アニメ・ドラマ・漫画のあらすじ・感想などをご紹介中!ネタバレ注意♪

進撃の巨人(漫画)14巻のあらすじ感想ネタバレ!切り裂きケニー登場

 
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら

進撃の巨人(漫画)第14巻のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

まずは、前回の第13巻の復習から。

ウォール・ローゼは壁に穴もなく安全だと確認され、突然現れた巨人は人間だったことが判明。

調査兵団は、巨人の謎に詳しい組織を追求して壁を奪還するために、エレンとヒストリアが重要人物だと考えます。

その結果、ふたりは新しいリヴァイ班に・・・
残りの104期兵も加わり、エレンを狙ってくる中央第一憲兵団の裏をかくように行動するのです。

そして、リヴァイ兵長は中央第一憲兵団に命令されてエレンたちを誘拐しようとした中央第一憲兵団に交渉を持ちかけます。

では、ここから「進撃の巨人(漫画)14巻のあらすじ感想ネタバレ!切り裂きケニー登場」についてまとめます。

スポンサーリンク

進撃の巨人(漫画) 14巻 あらすじ

第55話:痛み
第56話:役者
第57話:切り裂きケニー
第58話:銃声

中央第一憲兵団によってニック司祭が殺された目的は、エレンとヒストリアの居場所を突き止めるためでした。

人類のために重要なふたりを王政にまかせて良いのか・・・

エルヴィンは、ピクシス司令と交渉するために現状の報告をしながら言うのです。

王政にエレンを託してはならないと。
王政の役人が守りたいものは人類ではなく、自分たちの家と地位・権利だけだと。

そして、王政打倒を決意するのです。

しかし、そんな調査兵団を邪魔する強敵が!
「切り裂きケニー」と恐れられたケニー・アッカーマンが現れます。

進撃の巨人(漫画) 14巻 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

13巻でエルヴィン団長は、人間が巨人になるという話を聞いた時に、何やら嬉しそうな顔をしていました。それは、父親の事件があったからだとこの巻でわかります。

エルヴィン団長の父親の仮説

当時巨人の詳しいことがわからなかった時代には、嘘みたいな話で信じられなかった父親が言った仮説は、記憶の改ざんでした。

壁に入ってきた世代が、誰一人歴史を語り継ぐことなく外の世界の情報を残さないというのは、不可能な話。それが全く残っていないということは、王が統治しやすいように記憶の改ざんをされたのでは?という仮説です。

確かに!!
「人の口には戸は立てられない」なんて言葉がありますからね。

この仮説をうっかり友だちにエルヴィンが話してしまったことがきっかけで父親は不可解な事故で死んでしまい、それ以来ずっと証明することが彼の目標となっていったわけです。

だから、次々とわかっていく事実が父の仮説を裏付けるようで嬉しそうな顔をしたんでしょうね。

調査兵団の団長という立場だからというのもあるでしょうが、彼は一か八かの賭けに出ることも多かったので、妙に納得しました。彼は父の仮説が正しかったことを証明するためなら、どんなことでも貪欲に手を伸ばしたかったのだと思ったので。

スポンサーリンク

本物の王家について

そして、この巻でもう一つわかった重要な事実が、王家の話。

現在のフリッツ王家は、本物の王家の代理だったこと。
そして、レイス家が本当の王家だったこと!

ヒストリアの実父であるロッド・レイスが、実は壁の中の最高指導者だということです。

まさかあのフリッツ王が偽物だったとは思わなかった・・・

そして、まだ衝撃の事実があったんですよ。
巨人は、食った相手の巨人化の能力を手に入れることができるということ。

エレンが、ユミルとライナー・ベルトルトたちの会話を思い出して、それをメモした紙を渡されたハンジが気付きました。
そしてハンジは、レイスがエレンを食べるつもりだと思います。

このままではエレンが食われて大変なことになる!

そんな危機的な状態の中、中央第一憲兵団の対人制圧部隊の隊長ケニー・アッカーマンが登場し、リーブス商会の会長を殺してエレンとヒストリアを連れ去ってしまいます。

さらに、リーブス商会の会長を殺したのは調査兵団だと罠をしかけられ、リヴァイ班はケニーたちに襲われます。

ケニーたちは、残存する調査兵団を皆殺しにするつもりだからです。
エレンたちが捕まっているから、早く助けにいってほしいと思うけど、簡単に勝てそうな相手でもないのでハラハラしまくりです。

進撃の巨人(漫画) 14巻 感想ネタバレまとめ

重大な新事実が複数発覚した巻でしたね。

  • エルヴィンの父の仮説は、記憶の改ざん
  • レイス家が本物の王家で、ロッド・レイスが最高指導者であった
  • 巨人を食うと相手の巨人化能力を手に入れることができる

ケニーの存在も今後は何やら色々ありそうです。
リヴァイ兵長との関係も気になるし、ミカサも同じアッカーマンだというのも気になりますね。

あらすじ・感想の各話一覧
進撃の巨人3期あらすじ感想ネタバレ総集編!各話・各巻一覧他

↓次回第15巻の感想はこちら

以上、「進撃の巨人(漫画)14巻のあらすじ感想ネタバレ!切り裂きケニー登場」でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目はただの太っちょおばさん。だけど心は少女の50代オタク主婦です。アニメと漫画とゲームと猫が大好き!
詳しいプロフィールはこちら