよ。読み進めていくと、あ~この男はズレてるからわからんなって思うんだけど、まだこの時点では尚文と同じ大学生で、もっとマシな男だと思ってましたから、もう少し違う反応できないのかって言いたいです。

スポンサーリンク

出だしからどん底まで落とされてしまった盾の勇者こと尚文は、最初はかなり苦労するんですよ。

攻撃力が足りないから魔物を倒せない→倒せないから経験値が上がらない→経験値が上がらないから攻撃力も上がらないという悪のループ。しかも元でのお金もないときた・・・

でも、そんな彼に救いの手が伸びます。
それが奴隷商。

奴隷商からすれば、自分から攻撃できない盾の勇者は、いい商売相手なわけですね。

そこで出会ったのがラフタリア。
最初は、軽い気持ちで選んだんですよね。仲間にするならマインと同じ女は絶対嫌だって思っていたのに、あの女を奴隷にすると思えば・・・って気持ちで彼女を選んでいます。

奴隷商が言うには、パニックと病を患っているからあまり先も長くないと言ってましたが、それでもいいと思ってたんですよ。

ところが、少しずつ彼自身も変わっていきますし、ここからジリジリと努力をしながら這い上がってきます。

ラフタリアに優しいことをするのは、結局冷酷人間になったと言えど、根っこは真面目で優しい人だから。コンコン咳をして苦しそうにしていたり、パニック起こして泣いているラフタリアを見てみぬふりはできません。

そして、お子様ランチが食べたそうだと思えば注文してあげるし、ボール遊びをしている子どもをじっと見ているのに気づけばボールを買ってあげます。

お金に余裕がないというのに、色々なものも食べさせていますよね。
彼の優しさを知ったラフタリアもまた、尚文のことを信頼していきます。

盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻 感想ネタバレまとめ

この巻は、盾の勇者として召喚されてしまった尚文が、マインにハメられたあげく犯罪者として周りから排除されたところから、ラフタリアという仲間を得て、お互いに信頼関係を築き上げるところまでが描かれています。

次回からは、波の災害についても詳しくわかってきそうですね。

あらすじ・感想の各巻一覧
盾の勇者の成り上がりの登場人物&感想ネタバレまとめ!あらすじ一覧他

↓次の第2巻の感想はこちら

以上、「盾の勇者の成り上がり(漫画)1巻の感想ネタバレ!盾の勇者の冤罪」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら